エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPress csvインポート、エクスポートのプラグイン

      2015/06/15

WordPressのデータを csvでメンテナンスする方法

 

csvファイルをエクスポート、エクスポートするプラグイン紹介

 
WordPressに登録されている投稿などのデータを csvファイルに取り出して、それを編集してから csvファイルを WordPressのデータベースに戻したい、という場面もあると思います。
そんな場合の対応方法です。
 
 
今回紹介するのは、下記の 2つのプラグインです。
 
 Export to Text
   →データベースのデータを csvでエクスポートするプラグイン
 csv importer
   →csvのデータをデータベースにインポートするプラグイン
 
多くのプラグインを試したわけではありませんが、5つほどのプラグインを試してみた結果、この 2つのプラグインを組み合わせて使う方法が一番分かりやすく、やりたいことを実行することができました。
 
 

csvファイルをエクスポート、エクスポートするプラグインの使い方

 
一般的なブログとして日記などの投稿であれば、記事の内容をまとめて修正する場面はそうそうないと思いますが、カスタムフィールドを使って、店舗情報検索サイトや商品検索サイトなどを構築している場合は全体を通してまとめて修正したい、というそんな場面になってしまう場合もあると思いますが、そんなときに使うプラグインと対応方法です。
 
手順としては以下の通りです。
 1.「Export to Text」で csvのエクスポート
 2.csvをエクセルやテキストエディタでデータのメンテナンス
 3.「csv importer」で csvのインポート
 
「Export to Text」「csv importer」は、一般的な投稿で使われる項目の「wp_posts」テーブルのデータだけではなく、カスタムフィールドとして投稿した際に使われる「wp_postmeta」テーブルのデータもエクスポートでき、インポートできる優れものです。
 
 


 

プラグインの設定、作業方法の詳細

 
それぞれ下記のページにそれぞれのプラグインの詳細な使い方を説明していますので、そちらをご覧ください。
 
 Export to Textで WordPressを csv出力
 CSV Importerで WordPressにcsvを取込む
 
 
また、詳しくは「Export to Textで WordPressを csv出力」に書いていますが、リビジョン不要なデータが多いと作業の手間が増える上にトラブルの原因になりますので、あらかじめリビジョンの不要なデータは削除しておきましょう。
 
リビジョンについては「Better Delete Revisionを使って WordPressのリビジョンを削除する方法」にまとめていますので、参考にしてください。
 
 

文字を一括置換をする場合

 
ここで想定している作業としては、csvでデータを取り出して、何かしらの加工を施したうえで csvファイルを WordPressに戻す、という内容ですが、単純に文字列を全置換したい、というだけの要望であれば、csvに出力しなくても違うプラグインでもっと簡単にそれをかなえてくれます。
 
それが「Search Regex」というプラグインです。
このプラグインは、投稿記事のタイトルや本文などの文字列を検索し、一括置換してくれるプラグインです。
単純に置換するだけではなく、あらかじめ置換対象の一覧を表示し、確認した上で置換していけるという非常に使い勝手のいいプラグインになっています。
詳しくは、「WordPress投稿テキストを検索・置換するSearch Regexの使い方解説」に書いていますのであわせて参照してみてください。
※「Search Regex」の説明は、2014.07.05に一部更新しました。
 
 

2014.07.05 追記

 
csvファイルをインポートする場合は、万一の場合に備えてデータのバックアップを取っておくことをオススメします。
バックアップを行う場合は「BackWPup」という有名で使い勝手のいいプラグインがありますので、こちらも利用してみるといいでしょう。
 
BackWPupについては「BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ 」にどこよりも詳しく、9記事にわたって記事を書いていますので、参考にしてみてください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

ショートコード+ウィジェットでサイドバーに人気記事を表示させる方法

WordPressのサイドナビゲーションに人気記事を編集する方法です。プラグインを使わずウィジェットにショートコードで任意のPostIDを指定することで編集する方法です。

WordPressのフォームプラグイン「MW WP FORM」でメールが送信できない不具合の対応方法
WordPressのフォームプラグイン「MW WP FORM」でメールが送信できない不具合の対応方法

WordPressでメールフォームと言えば MW WP Form!そのMW WP Formでフォームを作成したものの、エラーでメールが送信できない!その原因と対処方法を解説。エラーが発生する意外な盲点もある。

BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ

BackWPupその1。BackWPupとWordPressのバックアップについての解説。

DuplicatorでWordPressを簡単引越し!インストーラー付のバックアップにも

WordPressの引越しや開発環境から本番環境への移行など他の環境に移す作業を簡単にしてくれるプラグインの紹介。インストーラー付のバックアップツールとしても使る。

WordPressのカテゴリやタクソノミーにカスタムフィールド項目を追加する方法

WordPressのカテゴリやタクソノミーに編集する項目を追加する方法の解説。Advanced Custom Fieldsを使うと簡単。テンプレートに記述する方法も解説。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

WordPressのカテゴリ単位・フォルダ単位でBasic認証を設定する方法

カテゴリ単位でBasic認証を設定する方法の解説。WordPressのカテゴリはフォルダの実態がないですが、実は簡単な方法でプラグインも使わずにBasic認証を設置できます。

ob_start、ob_get_contentsを利用しショートコード内でinclude・WordPressプラグイン開発

WordPressのプラグインやショートコードの関数作成でテンプレートをincludeする際に利用するob_start関数、ob_get_contents関数を紹介。

WordPressで特定のURL、ページ、ファイル単位でBasic認証を設定する方法

WordPressはURLはmod_rewriteにより疑似的に作られていますが、特定のページ、特定のURL、ファイル単位でBasic認証を設定する方法を解説します。ツールも紹介。

WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER

データベースを管理するための強い見方のプラグイン「WP-DBMANAGER」の使い方の説明です。