エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Gitで「fatal: Authentication failed for ‘https://example.com/git_repositories/example.git/’」のエラーが出た場合の対処方法の一つ

      2019/02/24

Gitで「fatal: Authentication failed for ‘https://...’」のエラーが

 

「Authentication failed」のエラーに関する前提条件

 
私は、Redmineで Gitを運用しています。
(Redmineに Gitのリモートリポジトリを置いてあります。)
 
そのため、Githubとは若干違うかもしれないことをご了承ください。
 
 

「Authentication failed」のエラーですが認証エラーではない可能性も

 
新しいシステムの開発を行うにあたって、「Gitで基本的なデプロイ(push、pullで本番公開)環境を作る手順解説」の記事も書いているような感じで、新しく Gitの設定をしました。
 
そして、Redmineにあるリモートリポジトリからプログラム一式を取得するために「git pull origin master」を実行しました。
 
ですが、
fatal: Authentication failed for 'https://example.com/git_repositories/example.git/'
 
のエラーが表示されてプログラムのソースを取得することができませんでした。
 
エラーの内容は「’https://example.com/...’の認証に失敗しました。」というものです。
 
 
ですが、このエラーが出ても、「Username」「Password」が間違っているわけではない場合もあります。
 
間違っているのは、「remote.origin.url」リモートリポジトリとして登録している URLである場合もあります。
 
 
下記のコマンドで、Gitの設定内容を確認することができますので、下記コマンドを実行し、リモートリポジトリの URL「remote.origin.url」を確認してみてください。
 

 
 
リモートリポジトリの URL「remote.origin.url」が正しくない場合であっても「fatal: Authentication failed for 'https://example.com/...'」のエラーがでます。
 
ご注意ください。
 


 

「fatal: Authentication failed for ‘https://...’」のエラーが発生した経緯

 
fatal: Authentication failed for 'https://example.com/...'」のエラーは、「認証に失敗しました」というエラーですので、アカウントの設定に間違いがあるのかと思い、Redmineのアカウントの設定内容を散々調べました。
 
しかし、何をどう調べてもアカウントの設定に問題があるように思えないわけです。
 
そして、他の担当者のアカウント借りてログインを試してみた結果、それでも通らないため、アカウントの設定なのではなく、ローカル環境の Git、もしくは、それに関連する設定が正しくないのだと分かりました。
 
そして、さらに調査した結果、リモートリポジトリとして設定している URLが間違っていることに気づくことになったのです。
 
 
設定されている URLにアクセスし、認証が通らない場合はすべて同じエラーを出す処理になっているのだとすると理解はできます。
ただ、エラーの出し方がちょっと不親切だなぁ、という感じがして納得はできませんが。
 
 
同じことで悩む方が減ればいいな、と思い記事にさせていただきました。
 
 

Git関連の記事

Gitはフォルダ自体を管理対象にはできない。空のフォルダを設定する手順
.gitignoreを更新しても反映されないときは「git rm -r --cached .」でキャッシュを削除
.gitignoreで無視フォルダの中の特定のファイルを除外「!(否定文)」を使う場合の注意点
Gitで「fatal: Authentication failed for 'https://example.com/git_repositories/example.git/'」のエラーが出た場合の対処方法の一つ
Gitで基本的なデプロイ(push、pullで本番公開)環境を作る手順解説
 
その他の「git」に関する記事一覧
 
 

 - プログラミング・Web関連技術

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

mod_pagespeedでWebサイトを超簡単高速化・Google謹製の最終兵器

Webサイトの表示スピード高速化の最終兵器、Google謹製mod_pagespeedの解説です。レンタルサーバではX-Serverでしか利用できませんが、ワンクリックで高速化します。

SyntaxHighlighterを導入してソースコードを見やすくしてみました

PHP、HTMLなどのソースコードをブログで紹介するとき、SyntaxHighlighterを利用することで見やすく提供することが出来ます。

PythonでUTF-8など日本語(全角文字)を使う方法。コメントにも必要。

Pythonの標準では日本語(全角文字)を利用できないので、利用する際は文字コードを宣言する必要がある。「# coding: utf-8」の様に記述すればOK。

So-netのレンタルサーバHSはヤバイ・借りてはいけないレンタルサーバリスト

餅は餅屋。サーバはサーバ屋が提供するサービスを利用するべきという記事で、単独でSo-netを紹介。OEMでサービスの提供を受けているだけなので何とも残念すぎる内容。

PythonでURLの有無、存在をチェックするスクリプト

PythonでURLが存在するか否かのチェックスクリプト。ライブラリ「urllib2」を使い、指定のURLにアクセスしそのレスポンスコードを判別するという仕組み。

.htaccessのmod_expiresでブラウザキャッシュで高速化でSEO対策!

Page Speed Insightsの指摘事項のファイルのブラウザキャッシュの設定方法。解説もしてるけど、.htaccessにコピペするだけの簡単設置で効果抜群!SEOにも威力を発揮!

コピーコンテンツ対策.htaccessで直リンク禁止しリダイレクトで対応

不正なコピーコンテンツからの直リンクを拒否する.htaccessの設定方法。拒否するサイトを指定、許可するサイトを指定する方法、単純な拒否と画像の差し替えを解説。

日本語は2バイト文字?3バイト文字?

日本語は2バイトという理解でしたが、UTF-8では事情が違います。その説明です。

CentOS環境に ntpdをインストールして自動的に時刻を取得する設定にする
CentOS環境に ntpdをインストールして自動的に時刻を取得して合わせる設定にする

VirtualBoxに構築した CentOSの環境の時計がずれているとき、ntpdをインストールし、時計を合わせる方法を解説。NTPサーバを指定する方法や ntpdを自動起動する設定も解説。

ロリポップからX-Serverに引越し。サーバの月額費用が増えても求めた理由は?

ロリポップからX-Serverに引越すその理由とは?SEOの観点からも少しでもサーバレスポンスが早いサーバが求められロリポップでは限界を感じたからです。