エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


less、moreはページャー、ファイルの中身を表示するLinuxのコマンド

      2020/06/05

ページャーコマンド less、more

 

less、moreは画面単位で表示をするコマンド

 
Linuxでコマンドを実行した際、実行結果が 1画面に収まらず、画面がスクロールして最初の方の出力を見ることができなかった、と言うことがあろうかと思います。
 
そんなときに利用するのが、ページャーと呼ばれる「more」と「less」コマンドです。
 
 

more、lessコマンドの基本的な使い方

 
「more」と「less」コマンドの使い方の一例としては、下記のように「|(バーティカルバー、パイプ)」でつないで利用します。
 

 
 
moreコマンドの画面表示の一例。
 
less、moreはページャー、ファイルの中身を表示するLinuxのコマンド
 
lessコマンドの画面表示の一例。
 
less、moreはページャー、ファイルの中身を表示するLinuxのコマンド
 
 
「cat」コマンドで表示しようとしたファイルを 1ページごとに区切って表示し、「Enter」「Space」キーを押すことで次の行、次の画面を表示させる仕組みになっています。
 
「more」と「less」は同じ様にページを区切って表示させるためのコマンドですが、違いは「more」より「less」の方が高機能である、という点です。
 
と言うわけで、実務上は「less」の方だけ知っていれば問題ありません。
 
※「cat」コマンドは、ファイルの中身を画面に表示するときに使用します。
catコマンドに関する記事は下記にも書いていますので参考にしてください。
Linuxでファイルの内容を表示するcatコマンドの解説。more、lessで代替も
 
 
ちなみに、下記の記事で書いていますが、コマンドのオンラインマニュアルを表示するコマンドである「man」は、デフォルトで「less」をページャーとして使用しています。
makewhatis、mandbコマンドでLinuxのオンラインマニュアル索引情報を更新
 
 

moreコマンドの画面操作コマンド

 
ページャーの「more」を使って画面を表示したときは、下記のコマンドを使って表示画面の操作を行います。
 

コマンド 説明
b 1画面分上に移動する
f 1画面分下に移動する
h ヘルプを表示する
q コマンドを終了する
z 1画面分下に移動する
? ヘルプを表示する
Q コマンドを終了する
:f ファイル名と現在の行数を表示する
:n 複数ファイルを読み込んでいる場合、次のファイルに移動する
:p 複数ファイルを読み込んでいる場合、前のファイルに移動する
Space 1画面分下に移動する
Enter 1行分下に移動する
Ctrl+b 1画面分上に移動する
Ctrl+f 1画面分下に移動する
Ctrl+j 1行分下に移動する

 
上記は主なものです。
ここに記載したもの以外にもコマンドはあります。
 
 

lessコマンドの画面操作コマンド

 
ページャーの「less」を使って画面を表示したときは、下記のコマンドを使って表示画面の操作を行います。
 

コマンド 説明
d 半画面分下に移動する
f 1画面分下に移動する
g ファイルの最初に移動する
h ヘルプを表示する
j 1行分下に移動する
k 1画面分上に移動する
u 半画面分下に移動する
q コマンドを終了する
G ファイルの最後に移動する
Q コマンドを終了する
= ファイル名と現在の行数を表示する
Space 1画面分下に移動する
Enter 1行分下に移動する
Ctrl+d 半画面分下に移動する
Ctrl+f 1画面分下に移動する
Ctrl+g ファイル名と現在の行数を表示する
Ctrl+n 1行分下に移動する
Ctrl+p 1画面分上に移動する
Ctrl+u 半画面分上に移動する
Esc → < ファイルの最初に移動する
Esc → > ファイルの最後に移動する
:f ファイル名と現在の行数を表示する
:q コマンドを終了する
:Q コマンドを終了する

 
その他にも使用できるコマンドはありますが、操作コマンドを見比べてみても「more」より「less」の方が多く、細かな操作ができることが分かります。
 
また、同じ動作をするコマンドもありますので、実運用上は、Space、Enterに加え、前の画面に戻るコマンド、終了するコマンドくらいを覚えておけば足りるでしょう。
 
 

more、lessはファイルの中身を表示するコマンド

 
この記事はもともと、「オンラインマニュアルを表示する『man』コマンドはデフォルトでページャーとして『less』を使っています」と言う下記の記事の関連記事として書き始めました。
makewhatis、mandbコマンドでLinuxのオンラインマニュアル索引情報を更新
 
そのため、他のコマンドの実行結果をページ単位で表示するページャーとして more、lessを紹介していますが、コマンド本来の機能としては、ファイルの内容を表示するコマンドなのです。
 
と言うわけで、最初に例示した「cat」コマンドの結果を「more」「less」を利用して表示すると言うサンプルコマンドですが、実は「cat」を使わず下記の様にダイレクトに「more」「less」で表示することも可能なのです。
 
 

