エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


AddQuicktagを使って WordPressの投稿を楽にする

      2014/10/05

AddQuicktagを使って投稿を行う

 

AddQuicktagって何?

 
WordPressの入力画面にオリジナルのタグボタンを追加し、クリック一つでタグを編集できるようにするプラグインです。
 
投稿や固定ページの入力画面の情報にある「b」「i」などのボタンはあらかじめ決まっていますが、AddQuicktagを使うことで「h2」「h3」などのタグが追加で欲しいなぁ、という要望をかなえてくれます。
また、タグの追加だけではなく、よく使うキーワードを登録しておけばボタン一つで編集することもできるようになります。
 
また、このツールは、設定情報をエクスポート、インポートができるようになっていますので、一度設定をしてしまえば、違う WordPressに引っ越しをするときにそのままの情報を移すことができたり、ほかの方に設定情報を渡すこともできます。
 
 

AddQuicktagのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

AddQuicktagの設定方法 Ver:2.2.2

 
AddQuicktagは、結構な頻度でバージョンアップしているようで、しかも、管理画面の項目も増えていっているようで、現在のバージョン(Ver:2.2.2)での項目の説明が分かるサイトがあまりなかったためにこの記事を書きました。
 
設定画面へは「設定」-「AddQuicktag」で行けます。
 
20140117_wp_1
 
ボタン名:入力画面のボタンの名称として表示される名前
ラベル名:上記のボタンにマウスオーバーした時に表示されるテキスト。分かりやすい説明などを入力するといいかも。
開始タグ:ボタンを押したときに編集される開始タグ。「<h2>」とか。
終了タグ:ボタンを押したときに編集される終了タグ。「</h2>」とか。
アクセスキー:いわゆるショートカットキー(下記に追記あり。)
順番:表示されるボタンの順番を決める数値。途中で入れ替える可能性を考えると、10、20、30といった感じで入力しておく方が便利かも。
ビジュアルエディター:ビジュアルエディタ側にもボタンを表示するかどうか
post:投稿記事の入力画面に表示させるかどうか
page:固定ページの入力画面に表示させるかどうか
comment:コメント欄の入力画面に表示させるかどうか
edit-comments:コメントの編集画面の入力画面に表示させるかどうか
:上記 5つのチェックボックスに一斉にチェックを入れる、外すの処理
 
 
アクセスキーについては、あまり明確に書かれている記事がなく、設定の方法、使い方はよく分かりませんでしたが、アクセスキーとはショートカットキーのようです。
ショートカットキーについては理解できましたが、どう設定するのかまでは分かりませんでした。
 http://web-marketing.zako.org/blog/wordpress-keyboard-shortcuts.html
 
 
WordPressの投稿を楽にするプラグインです。
デフォルトの投稿画面では、利用できるタグはあらかじめ決まっていますが、そのタグを追加するプラグインです。
詳しくは、下記に書きましたので参考にしてください。
 
 

AddQuicktagの使い方

 
タグを編集したいところにカーソルを合わせ、ボタンをクリックすることで「開始タグ」が編集されます。
また、カーソルを移動させてもう一度ボタンをクリックすることで「終了タグ」が編集されます。
(ボタンを押すと「開始タグ」「終了タグ」が交互に編集されます。)
 
また、もう一つの使い方は、タグで囲みたいテキストを選択した状態でボタンをクリックすると、選択していたテキストの前に「開始タグ」、後ろに「終了タグ」が編集されます。
 
 

登録しておいた方がよさそうなタグの例

 
このプラグインを使うのに、どういうタグを登録しておけば?という方もいらっしゃるでしょう。
そこで、こんなタグはどうでしょうか?というアドバイスです。
 
先にも書きましたが、「<h2>~</h2>」「<h3>~</h3>」といったタグは、SEOを考えるうえで非常に重要なタグになりますので、あらかじめ登録しておくといいでしょう。
 
また、divタグによく使う classを設定したものを登録しておくのもいいでしょう。「<div class=”light”>~</div>」など。
 
このサイトでは、プログラムなどのソースコードをきれいに見せるために「Crayon Syntax Highlighter」というプラグインを使っていますが、それを指定するためのタグ「[php mark=””]~[/php]」などを登録しておくといいでしょう。
(「mark=””」のダブルクオーテーションの中身がなくても特にエラーにはなりませんので、そこまで書いておく方が便利でしょう。)
 
「Crayon Syntax Highlighter」についての記事は「WordPressのCrayon Syntax Highlighterの使い方」に記事を書いています。
 
 
逆に、こんなのも登録しておくと便利ですよ!というものがあれば、ぜひぜひ教えてください!!
 
 

実は私は使っていない...

 
これだけ説明しておきながら、実は私はこのプラグインをあまり使っていないんです。
私はテキストファイルに記事を書き溜めており、それをコピペで投稿していますのでこのプラグインの使いどころがなかったんです...

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

wp_mail()関数でWordPressのスパム対策済のメールフォーム作成

WordPressでメール送信フォームを作成するための関数「wp_mail()」の使い方の解説。CC、BCC、添付ファイルも HTMLメールも設定可能。

技術ブログの悲劇。複数ブログをWordPressに引越して分かったこと

ブログによってユーザ層が違う。ユーザ層が違えば検索エンジンやブラウザ等が違うため、まずアクセス解析をやってみることが大事。一つの分析方法を紹介。

Never Let Me Goで会員制サイトの退会機能を実装

会員制サイトで退会する機能を提供するプラグインの設定方法の解説。Theme My Loginなどの会員登録のプラグインと組み合わせて利用します。

WordPressのカスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーとは?

WordPressのカスタムフィールド、カスタム投稿、カスタムタクソノミーの基本的な内容を解説。お薦めのプラグインと編集方法も解説しサンプルソースなども紹介。

WordPressのインストール方法・セキュリティ重視 3つのポイント

WordPressのインストールをセキュリティ重視の視点から3つのポイントの解説と設定方法です。

BackWPupでバックアップ・データベース保存の自動設定例

BackWPupその8。DBを毎日1回バックアップする具体的事例での説明です。

Edit Author Slugで WordPressの不正ログイン・不正アクセスを回避

WordPressのセキュリティ強化に Edit Author Slugを使う理由と設定方法の解説をしています。

WordPressグローバルナビ・メニューの編集の方法解説

グローバルナビであるメニューの編集方法の解説です。メニューの管理画面の使い方の解説と設定のポイント、テーマによって設定する項目が違う点などを解説します。

WordPressのバージョンアップをしたら「the_content」でコンテンツが表示されなくなった

「the_content」でコンテンツが表示されないのは仕様が変更されたためでプログラムの修正が必要です。

カスタムフィールドの検索処理をget_posts()関数のmeta_queryで作成しそれを解説

カスタムフィールドを条件検索・抽出する機能開発の解説。サンプルソースをコピペすればOK。詳細解説もあるのでカスタマイズもできる!