エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Google Swiffyの使い方 【2】日本語の文字化けについて

      2014/06/26

Google Swiffyは日本語に対応していない

 
しかし、それだけでは終わらない Flashも多数あるかと思います。というか、それだけではないものの方がはるかに多いと思います。
 
そして、現時点での一番の問題点と思われることは、Swiffyは日本語に対応しておらず、Flash内で日本語を使っていると様々な問題を引き起こすことです。
 
文字化けに関しては、下記のサイトで検証をされている方がいらっしゃいます。
 「swiffyで日本語フォントが文字化け」
 http://nex.xrea.jp/?s=1253
 「Swiffy日本語対応まとめ」
 http://nex.xrea.jp/?s=1260
 
ですが、根本的な問題は、先にも書きましたが Swiffyは日本語をサポートしていませんので、日本語は使えないと考える必要があるということのようです。
 
また、単純に 2バイト文字が文字化けすると言うだけではなく、表示されるテキスト以外の使用していないレイヤーなどにも 2バイト文字があることで変換後の Swiffyが表示されないと言った不具合の原因にもなります。
(ほとんどないとは思いますが、Flash内で利用しているファイル名に 2バイト文字が使用されていると致命的な不具合になることがあります。)
 
また、2バイト文字がある場合に生成される Swiffyファイルの文字コードは「UTF-8」で生成されますが、Flashを組み込んで使う HTML側のファイルと文字コードが違う場合も再生されない原因になります。
そのため、Swiffyで変換したスクリプトのファイルを HTMLファイルと同じ文字コードに変換する必要がありますが、変換しても再生されない場合もありますので、根本的な対応としては 2バイト文字を使わない対応をする必要があるでしょう。
 
 

Swiffyでの日本語は表示の際にテキスト情報を渡す

 
2バイト文字を使わない方法として、単純に固定の文字列として表示に使っているのであれば、テキストを画像に置き換えてしまう、という方法が手っ取り早い方法なのですが、動的に変更される場合など、理由があってテキストとして編集している場合などはその方法は使えません。
 
動的に変更したい場合の 2バイト文字としては、あらかじめ Flashの中に文字列を組み込むのではなく、Swiffyで変換したあと、再生の際に文字列を渡すという方法を取ることで解決できます。
 
 
Swiffyで生成された HTML5のファイルの中身がどのようになっていて、それに対してどのように対応することで何が出来るのか、それを実験された方のサイトが下記にあります。
 
【1.使い方~単純なアニメ変換】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/07/22/google-swiffy-1/
 
【2.フレームアクション】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/07/29/google-swiffy-2/
 
【3.ボタンアクション】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/08/06/google-swiffy-3/
 
【4.FlashVars的データ渡し】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/08/24/google-swiffy-4/
 
【5.画面フィット・ステージサイズ】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/09/05/google-swiffy-5/
 
【6.時間取得関数】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/12/31/google-swiffy-6/
 
【7.テキストフィールド内の改行の注意点】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/01/google-swiffy-7/
 
【8.簡易クラス構造のテスト】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/06/google-swiffy-8/
 
【9.画像の構造と差替え実験】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/10/google-swiffy-9/
 
 
 
【Google Swiffy 使い方目次】
Google Swiffyの使い方 【1】基本編
Google Swiffyの使い方 【2】日本語の文字化けについて
Google Swiffyの使い方 【3】Swiffyに FlashVars的にテキストを渡す方法(Swiffyでは扱えない文字「%」「+」「&」)
Google Swiffyの使い方 【4】Swiffyに FlashVars的テキスト渡しで発生する不具合(テキストの背景が黒くなる)(テキストが上にずれる)
Google Swiffyの使い方 【5】Swiffyの画像を差し替える方法
Google Swiffyの使い方 【6】Swiffyの Flashムービー・Flashベクターを差し替える方法
Google Swiffyの使い方 【7】Swiffyの バージョンの調べ方

 - Google Swiffy・Google関連

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Google Swiffyの使い方 【1】基本編

Google Swiffyの使い方 【1】基本編。Google Swiffyの使い方を説明するシリーズの 1本目として、基本的な使い方、仕組みを説明します。

ブログを何時に更新?投稿時間でアクセス数をアップさせる方法

ブログの更新時間を調整してアクセス数をアップさせる方法の解説です。自分のサイトのアクセス状況を知ることも大切でそれによってわかることも解説しています。

Google reCAPTCHAのSite key、Secret keyの取得方法・20170408バージョン
Google reCAPTCHAのSite key、Secret keyの取得方法・20170408バージョン

ログイン画面や登録画面に出てくるreCAPTCHAの「私はロボットではありません」の実装には利用するサイトの登録が必要。その登録方法を詳細解説。設定ミスによる不具合の分類、解決方法を解説。

Google Analytics 時間帯別アクセス数を確認する方法

時間帯別アクセス数をカスタムレポートを使って集計する方法解説。1ヵ月分のレポートを時間帯ごとに集計してグラフ化する方法はデフォルトでは用意されていない。

Google Swiffyの使い方 【3】Swiffyに FlashVars的にテキストを渡す方法(Swiffyでは扱えない文字「%」「+」「&」)

Google Swiffyの使い方 【3】Swiffyに FlashVars的にテキストを渡す方法(Swiffyでは扱えない文字「%」「+」「&」)

Googleマップの企業名検索で出る人気キーワードを変更する方法を探る

企業名検索をして表示されるキーワードは気になるところですが、この項目を変更することができるのか?調べて見ましたが編集できないようです。

ads.txtの設置方法解説。AdSenseの警告への対処と設置の確認方法
ads.txtの設置方法解説。AdSenseの警告への対処と設置の確認方法

ある日突然Googleがads.txtを設置せよと警告を発した。AdSenseの画面に真っ赤な警告が表れて戸惑ったが、ads.txtは簡単な1行のテキストファイルを設置するだけなので、作業をする気になれば簡単だ。

GoogleのSNS・Google+とFacebookの違いと設定方法解説

GoogleのSNSであるGoogle+の特徴(Facebook、Mixiとの違い)を解説し、アカウントの設定方法の説明。

Google Swiffyの使い方 【5】Swiffyの画像を差し替える方法

Google Swiffyの使い方 【5】Swiffyの画像を差し替える方法を解説。

Google Swiffyの使い方 【6】Swiffyの Flashムービー・Flashベクターを差し替える方法

Google Swiffyの使い方 【6】Swiffyの Flashムービー・Flashベクターを差し替える方法を解説。