エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


SI CAPTCHA Anti-Spamを使って WordPressのコメントスパム対策をする

      2017/03/12

WordPressのコメントスパム対策

 
全般的なコメントスパム対策についての説明は、「WordPressのコメントスパム対策 3つのプラグイン」にありますので、まだ読まれていない方は参考にいかがでしょうか?
 
ここでは、コメントスパム対策のうち、コメントスパムの投稿そのものを減らすための対策のプラグインとして「SI CAPTCHA Anti-Spam」を紹介します。
 
「Captcha」という「SI CAPTCHA Anti-Spam」とは違った入力をさせるプラグインに関しては「Captchaを使って WordPressのコメントスパム対策をする」をご覧ください。
 
 

SI CAPTCHA Anti-Spamとは?

 
SI CAPTCHA Anti-Spamは、WordPressのコメントを入力する際に、画面に表示された情報を入力させることで、機械的なコメントスパムを排除するためのプラグインです。
 
この手のプラグインの中では、この「SI CAPTCHA Anti-Spam」が非常に有名で、多くのサイトで運用されていますので安心して使えます。
ただ、あまりにも有名なため、これを破るための仕組みも研究されているようですので注意が必要です。
 
また、よく分かりませんが、もしかすると色覚に異常がある方には読みにくい場合もあるのかもしれませんので、注意が必要かもしれません。
 
20140214_wp_1
 
 

SI CAPTCHA Anti-Spamのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 


 

SI CAPTCHA Anti-Spamの設定方法

 
 
「プラグイン」-「SI Captchaオプション」から設定します。
 
20140214_wp_2
 
基本的にデフォルトのままで問題ありません。
 
ただ、最低限入力しないといけない項目は、「テキストラベル」の「キャプチャコード」です。
これは、キャプチャの画像の下に入力を促すテキストを入力する箇所で「上記に表示される英数字を入力してください。」といった説明文を入れるといいでしょう。
これも入力しなくても動作に支障はありませんが、これがないとコメントを入力してくれる方に対しては不親切だから、という意味で設定する必要がある項目です。
 
 
また、その他の項目も中途半端ですが、日本語訳が付いていますし、ヘルプをクリックすると追加の説明も出てきますので、読めばなんとなくわかると思います。
 
「キャプチャ」の項目は、どの画面にこのキャプチャの処理を追加するかを選択したり、どのように表示をするかを選択することができます。
 
「次の条件に合致する 登録 ユーザからキャプチャを隠す」にチェックが入っている場合は、コメント入力画面などにもキャプチャの画像が出てきませんので、焦らないようにしてください。
一度ログアウトするか、違うブラウザを立ち上げてから確認してください。
 
「コメントフォームでキャプチャの入力ラベルを表示する位置」は、下記の様に「ラベル」「必須マーク」「入力ボックス」の位置を選択できます。(細かく調整するには「キャプチャ用フォームのCSSスタイル」の部分で cssの調整を行います。)
 
20140214_wp_3
 
「小さめのキャプチャ画像を有効にする。」は、キャプチャの画像のサイズを調整できます。
 
20140214_wp_4
 
 
「キャプチャ用フォームのCSSスタイル」では、キャプチャの部分の CSSのカスタマイズが行えます。
分かりやすいところでは「キャプチャ入力欄用CSSスタイル」の項目は、キャプチャ画像に表示された文字列を入力するテキストボックスの CSS設定ですが、「width:65px;」の数値を変えてみると入力ボックスのサイズが変わることが分かると思います。
 
この CSSの設定は、そもそものテンプレートのデザインにも影響されますので、必要に応じていろいろ値を変更しながら試してみるしかなさそうです。
 
設定を変更しすぎてデザインが崩れてしまっても「キャプチャ用フォームのスタイルをデフォルトに戻す。」にチェックを入れて「オプション更新」を実行することでデフォルトの値に戻りますので、最初は気にせずいろいろ触ってみるのもいいと思います。 
 

SI CAPTCHA Anti-Spamについてのまとめ

 
設定項目の途中に「Akismet:Akismetのスパム防止状況」とあるように、「Akismet」を使うことはスパム対策の第一歩となります。
「Akismet」と「SI CAPTCHA Anti-Spam」を併用してより高いセキュリティを目指しましょう。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Advanced Custom Fieldsのカスタムフィールドの登録上限が max_input_varsに影響する問題の対処方法

Advanced custom Fieldsには登録できるフィールド数に上限があります。php.iniのmax_input_varsによる制限ですが、フィールドグループを分割することで解決できます。

Advanced custom Fieldsの条件判定活用方法・フィールドグループ複製より便利

Advanced custom Fieldsの条件判定を使ってカテゴリごとに入力項目を変化させる方法を実例を用いて解説します。投稿フォーム構築が格段にレベルアップします。

WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

WP-DBMANAGERを使って WordPress以外の PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップする方法を解説。

BackWPupでバックアップ・エラー発生の具体的対処方法事例6

BackWPupその6。エラーが起こったときの対処方法の具体例紹介です。

WordPressのサイトマップ生成ツールPS Auto Sitemapの使い方

サイトマップを PS Auto Sitemapで自動生成する方法を説明します。このプラグインは Google用のサイトマップではなく一般ユーザが見るためのサイトマップページを作ります。

WordPressの管理画面ログインURLの変更方法解説

管理画面のログインURLの変更は極めて有効なセキュリティ向上の方法ですので、その解説を行います。

BizVektor環境の引越しでメニュー、バナーが消える不具合の対応方法解説

BizVektor環境の引越し方法と不具合が発生しやすい箇所の解説です。引っ越し作業をする際にURLやファイルのパスを置換する際の手順解説と対応方法についての解説です。

WordPressのウィジェットにGoogle+ページのバッジ編集方法

Google+ページの特徴(Facebook、Mixiとの違い)や構築のメリット(Google対策)、登録、バッジの編集方法の解説。

自サイト内のリンクをショートコードで指定する・アンカーリンク対応版

自サイト内の記事にショートコードで自動リンクを設定する関数のソースコードを提供。Post ID、slugで指定でき、アンカーリンクを設定する場合も対応。

WordPressのカテゴリ単位・フォルダ単位でBasic認証を設定する方法

カテゴリ単位でBasic認証を設定する方法の解説。WordPressのカテゴリはフォルダの実態がないですが、実は簡単な方法でプラグインも使わずにBasic認証を設置できます。