 
表示される結果は、先に掲載している画像と同じ様な表示になります。
 
 

moreコマンドのオプション

 

オプション 説明
+数値 指定した数値の行から表示する
+/文字列 指定した文字列を検索し、ヒットした行の 2行上から表示する
-s 連続した空行を 1行にする
-l 改ページを無視する
-u 下線処理を行わない
-数値 画面の表示行数を指定する
-f 画面表示での行数ではなく、データの行数を表示する
-d 無効なキーが入力された場合にビープ音の代わりにヘルプを表示する

 
 

lessコマンドのオプション

 

オプション 説明
-x 数値 タブを指定した数値のスペースに変換して表示する
-s 連続した空行を 1行にする
-S 長い行を折り返さずに表示する
-i 検索の際、大文字と小文字を区別せずに検索する(検索条件がすべて小文字の場合)
-I 検索の際、大文字と小文字を区別せずに検索する
-n 各行の先頭に行番号を表示しない
-N 各行の先頭に行番号を表示する
-q 警告音をあまり鳴らさない
-Q 警告音を鳴らさない
-F 表示内容が 1画面に収まる場合は表示後にコマンドを終了する(catと同一の挙動になる)

 
 
また、catコマンドに関する記事は下記にも書いていますので参考にしてください。
Linuxでファイルの内容を表示するcatコマンドの解説。more、lessで代替も

 - Linuxコマンド

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Linuxのコマンドの情報を調べるwhich、whereis、whatis、apropos、man
Linuxのコマンドの情報を調べるwhich、whereis、whatis、apropos、man

Linuxのコマンドの実行ファイルやマニュアルの情報を確認するコマンドwhich、whereis、whatis、apropos、manの機能と使い方、似たところと違うところの紹介。

Linuxのnlは行番号を付与してファイルの内容を表示するコマンド
Linuxのnlは行番号を付与してファイルの内容を表示するコマンド

Linuxでファイルを表示する際に行番号を付与するにはcatコマンドにnオプションを使うことでも可能。しかし、行番号を付与する専門のnlコマンドがある。ここではその使い方を詳細に解説。

UNIX・Linuxの sedコマンドで特定の文字列を置換する方法

UNIX・Linuxのコマンドで特定の文字列を置換する sedコマンドの使い方と、perlコマンドを使っての方法を解説しています。

Linuxのbashのコマンドの履歴をhistoryで確認し!、↓、↑で実行する
Linuxのbashのコマンドの履歴をhistoryで確認し!、↓、↑で実行する

Linuxで実行したコマンドの履歴を確認するコマンド「history」。「history」の使い方、設定の変更、設定ファイルの設置場所について解説。「!番号」「!文字列」「!?文字列」など。

cat、less、head、tail、split、sedなどLinuxでファイルを操作するコマンド
cat、less、head、tail、split、sedなどLinuxでファイル、文字列を操作するコマンド

Linuxでファイル、テキストを操作するコマンドのまとめ。cat、less、head、tail、split、tr、sedなど、ファイルを表示、置換、連結、分割などの各コマンドの使い方の紹介と詳細ページの紹介。

Linuxで使用される主な環境変数・PATH、HOME、PS1・printenv、set、declare
Linuxで使用される主な環境変数・PATH、HOME、PS1・printenv、set、declare

Linuxに設定されている主な環境変数の解説。PWD、HOSTNAME、USER、LANG、HOME、LOGNAME、PS1、PS2、HISTSIZE、HISTFILE、HISTFILESIZE、TERMなどがある。

Linux findコマンドを使ってn日前のファイルを削除する 3つの記述方法
Linux findコマンドを使ってn日前のファイルを削除する 3つの記述方法

作成からn日経ったファイルを削除したい、そんなときにはfindコマンドを使う。コマンドの記述の方法は3種類あり、それぞれを解説。書き易さもあるがスピードに大きく差がある記述方法もある。

Linuxのbashで変数に値を追加する方法を多数紹介。+=や""を使う方法など
Linuxのbashで変数に値を追加する方法を多数紹介。+=や””を使う方法など

Linuxのbashで変数に値を代入する方法を解説。bashの変数の処理は柔軟で様々な方法を採れる。デリミタなしで値を追加する方法などを解説。

Linuxのファイル表示・結合catの逆処理のtac、revコマンドの解説
Linuxのファイル表示・結合catの逆処理のtac、revコマンドの解説

Linuxにtac、revというコマンドがある。catの逆の処理なのだが、tacは最終行から逆に表示し、revは行末の文字から逆に表示をすることを解説しつつその使い方について詳しく解説をする。

Linuxの wcコマンドでファイルの行数、単語数、バイト数、文字数をカウントする
Linuxの wcコマンドでファイルの行数、単語数、バイト数、文字数をカウントする

Linuxの行数、単語数、文字数、バイト数をカウントする「wc」コマンドの使い方の解説。find、lsと組み合わせてファイル数のカウント方法などを解説。