エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBEの商品一覧ページのSEO対策!rel=”next” rel=”prev”を設定

      2017/03/12

ECCUBEの商品一覧ページに「rel="next"」「rel="prev"」の設定方法・その1

 
ECCUBEの商品一覧ページに「rel="next"」「rel="prev"」を設定してほしいとの依頼が来ました。
 
その対応方法について書いていきたいと思います。
 

LC_Page_Products_List.phpのプログラムの修正

 
/data/class_extends/page_extends/products/LC_Page_Products_List_Ex.php
の最後の方に下記のスクリプトを追加します。
すでに「action()」関数がある場合は、「parent::action();」行の次あたりに 4行目、5行目を追加します。
 

 
 

site_frame.tplのテンプレートの修正

 
続いて、実際に「rel=”next” rel=”prev”」を編集するテンプレートファイル「site_frame.tpl」に下記のスクリプトを追加します。
 
対応するファイルは、以下のファイルです。
/data/Smarty/templates/default/site_frame.tpl
 
編集する場所は headタグ内であればの分かりやすいところで OKです。
 
 

 
 
これだけでOKです。
 
 


 

ECCUBEの商品一覧ページに「rel="next"」「rel="prev"」の設定方法・その2

 
その1の方で実装をしていたのですが、実際問題としてもっと簡単な方法があるのではなかろうか、と思って試行錯誤した結果、下記のような感じに行き着きました。
 
修正するファイルは、site_frame.tplのテンプレートのみ。
 

site_frame.tplのテンプレート

 
対応するファイルは、その1と変わらず以下のファイルです。
/data/Smarty/templates/default/site_frame.tpl
 
編集する場所は headタグ内であればの分かりやすいところで OKです。
 

 
 
その1では、次のページ、前のページのページ数をあらかじめ用意されているクラスのプロパティを使って取得していますが、その2では、前のページ、次のページは、現在のページの「-1」「+1」で計算する方法にしています。
現在のページが分かっているならこれで問題ないんじゃないかと。
 
ちなみに、Smartyのテンプレート上で値を計算したり、文字列を加工する方法については「Smartyのテンプレート内の処理で計算、加工をする方法」で記事を書いていましたが、こんなところで役に立つんですね!
 
 

rel="next"」「rel="prev"」の設定方法解説

 
先に設定方法を記載しましたが、それぞれ対応する内容について解説します。
 

テンプレートファイル「site_frame.tpl」の振り分け処理

 
まず、テンプレートファイル「site_frame.tpl」側ですが、
 
<!--{if $objNavi->now_page == 1 and $objNavi->max_page == 1 }-->
 
この if文で、現在のページ数を確認し、「rel="next"」「rel="prev"」を編集する、しないの振り分けをしています。
 

  • 1ページしかない一覧は何も編集しない
  • 複数ページある 1ページ目は「rel="next"」のみ編集
  • 複数ページある 最後のページは「rel="prev"」のみ編集
  • それ以外は「rel="next"」「rel="prev"」を両方編集

 
という単純な振り分けです。
 
 

「site_frame.tpl」のURLの編集処理

 
<link rel="prev" href="..." />
<link rel="next" href="..." />
のそれぞれに記述する URLの整形についてです。
 
 

<!--{$smarty.const.HTTP_URL|escape}-->

 
「HTTP_URL」で ECCUBEのサイトの URLを編集します。
「HTTP_URL」の部分を「SITE_URL」とするように記載されているサイトもありましたが、現在のバージョンでは値が取得できないようです。
 
 

<!--{$smarty.request.mode|escape}-->

 
この記述方法で REQUEST(POST、GET)された値を取得して、それを編集します。
複数の REQUESTされる値をそれぞれ取得するため長くなっていますが、受け取った値をそのまま編集しているだけです。
「|escape」で、入力値のサニタイズをしています
 
また、サイトによって、一覧表示ページをカスタマイズしていて、ソート条件等 URLの項目が追加されている場合は、適宜追加をしてみてください。
 
 

