エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを

   

CakePHP3のルーティングを変更しても反映されない時がある。そんなときは慌てずにキャッシュをクリアしよう!

 

ルーティングの設定を再設定するキャッシュのクリア方法

 
このルーティングの設定は「/config/routes.php」ファイルに記述します。
記述を変更すればすぐに反映されますが、時々、ルーティングの設定がうまく反映されない場合もあります。
 
その時は、CakePHP3のキャッシュを疑ってください。
 
下記のコマンドを実行してキャッシュをすべて削除します。
 

 
そして、改めて動作を確認してみてください。
 
 

ルーティングの設定とキャッシュのクリア方法の詳細解説

 

ルーティング設定とは URLを自由に設計する機能

 
CakePHP3には、プログラムと URLを関連付けるための設定、ルーティングを設定することができるようになっています。
 
例えば、「Controller:test」「action:view」のプログラムを作ったとします。
 
CakePHP3の場合は、デフォルトでの URLは以下のようになります。
http://example.com/test/view
 
ですが、ルーティング(routes.php)の設定を行うことで、自由な URLを設定することができるようになります。
例えば、上記の URLを下記のように変更することもできます。
http://example.com/aaa/bbb
 
このような URLの変更をするのがルーティングの設定で、「/config/routes.php」ファイルに記述します。
 
 
この記事ではルーティングの設定方法の解説は行いませんので、ルーティングの設定方法を知りたい場合は、下記のオフィシャルサイトを見ていただくか、ググってください。
 
CakePHP3・Cookbook・ルーティング
https://book.cakephp.org/3.0/ja/development/routing.html
 
 

ルーティングの設定変更が正しく反映されないときはキャッシュをクリアしよう!

 
このルーティングの設定は「/config/routes.php」ファイルに記述します。
記述を変更すれば普通はすぐに反映されますが、時々、ルーティングの設定がうまく反映されない場合もあります。
 
その時は、CakePHP3のキャッシュを疑ってください。
 
ローカル環境ではあまりキャッシュを残す設定にしていないことが多いため、ついつい忘れがちですが、ルーティングの設定もキャッシュされています。
 
そのキャッシュを削除する場合は、下記のコマンドを実行します。
このコマンドでキャッシュをすべて削除することができます。
 

 
キャッシュを削除したら、改めて動作の確認をしてみてください。
 
 
ちなみに、キャッシュの削除は、かつては「/tmp/cache/」フォルダの中のファイルを手作業で削除していましたが、CakePHP 3.3で上記のコマンドが実装されましたので、コマンド一発ですべて削除できるようになりました。
 
キャッシュを削除する方法の詳しい解説については下記に記事を書いています。
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
 
また、ルーティング機能を活用して、CakePHP3の中に静的なページを組み込む方法については下記に記事を書いています。
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のルーティング(routes.php)の変更が反映されない時はキャッシュのクリアを
Google Analytics APIを CakePHP3で動かしてレポートデータを取得する方法の解説
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3で生の SQLの実行はConnectionManagerを使う
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP 2.x系 Viewでのコメントの記述方法など

CakePHPにおいて View、ctpファイルでコメントを記述する方法を解説。

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説

CakePHP3のバージョンを指定してインストールする方法を詳細解説。CakePHP3のインストールはComposerを使うため設定もほぼ自動で完了。データベースの接続情報を記載すればアプリ開発のベースが整う。

CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数

CakePHP3で特定フォルダのパスの定数を解説。root、DocumentRoot、app、config、webroot、tests、tmp、cache、vendor、コア、コアの srcが設定済み。realpath()関数を使うと柔軟なパス指定が可能。

CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1

CakePHP3でファイルをアップロードする処理を、php.netにある「エラーを起こさない」と説明がある処理を参考に作成。サンプルソースとその解説付きで、コピペでも動くし、カスタマイズも簡単!

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

CakePHPのアップロードするファイル名を乱数で変更しセキュリティを高める方法を解説。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3のForm Helperの使い方のまとめ

CakePHP3になりフォームヘルパーの使い方も大きく変わりましたので、使い方をまとめました。基本的な使い方からプラスアルファの便利な使い方まで紹介。