エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

   

指定のカテゴリのみに noindexを設定する関数

 

WordPressで特定のカテゴリ、記事に noindexを設定する方法

 
WordPressで特定のカテゴリや、特定の記事に noindexを設定する方法としては、プラグインを利用する方法があります。
 
noindexを設定する WordPressのプラグインとしては、「All in One SEO Pack」が有名ですが、テーマによっては機能が被るために相性が悪いものや、noindexを設定するためだけに「All in One SEO Pack」を導入するのは避けたい、という場合もあるでしょう。
 
最近のテーマでは、テーマ自体に noindexを設定する機能が付いているものが増えてきていますので、これを機にテーマを新しくする、という方法もあるでしょう。
 
 
ですが、プラグインをインストールするにもテーマを刷新するにしても大きな手間や不安要素があるので、サクッと関数を追加するだけで対応したい、という場合もあるでしょう。
 
そんな方に向けて、noindexを設定できる関数を作成しました。
 
 

特定のカテゴリ、記事に noindexを設定する関数

 
下記を functions.phpに編集します。
 
functions.phpのある場所は、下記になります。
/{WordPressのインストール場所}/wp-content/themes/{テーマ名}/
 
functions.phpのある場所についての詳細は、「WordPressの functions.phpがある場所」に解説をしていますので合わせて参考にしてください。
 
functions.phpのファイルの中のどこかに追記すればいいんですが、ファイルの一番最後に追記する方法が無難でしょう。
 

 
 
処理の内容については、それぞれの行にコメントを書いていますので、それぞれ読んでください。
 
また、設定としては、7行目、10行目を下記の通りに設定変更をしてください。
 
7行目に、noindexを設定したいカテゴリの「slug」を指定します。
10行目には、7行目に設定したカテゴリの中にある記事の中で、noindexを指定したくない記事の「slug」を指定します。
 
上記のサンプルは、10行目が数値になっていますが、「Post ID」ではなく「slug」を編集してください。このブログの slugは数値のため、サンプルも数値になっているだけです。
 
 

noindexを設定する関数を実行する記述

 
先の項目で示した noindexを編集する関数を実行し、実際に noindexのタグを編集する処理は下記になります。
 
編集する場所は「<head>~</head>」の間に編集します。
 

 
一般的に「<head>~</head>」タグは、多くの場合「header.php」ファイルの中にあります。
 
「header.php」ファイルは、先の「functions.php」があるフォルダの中にあります。
具体的には下記になります。
/{WordPressのインストール場所}/wp-content/themes/{テーマ名}/
 
テーマによっては、「<head>~</head>」タグを編集しているファイルが違う場合もあります。
 
 

noindexを設定する意義

 
そもそも何で「noindex」を設定するのでしょうか?
 
noindexの設定は、下記のメタタグを「<head>~</head>」の間に編集することで効果を表すタグです。
 

 
このタグを設定することで、Googleを始めとした検索エンジンからサイトの情報を取得しに来るロボットに対して、このページの情報はインデックスしないでね、と伝えることができます。
 
前者がすべての検索エンジンのロボットに対して依頼をするのに対して、後者は Googleのロボットのみを対象としています。
(現状の検索エンジンのシェアはほぼ Googleですので、Googleだけ対処できていればいい、という考え方もあり得ます。)
 
 
せっかく書いた記事なのに、検索エンジンにインデックスしないように伝えるということは、その記事は検索エンジンで検索しても検索されなくなる、ということです。
 
それでもなお「noindex」を設定する理由とは何でしょうか?
 
理由は、「サイト全体の記事の質を高めるため」です。
 
 
昔は、ネットサーフィンをする利用者も多かったのですが、最近は、必要な情報を探すためだけに利用している方も多く、検索エンジンもユーザに有用な情報をいかに確実に届けるか、ということに注力しています。
そのため、サイトを通して質の高い記事(アクセスが多い記事)の割合が多いサイトを優先的に検索結果に表示しようとします。
 
それに対応するためには、質の高くない記事(アクセスが少ない記事)は、サイトから外していく必要があるのです。
 
長くブログを続けてきた方の場合に多いと思いますが、昔は流行っていたけど最近は見る人が減っている記事や「ウケる」と思って書いたけどさっぱりのネタ記事など、アクセスがある記事とない記事とが分かれているでしょう。
 
最善の方法は、アクセスが少ない記事はサイトから外してしまう(削除してしまう)方がいいのですが、さすがにそれは忍びないという場合の対応として、検索エンジンにはその記事がないものとして処理してもらう、という方法なのです。
 
そして、その方法の具体的な手段が noindexを設定する、ということなのですが、その設定方法の一つとして関数を作成しました。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressに Favicon(ファビコン)を設定する(プラグイン必要なし)

WordPressに Favicon(ファビコン)をプラグインなしで設定する方法をサンプルソース付きで説明します。

Throws SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

コメントスパム対策の決定版ともいうべきプラグイン。簡単な設定で自動的にスパムコメントを削除してくれるので煩わしい作業はゼロに。細かな設定も可能。

WordPressのサイトマップ生成ツールPS Auto Sitemapの使い方

サイトマップを PS Auto Sitemapで自動生成する方法を説明します。このプラグインは Google用のサイトマップではなく一般ユーザが見るためのサイトマップページを作ります。

WordPressのウィジェットにGoogle+ページのバッジ編集方法

Google+ページの特徴(Facebook、Mixiとの違い)や構築のメリット(Google対策)、登録、バッジの編集方法の解説。

WordPressで WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」と表示されてページが表示されなくなった

WPtouchを入れたら「このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています」のエラーでページが表示されない。その解決法の解説です。

Advanced custom Fieldsの条件判定活用方法・フィールドグループ複製より便利

Advanced custom Fieldsの条件判定を使ってカテゴリごとに入力項目を変化させる方法を実例を用いて解説します。投稿フォーム構築が格段にレベルアップします。

WordPressの高速化でSEO対策!広告費も削減!高速化の施策のまとめ

WordPressを高速化するためのまとめ記事。これまで多様な高速化の対応を行ってきましたが、それを具体的に何をすればいいかが一目でわかるようまとめ記事にしました。

BackWPupでバックアップ・機能の基本設定 Settings

BackWPupその5。バックアップ設定のベースになるBackWPup自体の設定解説です。

WordPressのメディア設定でアップロードするファイルの保存場所を変更する方法

メディアのアップロードするファイルの保存先を変更する方法の解説。現在はオプションとなっていますので、/wp-admin/options.phpから設定します。

Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!

カスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。設定できる項目を全て網羅して解説。投稿の項目だけではなく、カテゴリやユーザ情報の項目を増やすことにも使えます。