<!--{$transactionid}-->

 
ページの遷移情報を引き継ぐために「transactionid」という値を送るのですが、この値は「$transactionid」として取得できるため、このように記述しています。
 
ただ、先の REQUESTで受け取るように記述しても何の問題もありません。
 
 

<!--{$prev_page}--> <!--{$next_page}-->

 
前のページ、次のページのページ番号を編集する箇所です。
 
本来的には、下記の様に記述すれば「次のページ」「前のページ」の情報は取得できるはずなのですが、値が取得できないため、「LC_Page_Products_List.php」のプログラムの修正する箇所でその値を取得しています。
 
<!--{$objNavi->arrPagenavi[prev]}-->
<!--{$objNavi->arrPagenavi[next]}-->
 
上記の記述方法で値が取得できる場合は、「LC_Page_Products_List.php」のプログラムの修正は必要ありません。
 
 

「LC_Page_Products_List.php」のプログラムの追加処理

 
「LC_Page_Products_List.php」のプログラムでは、下記の 2行を追加しています。(「action()」関数全体も追加していますが。)
 
$this->prev_page = $this->objNavi->arrPagenavi[before];
$this->next_page = $this->objNavi->arrPagenavi[next];
 
これは、ひとつ前の項目に書きましたが、本来はテンプレート側で取得できるはずの「前のページ」「次のページ」のページ数が上手く取得できないため、「action()」の関数の中で取得して、テンプレートに渡す処理にしました。
 
テンプレート側で取得できれば、この「LC_Page_Products_List.php」のプログラムの修正は必要ありません。
 
 

rel="next"」「rel="prev"」について

 
今回解説した「rel="next"」「rel="prev"」についても軽く触れておきます。
 
Googleはページの重複や、複数ページに渡って関連ある記事がある場合は、その旨明記するように求めています。
 
 
その中で、ECCUBEの商品一覧ページなど、一つの条件で検索した商品一覧ページが複数ページにまたがって存在する場合にそれらが一連のページであることを Googleに伝える必要がありますが、その仕組みが「rel="next"」「rel="prev"」なのです。
 
Googleウェブマスター向け公式ブログより
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2011/12/relnext-relprev.html
 
 
そのため、ECCUBEの商品一覧ページにはデフォルトのテンプレートにも組み込んだ方がいいんじゃないか、と思うくらいの内容だと思っています。
 
 
■参考サイト
 
最後に、この記事を書くにあたって下記のサイトを参考にさせていただきました。
 http://www.ec-custom.jp/ec-cube
 http://colo-ri.jp/develop/2013/08/ec-cube-use-pagination.html

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。

ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに

ECCUBEで新規追加したページがInternal Server Errorに!原因はファイルのパーミッションの場合が多くその対処方法とプログラムの修正ポイントを解説。Not Foundも解説。

ob_start、ob_get_contents関数でPHPの標準出力をバッファリング・変数に代入

標準出力をバッファリングし変数に代入することができるob_start()関数の解説。include()の処理をバッファリングすることで自由な場所に処理を記述することが可能。

ECCUBE mtb_constants initパラメータ設定の項目を追加する方法

ECCUBEのパラメータ設定で設定できる項目を追加する方法を説明します。

路線・駅検索のために緯度経度からPHPで簡易的に距離を計算する処理解説
路線・駅検索のために緯度経度からPHPで2点間の距離を計算する処理解説

路線・駅検索の仕組みの構築は大変。それを簡易に実装するために緯度経度を元に距離計算をする仕組みを考案。まずは2点間の距離を計算する仕組みを解説し、距離計算にまつわる関連技術も紹介。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。

ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

ECCUBEの注文完了画面にクリテオのタグを編集する方法を紹介。標準機能では完了画面に注文IDや購入商品の情報を渡さないため改修が必要です。

ECCUBE2.13.3で商品規格の在庫数が無制限から変更できないバグがある

2.13.3固有のバグである商品規格の在庫数の入力エリアがアクティブにならない不具合を解消する解説です。product_class.tplの2行を修正するだけの簡単対応です。