エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


PHPのソースで見慣れない記号が出てきた・アロー演算子(->)、ダブルアロー演算子(=>)

      2017/08/03

PHPのソースで見慣れない記号を調べる

 

アロー演算子、ダブルアロー、ビット演算子、可変変数

 
先日書いた PHPのオブジェクト指向についての記事「CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう」ですが、あの記事を書きつつ思い出したサイトがありました。
 
 
アロー演算子
http://911.ddtea.com/?eid=1286712
 
PHPのソースに見慣れない記号が出てきたときの調べ方例
http://blog.neo.jp/dnblog/index.php?module=Blog&action=Entry&blog=pg&entry=2792&rand=561d3
 
PHP初心者が「何コレ!?」と思った記号4つ
http://korikorikorikori.blog.fc2.com/blog-entry-163.html
 
 
そうなのです。
「->」「=>」「::」これらの記号は、オブジェクト指向プログラミングをする際に必要となってくる記号なのです。
そのため、上記のサイトを読めばなんとなく何をする記号なのかは理解できていましたが、根本的な解決には至っていませんでした。
 
なぜなら、オブジェクト指向プログラミングに関する知識が足りないからです。
 
 
例えば、アロー演算子(->)。
 
これですが、参考サイトの一番上に書いてあるサイトは、アロー演算子の説明としては非常に秀逸な説明だと思いました。
その他のサイトは、公式サイトの説明をほぼ踏襲する形で書かれているため、何を意味しているのかさっぱり分かりませんでしたが、このサイトは、少しわかった気にさせてくれました。
 
それでもなお、漠然とした理解しかできないのは、オブジェクトに対する基本知識が不足しているからだ、ということにようやく気付きました。
 
 
Webサイトで簡単なプログラムを構築するだけであれば、オブジェクト指向の考え方は必ずしも必要はないものですが、PHPのプログラム記述もオブジェクト指向を重用する動きが顕著ですし、オープンソース等で提供されているプログラムのほとんどはオブジェクト指向プログラミングで記述されています。
そのため、本格的に PHPを使っていく方は、改めて、オブジェクトに関する理解を深めていくことが、PHPの理解を深めていくことにつながっていくでしょう。
 
 
ちなみに、「$$」は、可変変数というそうです。
http://www.php.net/manual/ja/language.variables.variable.php
 
でも、これまた公式サイトの説明は読んでも分かりません(笑)。
なので、下記のサイトなんかが少しは分かりやすく説明されていますので参考になるかと。
 
http://speit.blog78.fc2.com/blog-entry-56.html
http://www.kokin.rr-livelife.net/php/php_post/php_post_35.html
http://www.polidog.jp/2012/11/27/%E4%BB%8A%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9Fphp%E3%81%AE%E5%8F%AF%E5%A4%89%E5%A4%89%E6%95%B0/
 
実は、一番下のサイトの 1の書き方に似た書き方はよくしていたような気がしますね。
この可変変数の処理をしっかり理解したらもっと短いコードで書けそうな気がしますね。
 
 


 

PHPユーザのためのオブジェクト指向講座

 
と、いうわけで、自分だけでプログラムを作成し、利用するのであれば問題ありませんが、複数人で開発をする、ネットで提供されている情報や GitHubなどで提供されているオープンソースなどを利用してシステム開発を行うに当たっては、PHPと言えどもオブジェクト指向を学ばずに過ごすことはできないレベルになっています。
 
そんな方のために「CakePHPを学ぶ際にはオブジェクト指向を学ぼう」という記事も書いていますので、参考になれば、と思います。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. okey より:

    アロー演算子といえば、CakePHPのModelにアクセスするのに、やたら登場していたような。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

Smartyのテンプレート内の処理で計算、加工をする方法

Smartyのテンプレート上で変数を計算する、加工する方法を解説します。

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

ECCUBEの注文完了画面にクリテオのタグを編集する方法を紹介。標準機能では完了画面に注文IDや購入商品の情報を渡さないため改修が必要です。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説

ECCUBEを本番から開発環境をコピーする際の手順を解説。PGMメンテに必要な開発環境を構築する手順を解説。ECCUBEの仕組みは簡単なので作業は5分ほど。

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。

PHP画面が真っ白 header(“Location: $url”);

PHPの開発で header(“Location: $url”);を使うと画面が真っ白になる不具合が出る場合もあります。