エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Unveil Lazy LoadでWordPressを高速化!SEO効果絶大でPVもアップ!

      2017/03/12

WordPressのページ表示を高速化する方法・Unveil Lazy Load

 

Unveil Lazy Loadとは?

 
Unveil Lazy Loadは、画像を読み込むタイミングを遅らせることでページ表示の体感スピードを高速化するプラグインです。
 
 
WordPressに限らず、Webサイトは HTMLファイルと画像ファイルの組み合わせで作られていますが、画像ファイルはテキストファイルに比べるとファイルの容量が大きいものになりがちです。
そのため、画像を画面に表示させる必要があるまで画像ファイルを読み込まないようにすることでページ表示の体感スピードを向上させようという仕組みのプラグインです。
 
20150320_wp_01
 
上記の説明画像でイメージは伝わると思いますが、最初に画像を読み込む際には最初に表示される画面の画像の部分だけが読み込まれるために、ページ表示までが速いのです。
それ以降の部分については、画面が表示されるタイミングで随時サーバから読み込まれて表示されていきます。
 
 
WordPressでは「Lazy Load」というプラグインが有名でしたが、最後のリリースから数年が経っていることもあり、最近は「BJ Lazy Load」などがその代わりとしてよく使われていますが、「Unveil Lazy Load」は画像ファイルの事後読み込みの処理を使った高速化処理をより徹底した作りになっているプラグインです。
 
 

 
 

Unveil Lazy Loadのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストール方法は、「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので、そちらを参考にしてください。
 
 


 

Unveil Lazy Loadの設定方法

 
Unveil Lazy Loadは、インストールして有効にするとそれで設定は終了です。
個別に設定する箇所はありません。
 
それだけで、ページ表示の高速化が実現します。
 
 

Unveil Lazy Loadと BJ Lazy Loadの違い

 
最終的には、Unveil Lazy Loadを選ぶか、BJ Lazy Loadを選ぶか、については実際にスピードの測定をしてみてその上で選べばいいと思います。もしかしたら「Lazy Load」が速いかもしれませんし。
 
ですが、一つ知っておくべきことがあります。
 
「Unveil Lazy Load」は画像に特化して事後読み込みの処理を行っているという点です。 
「BJ Lazy Load」は設定画面があり、それぞれ設定に合わせて事後読み込みを行うパーツを指定できますので、何が対象になっているかを理解できると思いますが、「BJ Lazy Load」は画像だけではなく、iframeなど事後読み込みをしてもよさそうなものを含めて対策を行っています。
 
 

 
また「BJ Lazy Load」については「SEO効果絶大!PVもアップするWordPressの高速化プラグインBJ Lazy Load」に書いていますので、併せて読んでみてください。
 
 
何はともあれ、能書きよりも実際のスピードの結果がどうなったかのほうが大事だと思いますので、この後紹介するツールを使いつつ、得られた結果でどのプラグインを選ぶかを決めるといいでしょう。
サイトによって結果は違うと思いますし、どのプラグインもインストールするだけで結果が出るというお手軽なプラグインですからね。
 
 

WordPressサイトのスピード測定

 
「BJ Lazy Load」の記事にも書いていますが、画面表示のスピードアップの対策を行うにしても、まずは自分のサイトの表示スピードがどのような評価を受けているかを知らないと対策を行ってもどう変わったのかが分かりません。
 
そこで、まずは Webサイトのスピードを測定するサイトをご紹介しておきます。
 

 
 
「PageSpeed Insights」は、Googleの WebMasterToolsの中にありますので、ご存知の方は多いと思いますが、「GTmetrix」もメジャーな測定ツールですので併せて利用してみるのはいかがでしょうか。
 

 
 

Unveil Lazy Loadを使ってのスピード評価の変化について

 
このエス技研の技術ブログで実際に試してみた結果は以下の通りです。
 
20150320_wp_02
 
       元   適用後
  モバイル 36 →  47
  パソコン 43 →  61

 
 
このエス技研ブログでは「BJ Lazy Load」の方が結果は優秀でしたが、プラグインを入れて有効化するだけでこれだけのスピード改善ができるわけですので、使わない理由はないですよね。
 
 
また、これだけ値が上昇すれば、Google AdSenseでもいい影響が出るようですね。
 
20150319_wp_05
 
こんな感じで AdSenseにも対策をしたことの評価が表示されます。
 
 
最後になりましたが、WordPressの高速化施策として「WordPressの高速化でSEO対策!広告費も削減!高速化の施策のまとめ」にまとめ記事を書いていますので、あわせて参考にしてみてください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Advanced custom Fieldsのフィールドグループを簡単に複製する方法

Advanced custom Fieldsのフィールドグループの複製の方法の解説。XMLのExport、インポートする機能を利用して複製します。

WordPressに Favicon(ファビコン)を設定する(プラグイン必要なし)

WordPressに Favicon(ファビコン)をプラグインなしで設定する方法をサンプルソース付きで説明します。

get_categories、get_termsでカテゴリとタクソノミーのターム一覧の編集方法

get_categories()関数やget_terms()関数を使ってタクソノミーのタームを取得し検索処理の部品を作るプログラム作りその解説をしています。

PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成

プラグインの日本語化の手順のまとめ。.pot、.po、.moファイルの解説や便利ツールの Poeditの紹介を行いつつ、手順、ファイル設置場所、注意ポイントなども紹介。

Google Code Prettifyの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Google Code Prettifyでソースコードをきれいに編集する方法の解説。簡単設置とカスタマイズ設置の2つの方法を解説し、カスタマイズするポイントも解説。

WordPressにプラグインを使わず OGP(Open Graph Protocol)の設定方法解説

WordPressに OGP(Open Graph Protocol)をプラグインを使わずに設定する方法の解説。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

BackWPupでバックアップ・設定したJobの実行、ファイル一覧

BackWPupその4。バックアップ設定した Jobを実行する方法、ログの一覧、保存されたファイル一覧の解説です。

WordPressのカテゴリ単位・フォルダ単位でBasic認証を設定する方法

カテゴリ単位でBasic認証を設定する方法の解説。WordPressのカテゴリはフォルダの実態がないですが、実は簡単な方法でプラグインも使わずにBasic認証を設置できます。

WordPress管理画面のメニューに項目を追加する方法解説

WordPressの管理画面のメニューに項目を追加する方法をサンプルソースを交えて解説します。