エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressで WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」と表示されてページが表示されなくなった

      2018/03/25

WordPressの WPtouch Mobile Pluginを設置

 

WordPressの WPtouch Mobile Pluginによる不具合とその原因

 
WordPressでスマホ対応を行うため、WPtouch Mobile Pluginを設置し、有効にしたところトップページだけが「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」というメッセージが表示されて、表示されなくなりました。
※2018年03月24日時点では、Chromeでは「このページは動作していません」「エラーコード:ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」と表示されます。
 
原因は、「WPtouch ホームページ」に設定したページが「トップページ」と同じページであったため、そこでリダイレクトのループをしていたようです。
 
 

WordPressの WPtouch Mobile Pluginによる不具合の対応方法

 
「WPtouch ホームページ」の項目ですが、デフォルトでは「WordPress Settings」になっています。また、プルダウンの中身は、固定ページで作成しているページが編集されています。
 
デフォルトの設定の「WordPress Settings」のままであれば何の問題もなかったのですが、これを、ホームページ(トップページ)として設定しているページがプルダウンの中にありましたので、それを選択してしまっていたのです。
 
そのため、WPtouchでトップページを表示させようとしてリダイレクトし、WordPressでは改めてトップページを表示しようとしてリダイレクトさせる...ということになってしまいループしていたようです。
 
原因が分かれば対応も簡単で、デフォルトの設定である「WordPress Settings」に戻すことできちんと表示されるようになりました。
 
 

WordPressの WPtouch Mobile Pluginの「WPtouch ホームページ」の項目

 
この「WPtouch ホームページ」の項目ですが、スマホからアクセスがあった場合に通常設定のホームページを表示させるのではなく、スマホの場合はスマホ用のホームページを表示させ、そこから各ページに遷移していってもらおう、という場合に使う項目のようですね。
やはりスマホからのアクセスの場合は、スマホ用のページがあった方がいいですからね。せめて、トップページくらいはスマホ専用のものにしておきましょう。という場合に使えるということでしょう。
 
 

レスポンシブ Webデザインはプラスに働くのか?

 

レスポンシブ Webデザインについての参考サイト

 
スマホ対応について、どのように考え、どのようにスマホサイトを構築したらいいのか、下記のサイトが参考になると思います。単純にプラグインを入れただけでは逆効果かもしれない、ということですね。
 
 レスポンシブWEBデザイン・スマホ対応のWordPressテンプレートは本当に必要?
 http://mesiopress.com/rwd-smartphone-wordpress-theme-3574.html
 
 

テンプレートの設定を見直す

 
ちなみに、最初は別ページで書きましたが、「WordPressで WPtouchを入れてモバイルテーマを「OFF」にしたら元に戻れなくなった」が原因で散々悩んだこともありまして、リダイレクトのエラーが原因で表示されないのはトップページだけであることは分かっていましたので、それにまつわるテンプレートや設定を見直すことで比較的早く原因にはたどり着くことができましたね。
ただ、やはり初めて使うプラグインは分からないことも多い、ってことですね。
 
 

WPtouch Mobile Pluginは日本語にできます

 
もう一つちなみに、ちなみに、WPtouch Mobile Plugin ですが、まず、管理画面の「WPtouch Language」で「Japanese」を設定しましょう。
英語が堪能な方はデフォルトのままで問題ないですが、「Japanese」を設定することで管理画面が日本語表記になりますので、幸せになれるでしょう。
 
 

WPtouch Mobile Pluginを使うことであらわになるセキュリティホール

 
また、WPtouchを使うことでセキュリティホールが生まれることや、それによりアクセス数の変動があることなど参考になるサイトがありましたので、下記に掲載しておきます。
 
【緊急】WordPressでスマホ用WPtouch使ってる初心者は注意です
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=7369
 
スマホ対応でモバイルトラフィックが20倍に?!いわいがWordPressで行ったたった一つの設定!!
http://iwaimotors.com/blog/2013/08/mobile_up/
 
 

