エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER

      2014/10/04

WordPressのデータベース管理ツール WP-DBMANAGER

 

WP-DBMANAGERの機能

 
WordPressを運用する際にデータベースのバックアップ、最適化、データベースの復元や、データの確認のための SQLの実行などを行う際に便利に使えるプラグイン、WP-DBMANAGERの紹介です。
 
 
この WP-DBMANAGERには、以下の機能があります。
 ・データベースの情報一覧表示
 ・データベースのバックアップ
 ・ファイルからの SQLの操作
 ・DBの最適化
 ・データベースの復元
 ・テーブル・データの削除(TRUNCATE TABLE、DROP TABLE)
 ・SQLクリエの実行
 
WordPressを運用する上で必要となる データベース関連の機能はそろっているように思います。
 
画面もシンプルで、日本語化のプラグインを利用するとメニューや説明も日本語になりますので、便利に使えると思います。
 
インストールの方法については、下記のページに詳しく載っていますので、こちらを参考にすると簡単にインストールできます。
また、日本語化するためのパッチの説明もありますので、運営が楽になるでしょう。
 http://wp-exp.com/blog/wp-dbmanager/
 
 
ただ、このプラグインですが、エンジニアの方が phpMyAdminが入っているサーバで WordPressを運用している場合はわざわざこのプラグインを入れる必要性を感じる場面は低いであろうと思うのも事実です。
WP-DBMANAGERでできることは、phpMyAdminでもできてしまいますので。
 
さらには、このプラグインをインストールするということは、それなりにデータベースに対する知識がある方だとも思いますので、その場合はやはり phpMyAdminを利用するんじゃないかな、と思えてしまうです。
何らかの事情で phpMyAdminを使えない、という場面に限られるでしょう。
 
また、SQLクリエは、INSERTや UPDATEなどには使えますが、どのようなデータが登録されているか、といった確認のために SELECTを実行してみましたが、利用できませんでした。
注意文に「INSERT, UPDATE, REPLACE, DELETE, CREATE,ALTER のステートメントに対して使用のこと」と書いてあるように、それでしか使えないようでした。残念...
 
 

WP-DBMANAGERを自動バックアップに使う

 
と、プラグインとしては非常に完成度が高いもののの、若干後ろ向きなコメントが増えてしまっていますが、phpMyAdminが入っているサーバで WordPressを運用している場合でも WP-DBMANAGERを入れた方がいい場面があります。
それは、
 
 データベースを定期的にバックアップしたい場合です。
 
WP-DBMANAGERには、自動的にデータベースをバックアップしてくれる機能があり、しかも、WordPressで利用するテーブルだけではなく、データベース全体のテーブルのバックアップをしてくれますので、WordPressとは関係ない自作のプログラムやそれ以外の CMSなども含めて一括してバックアップを取ってくれますので非常に便利です。
 
詳しくは「WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ」に書きましたのでこちらをご覧ください。
 
 

2014.07.03 追記

 
WP-DBMANAGERは、データベースの管理プラグインですが、バックアップをメインの目的に考える場合は、「BackWPup」というバックアッププラグインとしてはメジャーなプラグインがありますので、そちらも参考にしてみてください。
BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ」にどこよりも詳しく 9記事にわたって書きました。その中には簡単に設定する記事もありますので、参考にしてみてください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

FC2からWordPressに引越。インストールなど必要な全てを解説

FC2からWordPressへの引越し解説。内容は引越しメインではなくこれからWordPressでブログを構築する方向けのブログ構築の解説記事です。

BJ Lazy LoadでWordPressを高速化!SEO効果絶大でPVもアップ!

Lazy Load系の処理を使い画像だけでなくiframe等表示スピードに影響があるものを総合的に対策。入れるだけで高速化するので使わない手はない!

WordPressの投稿プレビューのURLを変更する方法

プレビューを表示する際のURLを変更する方法の解説。「サイトアドレス (URL)」に基づいて編集されるURLを任意のURLに変更する場合の方法とその解説を行います。

WordPressの一覧ページのテンプレートの種類とファイルの設定

ファイル名に従って一覧ページのテンプレートは選択される。ルールに従ってファイル名を付けることで任意のカテゴリ、タクソノミーごとのテンプレートを指定可能。

WordPressで ¥円マークが \ バックスラッシュになる原因と対処方法

円マークがバックスラッシュに変換される。その原因と対処方法を解説します。原因はCSSでのフォント指定に欧文フォントも含まれるため欧文フォントで表示されること。

カスタムタクソノミーのターム一覧をウィジェットにショートコードで編集

カスタムタクソノミーに属するターム(カテゴリ)の一覧を wp_list_categories()関数+ショートコードでウィジェットに編集するサンプルプログラムです。

BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ

BackWPupその1。BackWPupとWordPressのバックアップについての解説。

Throws SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

コメントスパム対策の決定版ともいうべきプラグイン。簡単な設定で自動的にスパムコメントを削除してくれるので煩わしい作業はゼロに。細かな設定も可能。

アクセス5倍増!FC2、seesaaからWordPressに引越結果をレポート

FC2、seesaaからWordPressに引越しでアクセス数がどう変わるかのレポート。canonical、meta refresh設定とWordPressの集客力の検証しています。

WordPressのウィジェットでショートコードを使う方法add_filter

WordPressのウィジェットでショートコードを利用するには add_filter、do_shortcodeの関数を利用する必要があります。