エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressのウィジェットでショートコードを使う方法add_filter

      2014/07/06

WordPressのウィジェットでショートコードを実行する

 

ショートコードとは?

 
投稿ページや固定ページで PHPの実行結果を編集したい場合には add_shortcode関数を利用したショートコードを使用します。
 
そのショートコードの詳細な使い方については「WordPress投稿にPHPを記述するショートコードの使い方add_shortcode」に詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。
 
 
2014.06.07 追記
ウィジェットの設定に関しては、「WordPressのサイドバー(サイドナビ)はウィジェットで編集」に書いていますので、併せて参照ください。
 
 

ウィジェットでショートコードを使えるようにする方法

 
上記の使い方の通り「functions.php」に 関数とショートコードを呼び出す add_shortcodeを記述すれば、投稿ページや固定ページでは PHPの処理を実行した結果が編集されますので、ウィジェットでも処理されるはず、と思っていたのですが、ウィジェットでは動かないのです。
 
実は、ショートコードをウィジェットで動かすためには、それ用の add_filterという記述をする必要があったのです。
 
それは、下記の 1行を functions.phpに追記することです。
 
————————————

————————————
 
 
add_filterを書いておけばいい、それが分かってしまえば実に簡単です。
 
上記の add_filterの 1行を記述する場所は functions.phpの中であればどこでも構いませんが、分からなくならないように、ショートコードの関数を記述する数行上くらいに書いておくといいでしょう。
 
 
ちなみに、functions.phpが置いてある場所は、下記のファイルになります。

 
詳しくは、「WordPressの functions.phpがある場所」にも記事を書いています。
 
 

ウィジェットでショートコードを使えるようにする方法・その2

 
ウィジェットにショートコードを記述した場合、ショートコードが処理されず、ショートコードのコードそのものが表示されてしまうのは、ショートコードのパース処理が通らないことでプレーンテキストとして見られてしまうことに原因があります。
 
そのため、下記のように、ショートコードを実行する関数を通すことで情報を取得し、echoで表示させる、という方法もあります。
 

 
※「shortcode1」は、「WordPress投稿にPHPを記述するショートコードの使い方add_shortcode」で作成したショートコードの関数です。
 
こちらの方法は、テンプレートでショートコードを表示させる際に利用する処理と同じですね。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. 江村 より:

    初めまして
    江村と申します。

    記事を拝見した中で質問がございます。

    私もウィジェットにショートコードを表示したいと考えています。

    add_filter(‘widget_text’, ‘do_shortcode’ );
    をfunctions.phpに記述し、
    ウェルカートのカートに入れるのショートコード
    [button_to_cart item=”h-001″ sku=”h-001-01″ value=””]
    をウィジェットに表示したいので、テキストに記述しましたが、
    プレーンテキストとして認識されました。

    ですので、
    function shortcode1Func() {
    return “カート”;
    }
    add_shortcode((‘widget_text’, ‘do_shortcode’ );
    と記述し、
    ウィジェットのテキストに
    [shortcode1]
    を記述しましたが、反映されませんでした。

    何か間違っている所はありますか?
    ご多忙とは存じますが、宜しくお願いします。

    • エス技研 より:

      江村さん、コメントありがとうございます。
      長期休暇中のため、返信が遅くなりました。

      ウェルカートのショートコードに関しては検証していませんが、サンプルで作成された方に関しては、以下のようになります。


      function shortcode1Func() {
      return "カート";
      }
      add_shortcode('shortcode1', 'shortcode1Func');
      add_filter('widget_text', 'do_shortcode' );

      これでショートコードとして「[shortcode1]」を編集すると、そこに「カート」と文字が編集されます。
      「add_filter...」は、「add_shortcode...」の代わりになるものではなく、ショートコードを処理する箇所が本文中だけではなく、ウィジェットのエリアでも処理しますよ、というフィルターを追加する記述になります。
      ですので、「add_shortcode...」の本来のショートコードの処理はすべて同じように記述します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WP Multibyte PatchでWordPressの管理画面のイタリック体を解消

管理画面の一部の文字がイタリック(斜体)になっているのはプラグイン「WP Multibyte Patch」が有効になっていないためです。日本語を使うには必ず有効化しましょう。

WordPressグローバルナビ・メニューの編集の方法解説

グローバルナビであるメニューの編集方法の解説です。メニューの管理画面の使い方の解説と設定のポイント、テーマによって設定する項目が違う点などを解説します。

WordPressの不正ログインを Force email loginで回避

WordPressのセキュリティ強化に Force email loginを使う理由と設定方法の解説をしています。

BackWPupでバックアップ・リストア(復元)の具体的手順

BackWPupその9。バックアップファイルからのリストア(復元)の手順です。

WordPressの管理画面ログインURLファイルにBasic認証を設定する方法解説

管理画面のログインURLにBasic認証を追加することでさらなる極めて高いセキュリティ向上の方法を解説します。

P3(Plugin Performance Profiler)で負荷が高いプラグインを調査し表示スピードアップ!

まずは正確に現状把握を!P3(Plugin Performance Profiler)を使ってプラグインの処理時間を確認!簡単操作で対応すべきプラグインが一目瞭然になります!

タクソノミーの一覧をショートコードで編集・ソート機能付き・wp_list_categories

カスタムタクソノミーのターム一覧をショートコードで編集する方法の解説です。Category Order and Taxonomy Terms Orderを利用してソート機能を追加したバージョンです。

Export to Textで WordPressを csv出力

WordPressのデータを csv出力する Export to Textの使い方を解説しています。

Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!

カスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。設定できる項目を全て網羅して解説。投稿の項目だけではなく、カテゴリやユーザ情報の項目を増やすことにも使えます。

WordPress投稿にPHPを記述するショートコードの使い方add_shortcode

WordPressの投稿ページで PHPの処理を行うには add_shortcode関数を使ったショートコードという機能を利用します。