エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressの Link Managerでブックマーク(リンク)の管理を行う

      2017/03/11

Link Managerでブックマーク(リンク)の管理を行う

 

Link Managerとは?

 
WordPressのウィジェットで管理をするサイドバー(サイドナビ)の中に編集をするブックマーク(リンク)の管理を行うプラグインです。
 
20140310_wp_01
 
このプラグイン「Link Manager」は、バージョン 3.5より古いバージョンまではデフォルトで付いている機能でしたが、3.5にバージョンアップする際に機能が削除され、利用する場合はプラグイン「Link Manager」をインストールして使うことになりましたので注意が必要です。
 
ただ、プラグイン化されてはいるものの、インターフェイスや機能は以前のものと変わりませんのでご安心ください。
 
 

Link Managerのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 


 

Link Managerのリンク設定

 
「Link Manager」をインストールすると、左側のナビゲーションに「リンク」が追加されます。
 
20140310_wp_02
 
「すべてのリンク」をクリックするとリンクの一覧が表示され、「新規追加」をクリックすると入力画面へ遷移します。
 
20140310_wp_03
 
名前:表示されるテキストを入力します。入力がない場合は、「ウェブアドレス」が編集されます。
 
ウェブアドレス:リンク先を入力します。入力がない場合は、エラーは表示されませんが保存もされません。
 
説明:入力エリアの下記に説明がある通り、リンクをマウスオーバーしたときに表示されるテキストです。必須ではありません。表示項目にすることもできます。
 
カテゴリー:リンクをカテゴリ分けして表示することができます。ここではそのためのカテゴリを設定し、選択します。ここのカテゴリは、投稿のカテゴリとは全く別物として処理されます。
 
リンクターゲット:選択肢にある通り、aタグの targetで指定する値を選択します。
 
自分とリンク先の関係/間柄(XFN):リンク先のサイトの著者・製作者とリンク元のサイトの著者・製作者との間柄を設定することができます。
それによって、検索エンジンや SNSなどがその関係を理解して適切な対応をしてくれます。
ただ、具体的にどんな対応をしてくれるのかは分かりません。また、特に指定しなくても何の問題もありません。 
※XFNについては、下記のサイトが参考になります。
 http://wpdocs.sourceforge.jp/XFN%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9
 
詳細・画像アドレス:リンクのところにバナー画像などを置きたい場合に記載します。
 
詳細・RSSアドレス:RSSの URLを編集します。
 
詳細・メモ:メモです。表示されませんので覚書の項目として利用します。
 
詳細・評価:リンク先のサイトをどのように評価をしているかを設定します。表示する際に表示項目として利用することもできます。また、表示させずにソートキーとして利用することもできます。
 
 

Link Managerのリンクをウィジェットに設定

 
上記画面でリンクの設定を行ったリンクの情報を表示するウィジェットの設定を行います。
 
ウィジェットの設定に関して確認したい場合は「WordPressのサイドバー(サイドナビ)はウィジェットで編集」を参照してください。
 
 
20140310_wp_04
 
ウィジェットの「リンク(リンクを表示 )」を表示させるウィジェットエリアにドラッグ&ドロップすると上記の設定画面が表示されます。
 
ここの入力画面も基本的に難しい内容はないでしょう。
 
リンクカテゴリーの選択:表示するリンクカテゴリを選択します。リンクカテゴリを設定していない場合は、「すべてのリンク」しかありません。
 
並び順:並び順を指定します。リンクの設定で「評価」を入力し、この並び順で「リンク評価」を選択することで任意の並び順を実現することができます。ただし、10件をこえる場合は「評価」だけでは並び替えきれません。同じ評価の中では「リンクID(表示されません)」順に並びます。
 
リンクの画像を表示」「リンクの名前を表示」「リンクの説明を表示」「リンクの評価を表示」は表示する項目を選定することができます。
 
表示するリンクの数:表示する件数を設定できます。
 
各設定を行い、「保存」をクリックすると公開ページにリンクが表示されます。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Custom Post Type UIでカスタム投稿を設定し編集する方法解説

カスタム投稿を追加、管理するプラグインCustom Post Type UIの使い方の解説です。プラグインの解説ではあるものの、カスタム投稿の仕様の解説でもあります。

WP Multibyte PatchでWordPressの管理画面のイタリック体を解消

管理画面の一部の文字がイタリック(斜体)になっているのはプラグイン「WP Multibyte Patch」が有効になっていないためです。日本語を使うには必ず有効化しましょう。

Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた

Advanced Custom Fieldsに用意されている関数を全て調べてみた。よく使うget_field、the_field以外にも多くの関数が用意されていて、フォームを作成することも可能。

WordPressの functions.phpがある場所

WordPressのカスタマイズには大切な functions.phpですが、最初はその場所がどこなのか分かりませんのでその説明をしています。

BackWPupでバックアップ・設定したJobの実行、ファイル一覧

BackWPupその4。バックアップ設定した Jobを実行する方法、ログの一覧、保存されたファイル一覧の解説です。

WordPressの投稿データ(記事データ)の管理方法

投稿の登録の方法、投稿データの管理方法の解説。MetaManagerなどのプラグインを入れた場合の入力ボックスを表示させる方法についても解説します。

WordPressの 外観のテーマのための関数の並び順

WordPressのカスタマイズの際にテーマのテンプレートを編集しますが、そのテーマファイルの並び順の解説です。

highlight.jsの設定方法を解説。 Syntax Highlighterから乗換え、高速化にも最適

Crayon Syntax Highlighterの代替案としてhighlight.jsを試してみた。highlight.jsは設置簡単で軽量なシンタックスハイライト。デザインもCSS変更だけの簡単変更。

Broken Link Checkerのリンク生死チェックでサイトの品質向上!SEO対策!

Broken Link Checkerは記事内のリンクのリンク切れチェックをし自動的にリンク切れの対処をします。リンク切れは一覧表示されますので手動での処置も可能です。

XAMPP環境で WP-DBMANAGERでの復元でDBが壊れる

XAMPP環境で WordPressの WP-DBMANAGERを利用して DBの復元をしたら DBが壊れた。