エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Meta ManagerでWordPressのキーワード、ディスクリプションを編集

      2017/03/12

Meta Managerを使って keywords、descriptionをページごと編集

 

Meta Managerとは?

 
WordPressには「meta keywords」「meta description」を管理する機能がありませんので、「meta keywords」「meta description」を管理するプラグインが必要です。
そのためのプラグインが「Meta Manager」です。
 
SEO対策のための keywords、descriptionの管理というと「All in One SEO Pack」というプラグインが非常に有名ですが、高機能すぎて使わない機能も多いため、私はシンプルで必要最小限の機能を提供してくれる「Meta Manager」をおススメします。
 
実際にこのサイトでも「Meta Manager」を使っています。
 
 
また、WordPressにはページごとの keywords、descriptionの編集機能はありませんが、利用するテーマによっては、投稿のタイトルを利用して自動的に編集するものなどもありますので、テーマの解説ページなどで確認しておくのもいいでしょう。
 
 
「meta keywords」「meta description」については「WordPressユーザ向けタイトル、キーワード、ディスクリプション編集解説」にまとめましたので、ご覧下さい。
 
また、文字数カウントに関しては、「SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール」に記事とツールの紹介をしています。
 
 


 

Meta Managerのインストール方法

 
プラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

Meta Managerの設定方法

 
Meta Managerをインストールすると、「設定」-「Meta Manager」から Meta Managerの設定画面に遷移できます。
 
20140820_wp_1
 
ここでは特に設定を行いませんが、解説をしておきます。
 
共通キーワード
全ページに共通して設定するキーワードの設定です。各ページごとに設定したキーワードがある場合は、そのキーワードに加えて編集されます。
Google(Yahooも)はキーワードは見ていません、と言っていますのでそもそも設定する必要はありませんが、編集するにしても全ページで共通して設定するキーワードは意味がありませんので、記述してはいけません。
 
共通ディスクリプション
ページ毎のディスクリプションが設定されていない場合に編集するディスクリプションです。
ですが、Googleは同じディスクリプションが編集されているページはすべて同じページと見なす(検索結果にはそのうちの 1ページしか表示しない)と警告していますので、同じディスクリプションを編集する設定であるこの項目に何かを入力することは Googleに対して「検索対象にしなくていい」と言っているようなものですので、ここに何かを編集することは止めましょう。
同じディスクリプションが編集されるより、何も編集されていない方がベターです。
 
記事のキーワードに含める分類
先にも説明しましたが、Googleはキーワードを使っていませんので、チェックを入れても入れなくてもどちらでも構いません。
ただ、キーワードの量が増えすぎる可能性がありますので、チェックを入れない方がいいでしょう。
 
記事のメタディスクリプション
「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」のチェックは外しておきましょう。
「抜粋」の項目を使ってディスクリプションとすることは悪いことではないですが、テーマによっては「抜粋」を他の事(一覧ページの記事の説明文)に使っている場合があり、利用できる文字数の制限に違いがある場合がありますので、「抜粋」は抜粋として、「ディスクリプション」はディスクリプションとして設定する方がいいでしょう。
 
タクソノミーのメタキーワード
タクソノミーはブログサイトを構築する際には使わないものですので、必要になってから思い出せばいいでしょう。
 
 

投稿編集画面でキーワード、ディスクリプションを入力

 
「投稿」-「新規追加」、もしくは、「投稿一覧」から編集する投稿を選び、投稿編集画面に遷移します。
 
20140820_wp_2
 
「Meta Manager」をインストールしてある状態で、「表示オプション」をクリックすると「メタ情報」のチェックボックスが追加されていますので、それにチェックを入れます。
 
そうすると、本文入力エリアの下に「メタ情報」の「メタキーワード」「メタディスクリプション」の入力エリアが追加されますので確認をしてください。
 
ここに投稿記事ごとに、それぞれの投稿に合うキーワードとディスクリプションを編集していきます。
 
キーワードとディスクリプションを編集したら、公開側のページに移動し、HTMLソースを表示させてキーワードとディスクリプションが編集されていることを確認してください。
 
 
投稿に関する詳細な説明は「WordPressの投稿データ(記事データ)の管理方法」にも記事を書いていますので、併せて参考にしてください。
 
 

descriptionについての与太話

 
ディスクリプションの綴りは、discriptionではなく descriptionですよ!
 
ご存知ででしたか?
 
私は発音通り「discription」と書いていたのですが、ディスクリプションについて改めて調べるためにググってみたら、「次の検索結果を表示しています: description」と出るではないですか!
 
この時初めてつづりが間違っていることに気が付きました...
いやー、良かった。記事を公開する前に気が付いて。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Search RegexでWordPress投稿の文字列を検索・置換する使い方解説

WordPressの投稿テキストを検索、置換するプラグイン Search Regexの使い方の詳細解説です。

WordPressで WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」と表示されてページが表示されなくなった

WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」のエラーでページが表示されない。その解決法の解説です。

WordPressで使うおススメ FTP、テキストエディタ、圧縮解凍ソフト

WordPressサイトを構築、運用するために必要となるFTPソフト、テキストエディタ、圧縮解凍ソフトのオススメソフトを紹介。

WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も
WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

指定したカテゴリのみnoindexをプラグインなしで設定する関数を解説。指定したカテゴリの中でも指定した記事はnoindex設定しないオプションを装備。その処理とnoindexを設定すべき理由を解説。

WordPressのバージョンアップをしたら「the_content」でコンテンツが表示されなくなった

「the_content」でコンテンツが表示されないのは仕様が変更されたためでプログラムの修正が必要です。

Rating-Widgetは超簡単設定のWordPress口コミサイト構築プラグイン

口コミの評価点を投稿する機能に特化したプラグインで、多様なイメージの投稿方法や一覧ページ、コメントなどにも投稿機能を追加することができます。

BackWPupでバックアップ・リストア(復元)の具体的手順

BackWPupその9。バックアップファイルからのリストア(復元)の手順です。

WordPressは危険?最新バージョンにアップデートして利用しよう

WordPress最新バージョン使ってますか?WordPressのバージョンアップをしないリスクを説明し、バージョンアップの手順、バックアップの重要性を解説しています。

Throws SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

コメントスパム対策の決定版ともいうべきプラグイン。簡単な設定で自動的にスパムコメントを削除してくれるので煩わしい作業はゼロに。細かな設定も可能。

WordPress プラグインのアップデート失敗でデータが消える事態が!

プラグインのアップデート失敗でデータが消失。不具合が起こる原因はあちこちにありますので常に慎重にバックアップをしましょう。