2014.03.26 追記

 
WPtouch Mobile Pluginの最新バージョン 3.1.5では設定方法が変更になっているようです。
 
下記の画面の「Landing Page」の場所で、モバイル端末でアクセスしたときに最初に表示する画面を設定します。
 
PC版の画面と同じであれば「Default (same as WordPress)」を選択する方法で問題ありません。
ですが、モバイル専用のトップページを作った場合は、「Custom」を選択し、その下にモバイルページ用の URLを入力します。
 
20130823_wp_01
 
ですが、ここで Customの URLを入れる際に、デフォルトで表示されるトップページをそのまま編集してしまうと、リダイレクトループが発生してしまいます。
「トップページにアクセス」
 → モバイル端末でアクセスしているので Customに記述されているページにリダイレクト
 → でもやっぱりトップページにリダイレクトされる
ということになってしまいます。
 
ここで起こる不具合の解消としては、この Customに記述される URLをトップページではないページを指定しましょう。
 
 
また、下記にリダイレクトループに関するまとめ記事を書きましたので、合わせて参考にしてください。
 リダイレクトループが原因で「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」「このページを表示できません」が出たときの対策12事例+α

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. はじめまして!IWAIMOTORS BLOGの管理人、いわいです。

    ブログをご紹介いただきありがとうございます。ご紹介いただいた記事を書いたあとも、モバイルトラフィックに変化は無く、やはり、WPTouchの影響だったのかなと考えています。

    技術的な部分はそれほど明るく無く、ブログを始めた当初は安易に色々なプラグインを入れていましたが、今は、無駄なものはかなり削除していて、可能であれば、PHPなどを直接変更して、プラグインにできるだけ依存しない方法を考えています。

    セキュリティのことを考えても、依存し過ぎはよくないですよね。勉強になりました。ありがとうございます!

    • エス技研 より:

      いわいさん、コメントありがとうございます。
      私も詳しいワケじゃなく、特に、WordPressはホントに初心者ですので、あれこれ試行錯誤しているところなので、あちこちは意見させてもらって勉強させてもらっています!
      いわいさんのサイトも参考にさせてもらいました!

      プラグインは便利ですけども、いろいろ調べてみるとソースを直接変更できるならばその方が良さそうなものも多いみたいですね。

      これからもよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Contact Form 7使い方詳細解説・WordPressメールフォーム

WordPressの標準お問い合わせメールフォームである Contact Form 7の詳細な使い方の解説です。

Export to Textで WordPressを csv出力

WordPressのデータを csv出力する Export to Textの使い方を解説しています。

WordPressのアップグレードの英語版と日本語版の公開のタイムラグは?

WordPressのアップグレードの英語版と日本語版の公開のタイムラグについて説明しています。

Broken Link Checkerのリンク生死チェックでサイトの品質向上!SEO対策!

Broken Link Checkerは記事内のリンクのリンク切れチェックをし自動的にリンク切れの対処をします。リンク切れは一覧表示されますので手動での処置も可能です。

ショートコードで簡単解決!WordPress固定ページにカテゴリ一覧を編集する方法

ショートコードを使って固定ページや投稿に特定のカテゴリ一覧を編集する処理を作りました。プラグインなしで30行くらいのソースコピペで実現できます!

WP Multibyte PatchでWordPressの管理画面のイタリック体を解消

管理画面の一部の文字がイタリック(斜体)になっているのはプラグイン「WP Multibyte Patch」が有効になっていないためです。日本語を使うには必ず有効化しましょう。

FC2からWordPressに引越しの際のデータ加工方法の解説

FC2からWordPressに引越しの際にデータを加工する必要がありますが、その加工方法の詳細を解説。秀丸の正規表現による置換を使い作業時間も軽減する方法や加工のポイントも解説。

WordPressで使うおススメ FTP、テキストエディタ、圧縮解凍ソフト

WordPressサイトを構築、運用するために必要となるFTPソフト、テキストエディタ、圧縮解凍ソフトのオススメソフトを紹介。

Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!

カスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。設定できる項目を全て網羅して解説。投稿の項目だけではなく、カテゴリやユーザ情報の項目を増やすことにも使えます。

Lazy LoadでWordPressの高速化!SEO効果絶大!PVもアップ!

Lazy Loadは、画像を最初にまとめて読み込むことで発生するスピードの遅延を防ぎ、必要な画像から順番に読み込むことでページの表示スピードを向上させるプラグインです。