エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

      2014/10/04

WordPressのデータベース管理ツール WP-DBMANAGER

 

WP-DBMANAGERをデータベースのバックアップに使う

 
Webサービスを構築し、サービスの運用を始めてみたものの、毎日のデータベースのバックアップや万一の場合にデータベースの復元はどうしようか、と悩んでいる方も多いかと思います。
そんな方々に簡単データベースの定期自動バックアップの方法をお伝えいたします。
 
 
WordPressを入れて、WP-DBMANAGERというプラグインを入れて、このプラグインでデータベースのバックアップをしてもらう、という方法です。
 
 WordPressのプラグインを使う??
 
と思った方もいらっしゃるでしょうけども、このプラグインは WordPressのプラグインでありながら WordPress用に接続するデータベースのテーブルはすべて扱うことができ、しかも、時間を指定して定期的にバックアップを行ってくれる機能も実装しているのです。
 
そのため、データベースをバックアップするプログラムを作ったり、cronの設定を行ったり、といった専門的な知識を求めなくても、管理画面から簡単にデータベースのバックアップが行えるため、非常に便利です。
 
 
このプラグイン WP-DBMANAGERのインストール方法は「WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER」のページを書いていますので、まずそちらを参考にしてください。
とはいえ、WordPressのプラグインですので、WordPressを使ったことがある方は特に苦労なく対応できると思います。レンタルサーバなどですでに WordPressが入っている場合は、プラグインを入れるだけで足りますね。
一部、「.htaccess」を設定する必要はありますので、何か引っかかる場所があればそれくらいでしょうか。
 
 

WP-DBMANAGERの便利な使い方

 
ちなみに、このプラグインをインストールし、「DBオプション」のページで「Save Changes」をクリックすると、デフォルトで定期的にバックアップが始まります。
「DBオプション(DB Options)」で設定ができますが、デフォルトの設定では
 ・毎週 1週間に 1回バックアップ
 ・3日ごとにデータベースの最適化
 ・2週間ごとにデータベースの自動修復
を行うように設定されています。
バックアップ、最適化はデフォルトのままでも問題ないと思いますが、自動修復は OFFでもいいかもしれないですね。
 
また、バックアップは、頻繁にデータを更新する、もしくは、メールフォームからの情報を DBに保存している、といった場合は、1日 1回くらいの頻度に変えた方がいいでしょう。
 
 
この WP-DBMANAGERでバックアップされるファイルは、インストールするときに「.htaccess」を入れる場所である「/{ワードプレスをインストールした場所}/wp-content/backup-db/」に保存されます。
このファイルは SQL文で作られていますので、このバックアップファイルを使って phpMyAdminから復元するという手続きを取ることも可能です。(もちろん、一部の SQLだけを取り出すことも可能です。)
 
そのため、復元(リストア)する場合は、使い慣れた phpMyAdminで実行するとしても、WP-DBMANAGERは、定期的にバックアップを取ってくれる便利なツール、として使うだけでも十分に利用価値はあるでしょう。
 
 
サイトの開発を行っている企業がお客さんに納品するためのものとして利用するにはやや格好が悪いですが、コストを抑えるためのツールとして提案する場合や、そもそも、個人で使う場合、自社のサイト運営のためのツールとして使う場合としてはこれで十分なのではないかと感じます。
 
ちなみに、バックアップするファイルの世代数なども設定することができ、サーバの容量を圧迫することを気にすることもありませんので気軽に利用できるところもいいですね。
 
 

2014.07.03 追記

 
WP-DBMANAGERは、データベースの管理プラグインですが、バックアップをメインの目的に考える場合は、「BackWPup」というバックアッププラグインとしてはメジャーなプラグインがありますので、そちらも参考にしてみてください。
BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ」にどこよりも詳しく 9記事にわたって書きました。その中には簡単に設定する記事もありますので、参考にしてみてください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPress管理画面のメニューに項目を追加する方法解説

WordPressの管理画面のメニューに項目を追加する方法をサンプルソースを交えて解説します。

WordPressのインストール方法・セキュリティ重視 3つのポイント

WordPressのインストールをセキュリティ重視の視点から3つのポイントの解説と設定方法です。

技術ブログの悲劇。複数ブログをWordPressに引越して分かったこと

ブログによってユーザ層が違う。ユーザ層が違えば検索エンジンやブラウザ等が違うため、まずアクセス解析をやってみることが大事。一つの分析方法を紹介。

WP Customer ReviewsでWordPressにオリジナルの口コミサイトを構築

口コミサイトを構築するためのプラグイン。独自フォームによるレビュー、評価点を投稿でき、入力項目の追加もできます。

WordPress 任意のファイルを読み込むショートコードの処理

投稿ページにショートコードを利用して任意のファイルを読み込む処理の解説です。

Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた

Advanced Custom Fieldsに用意されている関数を全て調べてみた。よく使うget_field、the_field以外にも多くの関数が用意されていて、フォームを作成することも可能。

WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も
WordPressで指定カテゴリにnoindexをプラグインなしで設定。特定の記事は外す処理も

指定したカテゴリのみnoindexをプラグインなしで設定する関数を解説。指定したカテゴリの中でも指定した記事はnoindex設定しないオプションを装備。その処理とnoindexを設定すべき理由を解説。

Advanced Custom Fieldsのカスタムフィールドの登録上限が max_input_varsに影響する問題の対処方法

Advanced custom Fieldsには登録できるフィールド数に上限があります。php.iniのmax_input_varsによる制限ですが、フィールドグループを分割することで解決できます。

WordPressのカテゴリやタクソノミーにカスタムフィールド項目を追加する方法

WordPressのカテゴリやタクソノミーに編集する項目を追加する方法の解説。Advanced Custom Fieldsを使うと簡単。テンプレートに記述する方法も解説。

Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・繰り返しフィールドの使い方解説

Advanced Custom Fieldsのアドオン・繰り返しフィールドについて解説。繰り返しフィールドは投稿者が入力フィールドを追加しながら情報を入力できるフィールドを提供。