エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER

      2014/10/04

WordPressのデータベース管理ツール WP-DBMANAGER

 

WP-DBMANAGERの機能

 
WordPressを運用する際にデータベースのバックアップ、最適化、データベースの復元や、データの確認のための SQLの実行などを行う際に便利に使えるプラグイン、WP-DBMANAGERの紹介です。
 
 
この WP-DBMANAGERには、以下の機能があります。
 ・データベースの情報一覧表示
 ・データベースのバックアップ
 ・ファイルからの SQLの操作
 ・DBの最適化
 ・データベースの復元
 ・テーブル・データの削除(TRUNCATE TABLE、DROP TABLE)
 ・SQLクリエの実行
 
WordPressを運用する上で必要となる データベース関連の機能はそろっているように思います。
 
画面もシンプルで、日本語化のプラグインを利用するとメニューや説明も日本語になりますので、便利に使えると思います。
 
インストールの方法については、下記のページに詳しく載っていますので、こちらを参考にすると簡単にインストールできます。
また、日本語化するためのパッチの説明もありますので、運営が楽になるでしょう。
 http://wp-exp.com/blog/wp-dbmanager/
 
 
ただ、このプラグインですが、エンジニアの方が phpMyAdminが入っているサーバで WordPressを運用している場合はわざわざこのプラグインを入れる必要性を感じる場面は低いであろうと思うのも事実です。
WP-DBMANAGERでできることは、phpMyAdminでもできてしまいますので。
 
さらには、このプラグインをインストールするということは、それなりにデータベースに対する知識がある方だとも思いますので、その場合はやはり phpMyAdminを利用するんじゃないかな、と思えてしまうです。
何らかの事情で phpMyAdminを使えない、という場面に限られるでしょう。
 
また、SQLクリエは、INSERTや UPDATEなどには使えますが、どのようなデータが登録されているか、といった確認のために SELECTを実行してみましたが、利用できませんでした。
注意文に「INSERT, UPDATE, REPLACE, DELETE, CREATE,ALTER のステートメントに対して使用のこと」と書いてあるように、それでしか使えないようでした。残念...
 
 

WP-DBMANAGERを自動バックアップに使う

 
と、プラグインとしては非常に完成度が高いもののの、若干後ろ向きなコメントが増えてしまっていますが、phpMyAdminが入っているサーバで WordPressを運用している場合でも WP-DBMANAGERを入れた方がいい場面があります。
それは、
 
 データベースを定期的にバックアップしたい場合です。
 
WP-DBMANAGERには、自動的にデータベースをバックアップしてくれる機能があり、しかも、WordPressで利用するテーブルだけではなく、データベース全体のテーブルのバックアップをしてくれますので、WordPressとは関係ない自作のプログラムやそれ以外の CMSなども含めて一括してバックアップを取ってくれますので非常に便利です。
 
詳しくは「WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ」に書きましたのでこちらをご覧ください。
 
 

2014.07.03 追記

 
WP-DBMANAGERは、データベースの管理プラグインですが、バックアップをメインの目的に考える場合は、「BackWPup」というバックアッププラグインとしてはメジャーなプラグインがありますので、そちらも参考にしてみてください。
BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ」にどこよりも詳しく 9記事にわたって書きました。その中には簡単に設定する記事もありますので、参考にしてみてください。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Advanced custom Fieldsのフィールドグループを簡単に複製する方法

Advanced custom Fieldsのフィールドグループの複製の方法の解説。XMLのExport、インポートする機能を利用して複製します。

WordPress投稿にPHPを記述するショートコードの使い方add_shortcode

WordPressの投稿ページで PHPの処理を行うには add_shortcode関数を使ったショートコードという機能を利用します。

XAMPPのWordPressの更新でFatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceededのエラーが発生して失敗する場合の対処方法

XAMPP環境のWordPressアップデート時に「Maximum execution time of 30 seconds exceeded」のエラーが出る。「max_execution_time」を変更して解決する方法の解説。

Lazy LoadでWordPressの高速化!SEO効果絶大!PVもアップ!

Lazy Loadは、画像を最初にまとめて読み込むことで発生するスピードの遅延を防ぎ、必要な画像から順番に読み込むことでページの表示スピードを向上させるプラグインです。

WP Basic AuthなどWordPressにBasic認証を設定するプラグインのまとめ

WordPressにBasic認証を設定する方法のまとめ。プラグインを使う方法と.htaccessで設定する方法を紹介。公開側、ログインページをそれぞれ設定できます。

WordPress管理画面のメニューに項目を追加する方法解説

WordPressの管理画面のメニューに項目を追加する方法をサンプルソースを交えて解説します。

Custom Post Type UIでカスタム投稿を設定し編集する方法解説

カスタム投稿を追加、管理するプラグインCustom Post Type UIの使い方の解説です。プラグインの解説ではあるものの、カスタム投稿の仕様の解説でもあります。

WordPressプラグインの3つのインストール方法解説

プラグインのインストール方法の特徴とおススメの方法を理由を含めて解説していきます。

WordPressのログイン画面 URLを変更する 管理画面に Basic認証を設定する

ログインURLは誰でも知っています。そのまま使うとリスクが高まりますのでログインURLを変更し Basic認証で二重チェックをする方法を解説。

WordPressのPing・更新情報サービス設定方法とPingサーバ

WordPressのPing機能、更新情報サービスの設定方法の解説と Pingサーバのリストを提供しています。