エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Gitはフォルダ自体を管理対象にはできない。空のフォルダを設定する手順

      2019/02/24

Gitでフォルダを監視対象にする手順

 

Gitはファイルを管理するがフォルダは管理できない

 
Gitで管理対象にする、しないの設定が記述されているファイルは .gitignoreです。
 
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
 
上記の記事では、「.gitignore」を利用して管理対象外にしたフォルダの中のファイルを管理対象にする方法について解説しました。
 
ですが、Gitでは、フォルダ自体を管理対象にすることができません。
 
そのため、例えば、
・ログを出力するフォルダをあらかじめ作っておきたい
・ダウンロードするファイルを保管するフォルダを作っておきたい
 
と思っても、その中にファイルが入っていないと Gitで管理対象にすることができないのです。
 
 
そんなときは、
「.gitkeep」というファイルを作成し
そのファイルをフォルダの中に設置し
そのファイルを .gitignoreに記載する
と言う手順でフォルダを Gitの管理下に置く、という方法を採る必要があるのです。
 


 

Gitで空のフォルダを管理対象にする手順

 

手順1.「.gitkeep」というファイルを作成する

 
「.gitkeep」というファイルを作成します。
ファイルの中身は空(0バイト)のファイルで OKです。
 
 

手順2.Gitの管理下に置きたいフォルダの中に「.gitkeep」ファイルを置く

 
Gitの管理下に置きたいフォルダの中に「.gitkeep」ファイルを設置します。
 
 

手順3..gitignoreに対象ファイルの設定を記述する

 
.gitignoreに、作成した .gitkeepを管理対象にする設定を記述します。
 
記述例としては以下の通りです。
 

 
「/tmp/download_file/」というフォルダを作成し、それを管理対象にしたい、と言う想定です。
 
 

手順4..gitignoreをサーバにアップしてコミットする

 
.gitignoreをサーバにアップしてコミットします。
この際、Gitにはキャッシュが設定されている場合があるため、キャッシュをクリアする必要があります。
 
 

Gitで空のフォルダを管理対象にする手順についての解説

 
「手順1」の「.gitkeep」というファイルは、Gitで管理する際の慣例のファイル名とも言える名称のため、多くの方が「.gitkeep」を使っています。
 
ですが、Gitの仕組み上はファイル名は何でも問題ありません。
 
CakePHPの場合は、空のフォルダには拡張子なしの「empty」という空のファイルが置いてありますので、CakePHPの場合は「empty」というファイル名に合わせる、ということも一つの方法と言えます。
 
 
「手順3」の .gitignoreの書き方については下記に記事を書いていますので、それを参考にしてください。
「tmp」や「vendor」フォルダなど、管理対象外にしているフォルダの中のファイルを管理対象にする場合は、正しく設定するには考慮する点があります。
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
 
 
「手順4」の .gitignoreを変更した場合の設定の反映は、Gitが持っているキャッシュをクリアしないと正しく反映されない場合がよくあります。
キャッシュのクリア方法を下記の記事にしていますので参考にしてください。
.gitignoreを更新しても反映されないときは「git rm -r --cached .」でキャッシュを削除
 
 

Git関連の記事

Gitはフォルダ自体を管理対象にはできない。空のフォルダを設定する手順
.gitignoreを更新しても反映されないときは「git rm -r --cached .」でキャッシュを削除
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
Gitで「fatal: Authentication failed for 'https://example.com/git_repositories/example.git/'」のエラーが出た場合の対処方法の一つ
Gitで基本的なデプロイ(push、pullで本番公開)環境を作る手順解説
 
その他の「git」に関する記事一覧
 
 

 - プログラミング・Web関連技術

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点

Gitで管理する対象、対象外のファイル、フォルダの指定は .gitignoreに記述する。その基本的な記述の方法に加え、無視対象にしたフォルダの中の特定のファイルを管理対象にする記述方法を解説。

FTPでダウンロード時にファイルが重複するため上書きしますか?と表示される問題

FTPでファイルをダウンロードする際に「ファイルが重複しています。上書きしますか?」というメッセージが出る場合がありますが、これの原因と対策、解決策の記事です。

PythonでUTF-8など日本語(全角文字)を使う方法。コメントにも必要。

Pythonの標準では日本語(全角文字)を利用できないので、利用する際は文字コードを宣言する必要がある。「# coding: utf-8」の様に記述すればOK。

.htaccessのmod_expiresでブラウザキャッシュで高速化でSEO対策!

Page Speed Insightsの指摘事項のファイルのブラウザキャッシュの設定方法。解説もしてるけど、.htaccessにコピペするだけの簡単設置で効果抜群!SEOにも威力を発揮!

Beautiful Soupを利用してPythonでスクレイピングを行う環境構築方法の解説

BeautifulSoupはPythonでスクレイピングを行う際に便利なツール。インストール方法も簡単。ただ、事前にpipのインストールが必要でその解説もしてます。

PythonでMySQLへの接続ライブラリMySQL-pythonの簡単インストール方法

PythonはMySQLに接続するライブラリは別途インストールが必要。なのでMySQL-pythonライブラリのインストール方法とサンプルスクリプトで動作検証までを解説。

Selenium WebDriver、Pythonをインストールし Chromeの自動操作の環境構築手順のまとめ

Selenium WebDriverを使ってChromeを自動操作する環境を構築する手順のまとめ。使用するPythonのインストールから、サンプルスクリプトの動作確認までを詳細解説。

mod_pagespeedでWebサイトを超簡単高速化・Google謹製の最終兵器

Webサイトの表示スピード高速化の最終兵器、Google謹製mod_pagespeedの解説です。レンタルサーバではX-Serverでしか利用できませんが、ワンクリックで高速化します。

Selenium WebDriver、Pythonをインストールしブラウザ自動操作の環境構築手順のまとめ

ブラウザを自動操作しテストを実行するロボットをselenium WebDriver+Pythonの環境を構築し、動作確認までの手順のまとめ。初心者向けに詳細解説。サンプルソースも。

CentOS環境に ntpdをインストールして自動的に時刻を取得する設定にする
CentOS環境に ntpdをインストールして自動的に時刻を取得して合わせる設定にする

VirtualBoxに構築した CentOSの環境の時計がずれているとき、ntpdをインストールし、時計を合わせる方法を解説。NTPサーバを指定する方法や ntpdを自動起動する設定も解説。