エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


wp_mail()関数でWordPressのスパム対策済のメールフォーム作成

      2017/03/10

WordPressのメール送信フォームでwp_mail()関数を

 

WordPressでメールの送信関数は wp_mail()

 
WordPressでメール送信フォームを作成する必要がありまして、メール送信に関して調査しましたので、その情報をお伝えします。
 
 
wordpressからメールを送信する際の関数は「wp_mail()」で、
 /wp-includes/pluggable.php
の 224行目(WordPress 4.2.2の場合)にある「function wp_mail...」に記述されています。
 
 

wp_mail()関数の最小構成

 
メール送信関数「wp_mail()」の最小構成は下記になります。
これだけでメールが送信できてしまいます。
 

 
 


 

wp_mail()関数の引数の詳細

 
メール送信関数「wp_mail()」は、先の最小構成だけではなく、下記の引数を設定することが出来るようになっており、Ccや添付ファイルの送信も出来るようになっています。
 

 
 

$to(送信先メールアドレス)

送信先のメールアドレスを編集します。
送り先が 1件だけならば変数にメールアドレスを入れるだけですが、送り先が複数件ある場合は、下記のように配列でメールアドレスを指定することで対応が可能です。
 

 
 

$subject(メールの件名)

メールの件名(subject)を入力します。
日本語でも全く問題ありません。
 
 

$message(メールの本文)

メールの本文を編集します。
メールの本文ですので、改行は「<br>」ではなく、普通の改行(\n)で編集します。
 
 

$headers = ”(メールのヘッダー情報)

ヘッダー情報をデフォルトの設定から変更したい場合に指定をします。
デフォルトの設定は、送信者名は「WordPress」、送信元のメールアドレスは「wordpress@yoursite.com」です(「yoursite.com」はサーバのドメインが自動的に編集されます。「www.s-giken.net」など「www.」の場合は「www.」は除外されます。)。
 
$headersの設定方法は、改行でつないでいく方法と配列で指定していく方法がありますが、配列で指定する方が簡単なような気がしますので、そちらで解説します。
 

 
Fromや Cc、Bccの設定は、3行目の Bccの様にメールアドレスだけの指定でも問題ありません。
Ccを複数にしたい場合は、2行目の Ccを複数個設定するだけで OKです。
HTMLメールを送信するときは、4行目のように「Content-Type」や「charset」を指定します。
ちなみに、4行目が指定されていない場合は「’Content-Type: text/plain; charset=UTF-8’」がデフォルト値となります。
 
 

$attachments = array()(添付ファイルの設定)

添付ファイルの設定をします。
添付ファイルの設定は、下記のように配列でファイルを指定するだけです。複数ある場合も配列で複数指定するだけです。
 

 
 

$return(戻り値)

wp_mail()関数を実行した結果が返ってきます。
成功なら「true」、失敗ならば「false」が返ってきます。
 
 

Return Pathを指定する方法

 
Return Pathの設定は、「$headers」で指定できそうですが、$headersでは指定できないようで、専用のアクションフックで指定をします。
下記を「wp_mail()」が実行される前に追記します。
 

 
 

WordPress wp_mail() + SMTPサーバ送信

 
サーバによっては、WordPressを含めて、PHPで作成するメール送信フォームから送信するメールがスパム扱いになるという不具合が発生する場合があります。
 
これは、PHPのプログラムの記述の方法が問題なのではなく、メールを送信するプログラムである sendmailの設定(スパム対策の設定)が十分でないことに起因することが多々あります(なので PHPのプログラムの記述方法を変えても改善しません)。
 
 
そんな不具合に対処するための方法が外部の SMTPサーバを経由してメールを送信するという方法で、PHPMailerというライブラリが提供されていますので、これを利用するのが便利です。
 
WordPressの場合は、PHPMailerを利用するためのプラグインとして WP Mail SMTP、Easy WP SMTP、WP SMTPなどが提供されていますので、これらのプラグインをインストールするといいでしょう。
詳しくは「WordPressのメールがスパム判定!?WP Mail SMTP、WP SMTP、Easy WP SMTPで対応」に記事を書いていますので、こちらも参照してください。
 
また、PHPでオリジナルのプログラムを組むときに PHPMailerを使いたい場合については、「Phpmailerでスパム回避!Gmail等のSMTPを経由するPHPのメールフォーム解説」の記事を参照してください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressのテーマ管理方法とテーマのHTML編集のポイント解説

テーマ変更で無限の可能性!テーマの選び方と設定方法、デザイン修正のためのHTML修正のポイントを解説。

PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成

プラグインの日本語化の手順のまとめ。.pot、.po、.moファイルの解説や便利ツールの Poeditの紹介を行いつつ、手順、ファイル設置場所、注意ポイントなども紹介。

Crayon Syntax Highlighterでソースコードをキレイに編集する設定方法

PHP、HTMLなどのソースコードを紹介する際に見やすく編集してくれる Crayon Syntax Highlighterの設定の方法、利用方法の解説です。

30分でWordPressを引越し・他のサーバに引越しや開発環境の構築手順

WordPressを他のサーバに引っ越しするとき、テスト環境を作るときなどの作業手順をまとめました。プラグインを使う方法もありますが手作業でも簡単です。

WordPressの Link Managerでブックマーク(リンク)の管理を行う

ウィジェットのブックマーク(リンク)はプラグイン化された「Link Manager」を使って設定します。その使い方の解説です。

FC2からWordPressに引越でcanonicalとmeta refreshで転送設定

FC2からWordPressに引越する際の転送設定はcanonicalとmeta refreshの設定でユーザへもGoogle検索エンジンにも引越し情報を伝えられます。

WP-PostRatingsでWordPressに自由度が高い口コミサイトを構築

口コミの評価点を投稿する機能に特化したプラグインで、多様なイメージと投稿方法が用意されていてサイトにあったイメージを選択できます。

テキストエディタ秀丸で正規表現による置換の方法の解説

秀丸で正規表現による置換を行うポイントを紹介。置換をしながら特定のキーワードは置換せずに置換結果に残す方法を実例を上げながら解説しています。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

XAMPPのWordPressの更新でFatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceededのエラーが発生して失敗する場合の対処方法

XAMPP環境のWordPressアップデート時に「Maximum execution time of 30 seconds exceeded」のエラーが出る。「max_execution_time」を変更して解決する方法の解説。