エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Export to Textで WordPressを csv出力

      2017/03/11

Export to Textで WordPressの投稿データを csv出力する方法

 

Export to Textとは

 
Export to Textは、WordPressの投稿データを csvファイルに出力してくれるプラグインです。
 
インターフェイスもシンプルで分かりやすく、設定条件があっているかの確認のための 10件だけのプレビュー表示機能などもあり、ユーザに親切な作りになっています。
 
 

Export to Textのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

Export to Textの使い方

 
「ツール」-「Export to Text」で設定画面を表示します。
 
20140422_wp_01
 
Export to Textの画面は非常に分かりやすく、1画面のみです。
 
Authors
著作者を選択するところです。
画面では「管理者」1人しかいませんので、Allも管理者も同じ結果になりますが、複数人で記事を書いている場合で特定の著作者の記事のみ出力したい場合、もしくは、特定の著作者のみ出力したくない場合に指定します。
 Include:選択したユーザを出力
 Exclude:選択したユーザを除外
 
Post Types
出力する投稿のタイプを選択します。デフォルトでは下記 2つのタイプです。
ですが、カスタムポストなどで、投稿タイプを増やした場合は投稿タイプの数だけ追加表示されます。
 Posts:投稿タイプの投稿を出力します。
 Pages:固定ページの投稿を出力します。
 
Statuses
記事のステイタスを選択します。
 Publish:公開
 Pending:承認待ち
 Draft:下書き
 Future:未来時に公開
 Private:非公開
 Trash:ゴミ箱
 
category
カテゴリを選択します。Authorsと同じく、Include、Excludeでカテゴリを選択するか、除外するかの指定を行えます。
画面では 3つのカテゴリが登録されています。
 
Post Tag
タグを選択します。Authorsと同じく、Include、Excludeでカテゴリを選択するか、除外するかの指定を行えます。
画面ではタグが登録されていませんので表示されていませんが、登録されたタグがある場合はリストに表示されます。
 
Custom Field
カスタムフィールドの取得条件を設定する場合に指定します。
特に条件を指定しない場合は「Equal」を選択肢、Name、Valueは空欄にしておきます。
 Equal:条件に一致するものを抽出する場合に選択
 Not Equal:条件に一致しないものを抽出する場合に選択
 Name:カスタムフィールドのフィールド名を指定
 Value:カスタムフィールドの値を指定
 
Select and reorder data to generate
出力する csvファイルに編集する項目を選択します。
特定の理由がない限り全部にチェックを入れておいて問題ありません。
 
 
ちなみに、プレビューボタンは「Generete preview (max 10)」と書かれていますが「Generate」の間違いだと思われます...
 
 


 

レコードが多いと止まる可能性も

 
Export to Textは、csvファイルを出力するだけですので、思うとおりの結果が得られない場合は何度も条件を設定しなおして試してみるのが一番でしょう。
 
ただ、私が実験した環境では、取得件数が多い場合にはエラーとなって止まってしまうことがたびたびありました。取得レコード数は 1,000件程度でしたが、カスタムフィールドは 15項目くらいありました。
単に環境による問題なのか、プラグインの性能によるものなのか、その辺は分かりませんでしたが、場合によっては、条件で取得するレコードを分割しながら取得する必要がある場合も出てくるでしょう。
 
 

リビジョンを削除し、データを軽くしよう

 
WordPressには、リビジョンという自動的に記事を保存してくれる機能が備わっています。
サイトの運用をするうえで、万一の際には非常に役に立つ機能なのですが、何かを保存するたびにレコードが増えていきますので、データベースをバックアップ・復元する際や、今回の様に csvファイルを通して作業をする際などには余計なデータとなってしまいます。
また、レコード数が増えてしまうために、WordPressの動作を遅くしてしまう原因にもなってしまいます。
 
また、csvを取り込む際にファイルサイズが大きすぎると、ファイルの容量制限に引っかかってファイルをアップロードすることができない場合もありますので、注意が必要です。
 
そのため、不要なリビジョンを定期的に、もしくは、csvファイルを通して作業を行う前に削除しておく方がいいでしょう。
そのリビジョンについては「Better Delete Revisionを使って WordPressのリビジョンを削除する方法」にまとめていますので、参考にしてください。
 
 

csvの加工、csvのインポートに関して

 
今回のこの記事は、投稿データを csvファイルに出力する内容でしたが、取り出した情報をまた WordPressに戻す際の方法については、下記の記事にまとめていますので参照してください。
 WordPress csvインポート、エクスポートのプラグイン
 CSV Importerで WordPressにcsvを取込む

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの画像ファイルアップロード・メディアの使い方解説

画像ファイルをアップロードするメディアの使い方解説。アップロードしたファイルの管理や編集、ファイルのURL、アップロード先の解説。

Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!

カスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。設定できる項目を全て網羅して解説。投稿の項目だけではなく、カテゴリやユーザ情報の項目を増やすことにも使えます。

Category OrderでWordPressのカテゴリを並替えよう

Category Orderは基本機能では並び替えができないカテゴリを並び替える機能を提供するプラグインです。ドラッグ&ドロップで並び替えができる簡単インターフェイスです。

シンタックスハイライトの5システム比較のまとめ・WordPressでも使える

シンタックスハイライト5種の比較検討のまとめ記事。WordPressで使う目的だがプラグインの比較検討ではないのでどのサイトでも導入可能。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

ショートコードで簡単解決!WordPress固定ページにカテゴリ一覧を編集する方法

ショートコードを使って固定ページや投稿に特定のカテゴリ一覧を編集する処理を作りました。プラグインなしで30行くらいのソースコピペで実現できます!

カスタムフィールドの検索処理をget_posts()関数のmeta_queryで作成しそれを解説

カスタムフィールドを条件検索・抽出する機能開発の解説。サンプルソースをコピペすればOK。詳細解説もあるのでカスタマイズもできる!

BackWPupでバックアップ・設定したJobの実行、ファイル一覧

BackWPupその4。バックアップ設定した Jobを実行する方法、ログの一覧、保存されたファイル一覧の解説です。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

Search RegexでWordPress投稿の文字列を検索・置換する使い方解説

WordPressの投稿テキストを検索、置換するプラグイン Search Regexの使い方の詳細解説です。