エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」をPHPで使うカスタマイズ

   

QRコード(二次元バーコード)作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」は1ファイルを設置するだけで使える簡単便利なライブラリ

 

「cakePHP-QR-Code-Helper」は CakePHP2用のライブラリ

 
URL短縮サービス・TTTオンライン(https://ttt.onl)に QRコード(二次元バーコード)を表示させるために使う QRコード生成ライブラリを探していたときに「cakePHP-QR-Code-Helper」を見つけました。
 
このライブラリは、画像を扱うための追加のライブラリを必要とせず、1ファイルをサーバにアップするだけで使えるという便利なライブラリでした。
 
 
ただ、このライブラリは CakePHP2用のライブラリでしたので、CakePHP3で使うときも少しの修正が必要でした。
その時の話は「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 
今度は、これをプレーンの PHPで使いたいと思い、改めてカスタマイズをしましたので、そのカスタマイズ方法を紹介します。
 
 
「cakePHP-QR-Code-Helper」の設置方法や、各機能の利用の仕方については「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」に書いていますので、そちらを参考にしてください。
この記事では、その記事を読んでいる前提で、プレーンの PHPで使う場合の対応方法についてのみ解説します。
 
 


 

「cakePHP-QR-Code-Helper」をプレーンの PHPで使う方法解説

 

1.ライブラリのダウンロードとファイルの設置

 
該当の CakePHP2用 QR Code Helperは下記に置いてあります。
 
muxe/cakePHP-QR-Code-Helper
https://github.com/muxe/cakePHP-QR-Code-Helper
 
ここからダウンロードして、展開(解凍)して、「QrCodeHelper.php」ファイルを取り出し、好きなところにファイルを設置します。
 
CakePHP2の場合は、下記の場所に設置することになりますが、プレーンの PHPで使う場合はどこにおいても OKです。
「/app/View/Helper/QrCodeHelper.php」
 
 

2.「QrCodeHelper.php」ファイルのカスタマイズ

 
「cakePHP-QR-Code-Helper」は、CakePHP2用に作れていますので、classの設定部分を少し修正する必要があります。
 
また、作成した QRコードを imgタグに組み込む処理を CakePHPの HTMLヘルパーを使っていますので、この部分も修正する必要があります。
 
それら「QrCodeHelper.php」の修正箇所について解説します。
 
 

2-1.class名の指定部分の修正

 
「QrCodeHelper.php」の11行目を修正します。
 

 
 

2-2.HtmlHelper部分の修正

 
「QrCodeHelper.php」の 64行目、78行目、88行目、101行目、139行目、149行目、159行目、187行目、199行目、241行目を修正します。
 

 
上記は、64行目の修正内容ですが、他の行も同様に、「$this->Html->image()」を取り除きます。
 
 
先にも書きましたが、CakePHP2では HtmlHelperの処理「$this->Html->image()」で imgタグを編集する処理を実行しています。
 
ですが、プレーンの PHPには HtmlHelperはありませんので、これを記述したままでは下記のようなエラーが発生します。
 

Notice: Undefined property: QrCodeHelper::$Html in /var/www/html/QrCodeHelper.php on line 65
Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function image() on null in /var/www/html/QrCodeHelper.php:65 Stack trace: #0 /var/www/html/qrcode.php(91): QrCodeHelper->text('aa', Array) #1 {main} thrown in /var/www/html/QrCodeHelper.php on line 65

 
 

3.QRコードを表示する側、「QrCodeHelper.php」を読み込む側を作成

 
「QrCodeHelper.php」を読み込む側のプログラムは、下記のようになります。
たった 4行で QRコードが作れてしまいます!!
 

 
上記の「$qrcode->text()」では、生成された QRコードが URLとして取得できます。
そのため、それを画面に表示するために imgタグに編集しています。
 
 
CakePHP2であれば、ライブラリの中で「$this->Html->image()」のヘルパーを使って imgタグに編集していますので、imgタグに編集した値が戻ってきます。
そのため、下記のように echoなどで出力するだけで OKでした。
 

 
 
もし、CakePHP2と同じ様に、imgタグに編集された状態の戻り値を取得したい、というのであれば、「$this->Html->image()」で実行される処理と同じような関数を作成し、ライブラリ内に組み込むといいでしょう。
 
 

QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」についてのまとめ

 
「cakePHP-QR-Code-Helper」ライブラリについての詳しい話は「CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」」を読んでいただければ、と思いますが、ライブラリの内部では Googleのグラフを表示する APIの「Google Chart API」を使っています。
 
そのため、QRコード(二次元バーコード)の生成自体は「Google Chart API」で行っていますので、画像を作成するライブラリなどを別途インストールする必要がありません。
つまり、ライブラリがインストールできないレンタルサーバなどでも組み込みが可能です。
 
また、サーバ内で画像を生成しませんので、サーバに画像が貯まることもなく、サーバの容量を気にする必要もありません。
 
 
ちなみに、この処理を使って QRコード(二次元バーコード)作成サービスを作ってみました。
 
あわせてご利用ください!!
 
QRコード(二次元バーコード)作成サービス
https://s-giken.info/qrcode/index.php
 
詳しい解説はこちらの記事を。
QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。

ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

ECCUBEの注文完了画面にクリテオのタグを編集する方法を紹介。標準機能では完了画面に注文IDや購入商品の情報を渡さないため改修が必要です。

PHPのソースで見慣れない記号が出てきた・アロー演算子(->)、ダブルアロー演算子(=>)

PHPのプログラムソースには見慣れない記号が出てきます。その意味や調べ方です。

PHPで特定の日間の日付を for、strtotimeで表示する

ある特定の間の日付の情報を for文、strtotimeを使って作成し、その解説をしています。

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。

ECCUBEでカード決済NGの受注情報をマイページ購入履歴に表示しない方法解説

ECCUBEでカード決済に失敗しても購入履歴一覧に注文情報(受注情報)が表示される問題への対処方法を解説。受注情報レコードの作成の流れとステイタスについても解説。

GMOペイメントゲートウェイのjava.io.IOExceptionのエラー

ECCUBEの決済でGMOペイメントゲートウェイのモジュールを使ってテスト決済を行った場合の不具合、java.io.IOExceptionと言うエラーの原因と対策方法の解説です。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。