エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Smart Update PingerでWordPressのPing・更新情報サービスを拡張する

      2014/06/02

WordPressの Ping・更新情報サービスと Smart Update Pinger

 

Smart Update Pingerとは?

 
Smart Update Pingerは、記事を投稿した際に実行される Pingの機能・更新情報サービスを改善させるプラグインです。
 
WordPressの Ping機能・更新情報サービスについては「WordPressのPing・更新情報サービス設定方法とPingサーバ」に詳しく書いていますので合わせて参照してください。
 
 
上記の記事にも書いていますが、WordPressの Ping機能には下記のような問題が存在します。
 
1.記事を新規公開した時だけではなく、更新した時も Pingを送信する
2.Pingの送信リストに重複があった場合は Pingも重複送信する
3.Ping送信済みの一覧がなく、送信の成功、失敗のログが残らない
4.セルフ Ping(内部リンクに対しての自サイトへの Ping)も送信する
 
 
そして、Smart Update Pingerは上記の問題点を解決してくれるプラグインです。
 
つまり、下記の機能を提供してくれます。
・Pingを送信するのを新規登録の時だけにする
・Pingの送信ログを出力してくれる
 
送信リストに重複があった場合にどうなるかは分かりませんが、新規登録時のみに Ping送信するのであれば、たとえ 2つ、3つ程度の重複であればスパム扱いされることはないでしょう。
 
※上記の記事でも書いていますが、この記事では正式名称の「更新情報サービス」ではなく「Ping機能」の名称を使って説明をしていきます。
 
 

Smart Update Pingerの設定の仕方

 
通常は、ここで Smart Update Pingerのインストールの仕方、設定の仕方を説明するのですが、Smart Update Pingerには問題があると判断しましたので、設定の仕方などは解説いたしません。
 
 

Smart Update Pingerの問題点

 
・WordPressオフィシャルサイトに登録されていない
・Smart Update Pingerのオリジナルサイトがすでにない
・Smart Update Pingerが最後に更新されて数年経っている
・環境によってインストールできない
 
 
最初の 3つの項目はほぼ同じ意味です。
 
Smart Update Pingerは、最後に更新されて 5年と言わない月日が経っています。
そして、Smart Update Pingerを作成した方が立ち上げたオフィシャルサイトは既に無くなっており、WordPressプラグインの公式ダウンロードサイトからも削除されていいます。
 
つまり、それは既に作成した方も提供を終了させており、サポートもすでに終了しているということです。
それは、誰もサポートをしていないということであり、インストールして動いたから使ってみる、というのは「WindowsXPのサポートは切れたけどもまだ動くからそのまま使う」と言っていることと同じようなことになるのです。
 
セキュリティの問題を始め、何か問題があったとしてもそれを修正してくれる方はもういない、ということなので、使っている方は今すぐ使うのを止めましょう。
 
 
また、私のローカル環境である XAMPP環境にインストールをしてみましたが、下記のような画面になり、うまく動作させることができませんでした。
 
20140528_wp_01
 
インストールした環境としては、↓こんな感じです。
   ■ OS:Windows7
   ■ XAMPP:3.1.0
   ■ PHP:5.4.7
   ■ MySQL:5.5.27
 
  ※この不具合が起こった場合の対処方法は
    「Smart Update PingerでWordPressにログイン不能
   で情報提供していますので、そちらをご覧ください。
 
 
では、どうするか。
 
 ・Ping機能の拡張プラグインを使うのを終了する
 ・Smart Update Pingerと同様な機能を提供しているプラグインを探す
 
後者の違うプラグインを探すを選択する方は、Smart Update Pingerと同じような機能を提供しているプラグインに「WordPress ping Optimizer」というものがありますので、そちらを使うといいでしょう。
 
そちらの使い方については、いずれ記事にしようと思っていますので、今しばらくお待ちください。
 
 

WordPressの Ping機能・更新情報サービスにはプラグイン不要なのではないか?

 
ただ、個人的には Pingの機能拡張のためのプラグインは必要ないのではないか、と考えています。
 
WordPressのPing・更新情報サービス設定方法とPingサーバ」で WordPressの Ping機能・更新情報サービスについて記述していますが、その最後に「WordPressの Ping機能の問題点に対する個人的な見解」として、使わなくていいのではないか、と思う見解を詳しく書いています。
 
WordPressの Ping機能はすでに十分で問題ないレベルの機能を備えているため、プラグインで何か機能を拡張することは必要ない、というのが私の見解です。
 
 
あくまでも自己判断にはなってしまいますので、万に一つでもスパム扱いされる可能性があるなら...と「WordPress ping Optimizer」を使うのもいいと思います。
 
Pingの送信履歴を見たいから「WordPress ping Optimizer」を使う、というのもいいと思います。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの管理画面ログインURLの変更方法解説

管理画面のログインURLの変更は極めて有効なセキュリティ向上の方法ですので、その解説を行います。

WP Mail SMTPはPHP5.6、7.0系ではメール送信時にエラーが発生。その対処方法。
WP Mail SMTPはPHP5.6、7.0系ではメール送信時にエラーが発生。その対処方法。

PHPのバージョンを5.6(7系含む)にアップデートしたらプラグイン WP Mail SMTPを利用してSMTPサーバ経由して送信していたメールが送信できなくなった。その原因と対処方法を詳細解説。

Theme My Loginでメール認証、管理者承認付の会員管理・基本編

会員管理をするプラグインTheme My Loginの解説。メール認証、管理者認証、reCAPTCHAによるいたずら登録を防止し、ログイン攻撃対応のセキュリティも備わっている。

Author hReviewでWordPressに構造化されたレビューサイトを構築

レビューサイトを構築するためのプラグイン。レビューの入力とレビュー対象のアイテムの情報を構造化データにするHTMLを編集する機能を提供します。

Meta ManagerでWordPressのキーワード、ディスクリプションを編集

WordPressの基本機能にないキーワード、ディスクリプションを編集するプラグインMeta Managerの解説です。

Theme My Loginの旧バージョン(V6.4.17)のダウンロード場所の紹介
Theme My Loginの旧バージョン(V6.4.17)のダウンロード場所の紹介

Theme My Loginのバージョンアップ(V6.4系→V7.0系)で不具合が発生!問題を解消するには元バージョンにダウングレードだ!そんな時に必要となるV6.4系をダウンロードできるURLを紹介!

WordPressでダブルクォートなどの文字が自動変換?原因と対処方法

ダブルクォート、シングルクォート、HTMLタグなどが自動変換関数によって入力と違う形で表示されます。原因を2つの関数ごとに説明し、対応方法を3パターン提示します。

WordPress csvインポート、エクスポートのプラグイン

WordPressから csvファイルをエクスポート、インポートする方法を紹介しています。

WordPress・Contact Form7、MW WP Form共通 細かなデザイン調整方法

お問い合わせフォームプラグインの Contact Form7、MW WP Formにおけるラジオボタン、チェックボックスなどの見た目を調整する小技を紹介。

FC2からWordPressに引越でcanonicalとmeta refreshで転送設定

FC2からWordPressに引越する際の転送設定はcanonicalとmeta refreshの設定でユーザへもGoogle検索エンジンにも引越し情報を伝えられます。