エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


SyntaxHighlighterを導入してソースコードを見やすくしてみました

      2015/03/08

SyntaxHighlighterでソースコードを見やすくする

 
PHPのソースコードを始め、ソースコードの部分が見にくいなぁ、と以前から思っていましたが、ブログを再開後しばらくして便利なツールがあることを知りまして、今回、それを入れてみることにいたしました。
 
その便利なツールが「SyntaxHighlighter」です。
 
現在は、Ver 3.0になっているようで、機能的にも徐々にバージョンアップしてきているようですね。
設置の方法もブログなどを探していただくと、いろいろと情報提供をしてくれている方も増えてきていて、それほど苦労せずに設置できるんじゃないかなぁ。と思い....たいですね。
 
 

SyntaxHighlighter設置の参考サイト

 
設置の方法としては、下記のサイトに分かりやすく説明がしてありました。
http://www.netyasun.com/syntaxhighlighter/
http://controlkey.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
 
最初は上の方のサイトを見て「SyntaxHighlighter」の基本的な使い方を勉強して、2コ目のサイトで FC2ブログへの設置方法を勉強しました。
 
しかしっ!!
私は、2週間前の三連休の時に 2日間ほど設置に時間を費やしたあげくに「’SyntaxHighlighter’は宣言されていません。」という JavaScriptのエラーから脱出できずに断念。
 
 

SyntaxHighlighterを設置する際の落とし穴ポイント

 
http://www.872style.com/872/memo/web/SyntaxHighlighter.php
 
そして、今日、改めて上記のサイトを参考にしながらやり直してみました。
このサイトには、Headの部分に書くものと、bodyの最後に書くものと、その理由も含めて書いてありまして、非常に参考になりました。
 
まずは、ローカルに HTMLファイルを作成し、ローカルで動くことを確認しました。
そして、ブログ上に CSS、JSファイルをアップロードして、相対パスで書いていたソースの場所を URL形式の絶対パスに切り替えて動作を確認。
 
そして、動作することを確認した上で FC2ブログ上のテンプレートの修正と、記事の修正を実行。
そして、動作確認......
 
でも動かないっ!!!!!
 
2時間ほど悩んでみましたがよく分からず、仕方がないからと、違うテンプレートファイルに同じソースを貼り付けてみると...今度は動作しましたっ!!!
 
つまりは、テンプレートによっては CSSの設定なのか、JSの記述の仕方なのか分かりませんが、正しく動作しない場合があります!って言うことですね。
そこまで分析する気がありませんので、テンプレートを変えてよしとします。
 
もし、「SyntaxHighlighter」がブログでうまく動かない場合は、テンプレートを変えてみてください。
動くかもしれません。
 
そんなわけで、このサイトもテンプレートを変更しました。
 
 
ちなみに、最初に参考にしたサイトがありましたが、そのサイトは、トップページの画像のバージョンは、3.0.83となっていたものの、ダウンロードのファイルのバージョンは 1.5.1。
で、最初に参考にしたサイトだったこともあって、よく分からずにそのまま進めて行ってもうまくいかず、表示が崩れてそこでようやくバージョンが違っているということに気づきました。
みなさんもバージョン違いには気を付けましょうっ!!
 
 

SyntaxHighlighterはブラウザによって見え方が違う

 
また、IEではスクロールバーが出る際に最後の 1行が欠けてしまう不具合がありまして、こちらも参考にして対応しました。
http://blog.remora.cx/2010/07/new-function-of-syntaxhighlighter-3.html
 
でも、これを対応しても半分くらい欠けていたので、「margin-bottom: 1em !important;」の部分の「1em」を「2em」にしています。なので、スクロールバーがない場合や、IE以外の場合は、多少余白が多く見えますが、欠けてしまうよりいいでしょう。
 
 

SyntaxHighlighterを設置するサンプルコード

 
ちなみに、ローカルで動作確認した際の HTMLは以下の通りです。
大したものではないですが。
 
———————–

———————–
※一部全角の「<」を使用しています。 
 
 
 
※2014.01.15 追記
この記事は、FC2ブログで書いていた頃の記事です。現在はWordPressに移り「Crayon Syntax Highlighter」と言うプラグインで運用をしています。
 
「Crayon Syntax Highlighter」についての記事は「WordPressのCrayon Syntax Highlighterの使い方」に記事を書いています。

 - プログラミング・Web関連技術

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Pythonをコマンドラインで実行。全角文字(日本語)を引数にする場合の対処方法

Pythonをコマンドラインで実行する際、引数を付与して実行する方法の解説。その時問題となる日本語(全角文字)を利用する方法を解説。Windows環境での解説。

コピーコンテンツ・直リンクの3つの対策Google通報などのまとめ

コピーコンテンツを発見したときにやること!Googleに通報、画像の直リンクを禁止、RSSの全文配信を停止。この対策をしないとあなたのサイトの評価も下がるかも!

mod_pagespeedカスタマイズで高速化を詳細解説・Google謹製

mod_pagespeedをデフォルトのまま使っていませんか?mod_pagespeedはデフォルトのままでも速い!でも仕組みを理解し設定し直せばより速くなる!

ロリポップからX-Serverに引越し。サーバの月額費用が増えても求めた理由は?

ロリポップからX-Serverに引越すその理由とは?SEOの観点からも少しでもサーバレスポンスが早いサーバが求められロリポップでは限界を感じたからです。

.htaccessのmod_deflateでファイル圧縮送信で高速化でSEO対策!

Page Speed Insightsの指摘事項であるファイルの圧縮送信の対応方法。処理内容の解説もあるけど、.htaccessにコピペするだけの簡単設置で効果抜群!SEOにも威力を発揮!

.gitignoreを更新しても反映されないときは「git rm -r --cached .」でキャッシュを削除
.gitignoreを更新しても反映されないときは「git rm -r –cached .」でキャッシュを削除

gitの.gitignoreを変更しても記述内容が反映されない時がある。それはGitのキャッシュが残っているため。そんなときは「git rm」コマンドを使ってキャッシュを削除すれば解決する。

PythonでUTF-8など日本語(全角文字)を使う方法。コメントにも必要。

Pythonの標準では日本語(全角文字)を利用できないので、利用する際は文字コードを宣言する必要がある。「# coding: utf-8」の様に記述すればOK。

エックスサーバーで独自SSLは永久無料で取り放題。利用方法と理由を解説!

エックスサーバーでは独自SSLが無料でいくつでも設置できるように!しかも、国、都道府県などの数項目の入力と数クリックだけという超簡単!SSL化しない理由がない!

サイト更新、引越時に.htaccessでリダイレクトする方法解説

サイト更新,引越しなどでサイトのURLが変わった場合のリダイレクトを.htaccessのRewriteEngineを使って処理する方法の解説です。

.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点

Gitで管理する対象、対象外のファイル、フォルダの指定は .gitignoreに記述する。その基本的な記述の方法に加え、無視対象にしたフォルダの中の特定のファイルを管理対象にする記述方法を解説。