エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」をPHPで使うカスタマイズ

   

QRコード(二次元バーコード)作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」は1ファイルを設置するだけで使える簡単便利なライブラリ

 

「cakePHP-QR-Code-Helper」は CakePHP2用のライブラリ

 
URL短縮サービス・TTTオンライン(https://ttt.onl)に QRコード(二次元バーコード)を表示させるために使う QRコード生成ライブラリを探していたときに「cakePHP-QR-Code-Helper」を見つけました。
 
このライブラリは、画像を扱うための追加のライブラリを必要とせず、1ファイルをサーバにアップするだけで使えるという便利なライブラリでした。
 
 
ただ、このライブラリは CakePHP2用のライブラリでしたので、CakePHP3で使うときも少しの修正が必要でした。
その時の話は「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 
今度は、これをプレーンの PHPで使いたいと思い、改めてカスタマイズをしましたので、そのカスタマイズ方法を紹介します。
 
 
「cakePHP-QR-Code-Helper」の設置方法や、各機能の利用の仕方については「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」に書いていますので、そちらを参考にしてください。
この記事では、その記事を読んでいる前提で、プレーンの PHPで使う場合の対応方法についてのみ解説します。
 
 


 

「cakePHP-QR-Code-Helper」をプレーンの PHPで使う方法解説

 

1.ライブラリのダウンロードとファイルの設置

 
該当の CakePHP2用 QR Code Helperは下記に置いてあります。
 
muxe/cakePHP-QR-Code-Helper
https://github.com/muxe/cakePHP-QR-Code-Helper
 
ここからダウンロードして、展開(解凍)して、「QrCodeHelper.php」ファイルを取り出し、好きなところにファイルを設置します。
 
CakePHP2の場合は、下記の場所に設置することになりますが、プレーンの PHPで使う場合はどこにおいても OKです。
「/app/View/Helper/QrCodeHelper.php」
 
 

2.「QrCodeHelper.php」ファイルのカスタマイズ

 
「cakePHP-QR-Code-Helper」は、CakePHP2用に作れていますので、classの設定部分を少し修正する必要があります。
 
また、作成した QRコードを imgタグに組み込む処理を CakePHPの HTMLヘルパーを使っていますので、この部分も修正する必要があります。
 
それら「QrCodeHelper.php」の修正箇所について解説します。
 
 

2-1.class名の指定部分の修正

 
「QrCodeHelper.php」の11行目を修正します。
 

 
 

2-2.HtmlHelper部分の修正

 
「QrCodeHelper.php」の 64行目、78行目、88行目、101行目、139行目、149行目、159行目、187行目、199行目、241行目を修正します。
 

 
上記は、64行目の修正内容ですが、他の行も同様に、「$this->Html->image()」を取り除きます。
 
 
先にも書きましたが、CakePHP2では HtmlHelperの処理「$this->Html->image()」で imgタグを編集する処理を実行しています。
 
ですが、プレーンの PHPには HtmlHelperはありませんので、これを記述したままでは下記のようなエラーが発生します。
 

Notice: Undefined property: QrCodeHelper::$Html in /var/www/html/QrCodeHelper.php on line 65
Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function image() on null in /var/www/html/QrCodeHelper.php:65 Stack trace: #0 /var/www/html/qrcode.php(91): QrCodeHelper->text('aa', Array) #1 {main} thrown in /var/www/html/QrCodeHelper.php on line 65

 
 

3.QRコードを表示する側、「QrCodeHelper.php」を読み込む側を作成

 
「QrCodeHelper.php」を読み込む側のプログラムは、下記のようになります。
たった 4行で QRコードが作れてしまいます!!
 

 
上記の「$qrcode->text()」では、生成された QRコードが URLとして取得できます。
そのため、それを画面に表示するために imgタグに編集しています。
 
 
CakePHP2であれば、ライブラリの中で「$this->Html->image()」のヘルパーを使って imgタグに編集していますので、imgタグに編集した値が戻ってきます。
そのため、下記のように echoなどで出力するだけで OKでした。
 

 
 
もし、CakePHP2と同じ様に、imgタグに編集された状態の戻り値を取得したい、というのであれば、「$this->Html->image()」で実行される処理と同じような関数を作成し、ライブラリ内に組み込むといいでしょう。
 
 

QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」についてのまとめ

 
「cakePHP-QR-Code-Helper」ライブラリについての詳しい話は「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」を読んでいただければ、と思いますが、ライブラリの内部では Googleのグラフを表示する APIの「Google Chart API」を使っています。
 
そのため、QRコード(二次元バーコード)の生成自体は「Google Chart API」で行っていますので、画像を作成するライブラリなどを別途インストールする必要がありません。
つまり、ライブラリがインストールできないレンタルサーバなどでも組み込みが可能です。
 
また、サーバ内で画像を生成しませんので、サーバに画像が貯まることもなく、サーバの容量を気にする必要もありません。
 
 
ちなみに、この処理を使って QRコード(二次元バーコード)作成サービスを作ってみました。
 
あわせてご利用ください!!
 
QRコード(二次元バーコード)作成サービス
https://s-giken.info/qrcode/index.php
 
詳しい解説はこちらの記事を。
QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに

ECCUBEで新規追加したページがInternal Server Errorに!原因はファイルのパーミッションの場合が多くその対処方法とプログラムの修正ポイントを解説。Not Foundも解説。

数値文字参照コード変換ツール(HTML特殊文字コード変換ツール)

テキストを数値文字参照コード(特殊文字コード)に変換するツール。テキストを数値文字参照コードに簡単変換。数値文字参照、文字実体参照、特殊文字などの違いも解説。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。

リダイレクトループが原因で「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」「このページを表示できません」が出たときの対策12事例+α

リダイレクトループ、自動転送設定ループの原因の解説とその対応方法を含め事例 12例を挙げて説明。

ob_start、ob_get_contents関数でPHPの標準出力をバッファリング・変数に代入

標準出力をバッファリングし変数に代入することができるob_start()関数の解説。include()の処理をバッファリングすることで自由な場所に処理を記述することが可能。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。

PHPパーミッション変更のchmod関数・モードを変数で指定する方法

パーミッション変更関数であるchmod関数の第二引数、ファイルモードの指定に変数を使う場合は8進数に変換するoctdec関数を使って変換します。