エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPress・Contact Form7、MW WP Form共通 細かなデザイン調整方法

      2014/08/10

Contact Form7、MW WP Form共通 デザイン調整方法

 

ラジオボタン、チェックボックスの並びの調整

 
WordPressでお問い合わせフォームと言えば!「Contact Form7」と言われるほどメジャーな存在ですが、「MW WP Form」というフォームもありますよ、という記事を書きました。(「WordPressのおすすめの確認画面付きお問い合わせフォームプラグイン・MW WP Form」参照)
 
2014.02.24 追記
WordPressの確認画面付フォーム MW WP Form詳細解説」にもMW WP Formの詳細解説ページを作成しましたので、合わせてご覧ください。
 
 
2014.06.07 追記
Contact Form 7使い方の詳細解説については「Contact Form 7使い方詳細解説・WordPressメールフォーム」に書いていますので、そちらを参照してください。
 
 
ですが、細かなデザインをするうえで、ラジオボタンやチェックボックスの処理が結構わからずに困ってしまっていました。
 
今日は、その方法の紹介です!
基本的には、ContactForm7の記述方法で記述していますが、同じやり方が MW WP Formでも使えますので、同様に試してみてください。
 
 
ラジオボタンを例にとってみましょう。
通常、ラジオボタンは、下記の様に設定します。
 
—————————-
<p>らじお<br />
[radio radio-315 “あああ” “いいい” “ううう”] </p>
—————————-
 
この場合、↓このように表示されます。
 
—————————-
20131207_wordpress_1
—————————-
 
ですが、実は一つの「[radio …..]」の中にすべての項目を入れてしまう必要はないのです。(知ってる人は知っていると思いますし、いろいろ試す方は同じように試すと思いますが...)
 
IDさえ同じものを設定してあれば、それは一つのラジオボタンとして認識してくれます。
そのため、縦に並べたければ、下記の様に記述します。
—————————-
<p>らじお<br />
[radio radio-315 “あああ”]<br/>
[radio radio-315 “いいい”]<br/>
[radio radio-315 “ううう”]</p>
—————————-
 
2014.08.10追記
コメントに質問があり、上記の説明が分かりにくいため追記します。
上記に「IDさえ同じものを設定してあれば」と書いていますが、Contact From 7では下記の画像ように「名前」の値を同じものに設定します。
20131207_wordpress_4
 
MW WP Formでは、下記のように「name」の値を同じものを設定します。
—————————-
<p>ラジオボタン<br>
[mwform_radio name=”radio” children=”あああ”]<br>
[mwform_radio name=”radio” children=”いいい”]<br>
[mwform_radio name=”radio” children=”ううう”]</p>
—————————-
 
 
その設定を行うと、↓このように表示されます。
 
—————————-
20131207_wordpress_2
—————————-
 
項目と項目の間に全角スペースを入れて調整する方法もできます。
—————————-
<p>らじお<br />
[radio radio-315 “あああ”]__[radio radio-315 “いいい”]__[radio radio-315 “ううう”] </p>
—————————-
※上記は「__」で記述していますがそこに全角スペースなどを入れて調整すればいいかと思います。
 
この場合、↓このように表示されます。
 
—————————-
20131207_wordpress_3
—————————-
 
ここでは簡易的な調整方法をご紹介していますので、スペースを入れるといった手抜きな調整方法を取っていますが、項目ごとに分割する方法さえわかれば、あとは divタグなどを入れて cssで本格的に設定をすることもできるでしょう。
 
大した話ではないんですけども、これに気づくまでに結構時間がかかってしまったので、同じように悩んでいる方がいれば、と思って書いてみました。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. 通りすがり より:

    はじめまして。
    同じやり方が MW WP Formでも使えますとありますが、IDを一致させればいいのでしょうか。
    試してみましたがうまくいきません。
    分離ができるとかなり便利なのですが・・・

  2. 通りすがり より:

    連続して申し訳ありません。
    うまくいきました。
    MW WP Formではidではなく、nameを一致させればいいようですね。
    お騒がせしました。

  3. エス技研 より:

    「通りすがり」さん、コメントありがとうございます。
    ご連絡の件、記事を改めて読みましたが、確かに分かりにくいですね。
    分かりにくいと思いましたので、記事を追記させていただきました。

  4. Jさん より:

    Contact Form7、MW WP Form共に、ラジオボタンを画像にして選択させるようなことってできませんでしょうか?知恵をお貸し下さい。

    • エス技研 より:

      Jさん、コメントありがとうございます。
      ラジオボタン項目の設定として class、idの設定をすることが出来ますので、それを利用してテキストを画像に置き換える処理を組んでみてはいかがでしょうか?
      CSS、JavaScriptの設定はあまり詳しくはないので、具体的な方法は分かりかねますが...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの記事編集で文字が自動変換される要注意な文字列

記事を編集する際、入力した文字とは違う表示のされ方をする文字、アポストロフィ、ダブルクォート、円マーク、三点リーダ(…)など、その解説と対応方法です。

seesaaからWordPressに引越。インストールなど必要な全てを解説

seesaaブログからWordPressへの引越し解説。他のブログにはないseesaaブログからcanonicalとリダイレクトの設定方法を実装!

BJ Lazy LoadでWordPressを高速化!SEO効果絶大でPVもアップ!

Lazy Load系の処理を使い画像だけでなくiframe等表示スピードに影響があるものを総合的に対策。入れるだけで高速化するので使わない手はない!

MW WP Formの使い方詳細解説・WordPressの確認画面付フォーム

WordPressの確認画面付お問い合わせフォームプラグイン「MW WP Form」の詳細解説をしています。

wp_mail()関数でWordPressのスパム対策済のメールフォーム作成

WordPressでメール送信フォームを作成するための関数「wp_mail()」の使い方の解説。CC、BCC、添付ファイルも HTMLメールも設定可能。

Theme My Loginでメール認証、管理者承認付の会員管理・基本編

会員管理をするプラグインTheme My Loginの解説。メール認証、管理者認証、reCAPTCHAによるいたずら登録を防止し、ログイン攻撃対応のセキュリティも備わっている。

自サイト内のリンクをショートコードで指定する・アンカーリンク対応版

自サイト内の記事にショートコードで自動リンクを設定する関数のソースコードを提供。Post ID、slugで指定でき、アンカーリンクを設定する場合も対応。

WordPressの Link Managerでブックマーク(リンク)の管理を行う

ウィジェットのブックマーク(リンク)はプラグイン化された「Link Manager」を使って設定します。その使い方の解説です。

Search RegexでWordPress投稿の文字列を検索・置換する使い方解説

WordPressの投稿テキストを検索、置換するプラグイン Search Regexの使い方の詳細解説です。

Advanced custom Fieldsのフィールドグループを簡単に複製する方法

Advanced custom Fieldsのフィールドグループの複製の方法の解説。XMLのExport、インポートする機能を利用して複製します。