エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Selenium WebDriver、Pythonをインストールし Chromeの自動操作の環境構築手順のまとめ

      2017/04/29

Selenium WebDriver、Pythonをインストールし Chromeの自動操作の環境構築手順のまとめ

 

selenium WebDriverとは?

 
Seleniumは、ブラウザの操作を自動化することで、Webシステムのデバッグをするために開発されたプログラムです。
 
ですが、ブラウザを自動的に操作することができますので、デバッグのためのツールとしてだけではなく、ロボットツールとしても利用されているプログラムです。
 
Seleniumには、selenium Core、selenium RC、selenium IDE、selenium WebDriver...など開発の歴史の中でいくつものバージョンが作られてきましたが、基本的には Firefoxが密接な関係にあったブラウザですので、Seleniumというと Firefox、という感じなのですが、ここでは、Google Chromeを使って自動操作するための環境構築の方法を解説します。
 
 

selenium WebDriverの Firefox版と Chrome版の違い

 
Selenium WebDriverと Pythonを使って、Firefoxを自動操作する環境構築の手順は「Selenium WebDriver、Pythonをインストールしブラウザ自動操作の環境構築手順のまとめ」で解説をしましたので、こちらを参照してください。
 
この記事で Firefoxの場合は、Firefoxを操作するために「geckodriver」というドライバーを入れましたが、Chromeの場合は、「ChromeDriver – WebDriver for Chrome」を入れます。
 
もちろん、「geckodriver」と「ChromeDriver」の両方入れても全く問題ありません。
 
 

Pythonや seleniumをインストールする手順

 

 
 
このうち、「ChromeDriverのインストール」と「Pythonスクリプトで seleniumを動作させる」以外は、Firefoxの時と同じですので、「Selenium WebDriver、Pythonをインストールしブラウザ自動操作の環境構築手順のまとめ」を参考にインストールをしてください。
 
 


 
 

ChromeDriver – WebDriver for Chromeのインストール

 

chromedriver_win32.zipのダウンロード

 
下記の Googleのサイトから、ChromeDriverをダウンロードします。
 https://sites.google.com/a/chromium.org/chromedriver/downloads
 
上記のサイトの「Latest Release」のバージョンのダウンロード画面に遷移し、インストールする環境に合うものをダウンロードします。
 
私の場合は Windows10でしたので、「chromedriver_win32.zip」をダウンロードしました。
 

chromedriver.exeの設置

 
「chromedriver_win32.zip」をダウンロードし、展開すると「chromedriver.exe」が取り出せますので、これをパスが通ったところに設置します。
 
パスが通っているところであればどこでもいいのですが、「Selenium WebDriver、Pythonをインストールしブラウザ自動操作の環境構築手順のまとめ」で解説していますが、「geckodriver.exe」は「C:\Python27\Scripts」に設置していますので、同じ場所に設置すると分かりやすくていいでしょう。
 
 
 

Pythonスクリプトで seleniumを動作させる

 
設定した seleniumが正しく動作するかを確認するため、動作検証のための Pythonスクリプトを実行してみます。
 

Pythonスクリプトを実行

 
動作検証のためのサンプルスクリプトは以下のようになります。
これをフォルダ「test」の中にファイル名「selenium_test.py」として保存します。
 

 
上記のスクリプトを下記のコマンドで実行します。
 

 
このサンプルスクリプトは、Chromeを起動して、指定した URLのページを表示する、というだけのシンプルなものですが、このスクリプトが問題なく動作すれば、あとは、動作させたい処理を Pythonで記述していくだけですね。
 
 

selenium+Pythonで処理の自動化に関する記事

Selenium WebDriver、Pythonをインストールしブラウザ自動操作の環境構築手順のまとめ
PythonでUTF-8など日本語(全角文字)を使う方法。コメントにも必要。
Pythonをコマンドラインで実行。全角文字(日本語)を引数にする場合の対処方法
Selenium WebDriverでFirefoxをプライベートウィンドウ/Chromeをシークレットモードで起動する方法・言語はpython
Selenium WebDriver、Pythonをインストールし Chromeの自動操作の環境構築手順のまとめ
Beautiful Soupを利用してPythonでスクレイピングを行う環境構築方法の解説
PythonでMySQLへの接続ライブラリMySQL-pythonの簡単インストール方法
PythonでURLの有無、存在をチェックするスクリプト

 - プログラミング・Web関連技術

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPress、Webサイトの表示高速化!画像を軽くする基本的な考え方

画面表示の高速化には画像のファイル容量を小さくする方法があります。ツールを使わなくても小さくするための基本的な考え方を解説します。

Beautiful Soupを利用してPythonでスクレイピングを行う環境構築方法の解説

BeautifulSoupはPythonでスクレイピングを行う際に便利なツール。インストール方法も簡単。ただ、事前にpipのインストールが必要でその解説もしてます。

借りてはいけないレンタルサーバ実例4社・アルファメール・WEBアリーナ

餅は餅屋。サーバはサーバ屋が提供するサービスを利用するべきという記事で、具体例 4サービスを例にこんなサーバはNGと紹介しています。

mod_pagespeedカスタマイズで高速化を詳細解説・Google謹製

mod_pagespeedをデフォルトのまま使っていませんか?mod_pagespeedはデフォルトのままでも速い!でも仕組みを理解し設定し直せばより速くなる!

エックスサーバーで独自SSLは永久無料で取り放題。利用方法と理由を解説!

エックスサーバーでは独自SSLが無料でいくつでも設置できるように!しかも、国、都道府県などの数項目の入力と数クリックだけという超簡単!SSL化しない理由がない!

SyntaxHighlighterを導入してソースコードを見やすくしてみました

PHP、HTMLなどのソースコードをブログで紹介するとき、SyntaxHighlighterを利用することで見やすく提供することが出来ます。

mod_pagespeedでWebサイトを超簡単高速化・Google謹製の最終兵器

Webサイトの表示スピード高速化の最終兵器、Google謹製mod_pagespeedの解説です。レンタルサーバではX-Serverでしか利用できませんが、ワンクリックで高速化します。

PythonでURLの有無、存在をチェックするスクリプト

PythonでURLが存在するか否かのチェックスクリプト。ライブラリ「urllib2」を使い、指定のURLにアクセスしそのレスポンスコードを判別するという仕組み。

Webサイト公開時に重複コンテンツを排除する.htaccessのリダイレクトの設定のまとめ

サイトを公開する際にはURLの正規化は必須です。正規化とは何かを解説し、.htaccessに設定すべきリダイレクトの設定を具体的に説明します。

コピーコンテンツ対策.htaccessで直リンク禁止しリダイレクトで対応

不正なコピーコンテンツからの直リンクを拒否する.htaccessの設定方法。拒否するサイトを指定、許可するサイトを指定する方法、単純な拒否と画像の差し替えを解説。