エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


複数銘柄を指定して株価チャートを一覧するツール公開

      2014/11/12

株価チャート一覧ツール

 

銘柄を指定して株価チャートを一覧するツールを公開

 
株式取引をするうえで、株価チャートを見る機会が非常に多いわけですが、希望を満たす Webサービスがなかったため、自分で作ってみました。
 
 株価チャート一覧ツール
株価チャート一覧ツール
 
 
【機能】
機能自体は大したものではなく、証券コードを入力すると、その証券コードに該当する株価チャートを Yahoo!ファイナンスから取得して画面に表示する、というだけのプログラムです。
 
【特徴】
表示するのは、5日間、3か月間、6か月間、1年間、2年間の 5種類のチャートで、それを銘柄ごとに横に並べて表示します。
そのため、見たい銘柄のチャートを一覧表示でき、どの銘柄が売り時か、買い時かを素早く確認できます。
 
 
【開発の経緯】
個別の株価チャートであれば Yahoo!ファイナンスでも証券会社のサイトでもいろいろなサイトに出ていますので、それを見ればいいわけですが、売買対象としてチェックしている銘柄から今買い時である銘柄を探すときに、チェックしている銘柄のすべての株価チャートを一覧して見られると便利なのになぁ、と思っていたわけです。
ですが、その希望を満たす Webサービスはなかなか見当たらず、ずーっと探していたわけですが、ある日ふと「作ればいいのか」と思ったわけです。
 
そして完成したのが上にも書いた「株価チャート一覧ツール」。
 
 
グラフ表示の付帯条件の設定機能や細かな見た目の調整をしたので 6時間くらいかかりましたけども、プログラムの処理は 2時間程度のものなので、なんでもっと早く作らなかったかなぁなんてことを思ったものでありました。
 
 
まぁ、こんなに横長で横スクロールしないと全部を見ることができない画面を、普通にサービスしているサイトではありえないですよね。
自分で使うことが大前提としているサイトなので、こんな感じのユーザビリティ無視のユーザインターフェイスのサービスを作れるわけですが。
 
 
ちなみに、「株主優待情報.info」では、毎日の株価を収集してデータベースに保存をしていっていますし、「株主優待情報.info」の詳細ページではグラフの生成も行っていますので、そこで保存している株価データをもとにして株価チャートを生成して一覧ページを編集する方法も考えました。
5件、10件くらいであれば問題ありませんが、50件、100件というグラフをその都度生成するとなるとさすがに負荷が高すぎるだろう、ということで断念しました。
 
 
長年現場を離れていた私が現場に戻ろうと思った理由の一つに、これくらいの Webシステムなら自分で作れた方がいい、自分で作れれば可能性が広がる、と思ったことにありました。
 
その目的はある程度達成できてるんじゃないかと思いますね。
もともとからして優秀なプログラマじゃなかったので、この程度のものしか作れませんけども...

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方
PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方

PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方を解説。要素を取得する方法、そこから属性を取得する方法を解説。また、マニュアルにはない注意点なども解説。

ob_start、ob_get_contents関数でPHPの標準出力をバッファリング・変数に代入

標準出力をバッファリングし変数に代入することができるob_start()関数の解説。include()の処理をバッファリングすることで自由な場所に処理を記述することが可能。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める(n文字目で…にする)関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

PHPでスクレイピング。phpQueryとphp-simple-html-dom-parserの比較と設置方法
PHPでスクレイピング。phpQueryとphp-simple-html-dom-parserの比較と設置方法

「PHP スクレイピング」で検索すると「phpQuery」ばかりヒットするが、10年以上も放置されている。なので今も開発が続いている「PHP Simple HTML DOM Parser」をオススメする。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。

ECCUBEの商品一覧ページのSEO対策!rel=”next” rel=”prev”を設定

Googleは関連あるページはその旨明示するよう求めています。ECCUBEの商品一覧ページでその求めに応じるための「rel=”next”」「rel=”prev”」について解説します。

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。

路線・駅検索のために緯度経度からPHPで簡易的に距離を計算する処理解説
路線・駅検索のために緯度経度からPHPで2点間の距離を計算する処理解説

路線・駅検索の仕組みの構築は大変。それを簡易に実装するために緯度経度を元に距離計算をする仕組みを考案。まずは2点間の距離を計算する仕組みを解説し、距離計算にまつわる関連技術も紹介。

XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()
XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()

XMLとは「Extensible Markup Language」の略でテキストベースのデータフォーマット。XMLをPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「simplexml_load_string()」関数についての解説。

路線・駅検索をPHPで実装する方法解説。GoogleMapsの緯度経度から計算し検索
路線・駅検索をPHPで実装する方法解説。GoogleMapsの緯度経度から計算し検索

路線・駅検索の仕組みの構築は大変。登録する側も最寄り駅が多い場合は大変。なので簡易に実装するため緯度経度に基づき直線距離を計算する処理を考案して実装して、その処理を解説。