エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Advanced custom Fieldsのフィールドグループを簡単に複製する方法

      2017/03/09

Advanced custom Fieldsのフィールドグループ複製方法

 

Advanced custom Fieldsにはフィールドグループ複製機能がない

 
WordPressのカスタムフィールドの設定には「Advanced custom Fields」が圧倒的に高機能で使い勝手がよく便利なプラグインです。
 
「Advanced custom Fields」に関する記事は以下などに書いています。
 「Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!
 「Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編
 「Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた
 
ですが、Advanced custom Fieldsは一つ不満なポイントがあります。
それは、フィールドグループのコピー、複製するボタンが用意されていないことです。
 
 
例えば、「月極駐車場検索エース」というサイトを作りましたが、このサイトでは、駐車場の情報とオーナー・管理会社の情報を Advanced custom Fieldsを利用してカスタムフィールドで構築しています。
 
また、駐車場の情報にもオーナー・管理会社の情報にも「都道府県・市区町村・住所・地図」といった情報がありますので、どちらかを作った後に複製できたら便利なのになぁ、と思うわけですが、Advanced custom Fieldsのどこを探しても複製する機能は見つからないのです。
 
 
ですが、フィールドグループを複製をできないわけではありません!
 
というワケで、カスタムフィールドをフィールドグループごと複製する方法を解説します。簡単です!
 
 

Advanced custom Fieldsのフィールドグループ複製手順

 
管理画面の左メニューの中から「カスタムフィールド」-「Export」をクリックし「Export」画面に遷移します。
 
20160607_wp_01
 
この Export機能は、ほかのサイトでも同じようなフィールドグループを利用するときのための機能として用意されているようですが、これを利用して、複製を行います。
 
 

フィールドグループを XMLファイルとして Export

複製したいフィールドグループを選択し、「Export to XML」をクリックします。
ファイルを保存する画面が表示されますので、デスクトップなど適当な場所に保存してください。
 
 

XMLファイルのフィールドグループ名を編集

 
前項で出力した XMLファイルをテキストエディタなどで開きます。
 
40行目あたりに「<title>フィールドグループ1</title>」のような感じで「title」タグで囲まれたタイトルが記載されていますので、このタイトル名を修正します。
 
 
フィールド名が同じフィールドグループは登録することができませんので、このタイトルを変更しないと取り込むことができません。
取込みを行ったものが分かるような名前を付けましょう。もちろん、取り込んだ後に変更することもできます。
 
 

XMLファイルをインポート

 
「ツール」-「インポート」をクリックし、インポート画面から「WordPress」を選択します。
 
20160607_wp_02
 
「WordPress のインポート」画面に遷移し、「ファイルを選択」から先ほど「Export」したファイルを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。
 
20160607_wp_03
 
20160607_wp_04
 
画面が遷移した上記のページでは、どのユーザでフィールドグループをインポートするかを選択します。
管理者権限のアカウントを選択し、「実行」をクリックするとインポートされます。
 
「添付ファイルのインポート」は気にしなくて問題ありません。
 
 
これで、インポートが完了しますので、「カスタムフィールド」から「フィールドグループ」の一覧画面に遷移して、フィールドグループが追加されていることを確認してください。
 
 


 

WordPress Importerをインストール

 
「XMLファイルをインポート」を実行する際に「WordPress Importer」がインストールされていない場合は、下記の画面が表示されますので、インストールを実行してください。
 
20160607_wp_05
 
「WordPress Importer」は、テーマの設定情報やプラグインの設定情報、投稿などを一括で取り込む場合など、WordPressに関連した情報を XML形式で取り込む際に必要となるプラグインです。
 
ただ、必要なときにあればいいプラグインですので、使い終わったら削除しても問題ありません。
 
 

Advanced Custom Fieldsの関連記事

 
Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!
Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編
WordPressのカテゴリやタクソノミーにカスタムフィールド項目を追加する方法
Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた
Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・ギャラリーの使い方解説
Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・繰り返しフィールドの使い方解説
WordPressのカスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーとは?
Advanced Custom Fieldsのカスタムフィールドの登録上限が max_input_varsに影響する問題の対処方法
Advanced custom Fieldsのフィールドグループを簡単に複製する方法
Advanced custom Fieldsの条件判定活用方法・フィールドグループ複製より便利

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. 通りすがり より:

    私もACFのフィールドグループごとコピー出来たら素敵だなと思い、検索からこの記事に辿り着きました。
    とても簡単な方法ですね!

    ただ個人的なことで申し訳ないのですが、私が実現したかったのが、「Aというグループを複製してBというグループを作成して、Aと共存させるためにBのフィールド名を変更して同じ投稿タイプ内で使用する」ということだったので失敗してしまいました…。
    エクスポートしたものをそのままインポートするともちろん各フィールドのmeta_keyもそのままなのですよね…。
    meta_keyが重複するのでうまくいきませんでした。

    他の方法をまた模索してみようと思います。
    でもエクスポート機能を使ったことがなかったので参考になりました。ありがとうございました。

    • エス技研 より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます。
      ご連絡の件ですが、エクスポートした xmlファイルをテキストエディタなどで開いていただいて、その中の meta_keyも変更していっていただくと希望の状況になるんだろうな、と思います。
      xmlファイルをじっくり見ていただくと何が書いてあるのかがだんだんと分かってくるんじゃないかなぁ、と思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPress csvインポート、エクスポートのプラグイン

WordPressから csvファイルをエクスポート、インポートする方法を紹介しています。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

WordPressプログラム全体で定数や変数を利用する場合の設定方法

WordPressで関数を追加するときなど、全体で同じ変数を使いたいと思う場面の対処方法です。変数を記述する関数はfunctions.php、wp-config.phpのいずれか。

ショートコード+ウィジェットでサイドバーに人気記事を表示させる方法

WordPressのサイドナビゲーションに人気記事を編集する方法です。プラグインを使わずウィジェットにショートコードで任意のPostIDを指定することで編集する方法です。

WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も
WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

指定したカテゴリのみnoindexをプラグインなしで設定する関数を解説。指定したカテゴリの中でも指定した記事はnoindex設定しないオプションを装備。その処理とnoindexを設定すべき理由を解説。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

WordPressの送信メールが協定世界時(UTC・グリニッジ標準時)の問題対応

WordPressから送信されてくるメールが9時間ずれている。その不具合の解消方法と根本原因の解説です。date_default_timezone_set();の設定を変更で対応できます。

WordPressグローバルナビ・メニューの編集の方法解説

グローバルナビであるメニューの編集方法の解説です。メニューの管理画面の使い方の解説と設定のポイント、テーマによって設定する項目が違う点などを解説します。

WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER

データベースを管理するための強い見方のプラグイン「WP-DBMANAGER」の使い方の説明です。

BackWPupでバックアップ・リストア(復元)の具体的手順

BackWPupその9。バックアップファイルからのリストア(復元)の手順です。