エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

   

ECCUBEの注文完了画面注文番号にCRITEO(クリテオ)タグを編集

 

ECCUBEの完了画面に注文情報や商品情報を編集する

 
ECCUBEにCRITEO(クリテオ)のタグを編集する機会がありました。
 
商品一覧ページ、商品詳細ページなどはテンプレートファイルの中だけの処理だけで対応が可能だったのですが、完了ページにコンバージョンのタグを編集する方法は少しカスタマイズが必要になりましたので、それを記載しておきます。
 
今回の対応は、ECCUBE 2.12と 2.13で確認をしました。
 
 
ECCUBEの完了画面には、注文番号や商品情報など注文をした情報を引き継ぎません。
そのため、テンプレートファイルだけの対応では想定しているタグを編集することはできませんので、完了画面に遷移する前に、表示する情報(注文情報と、購入した商品の商品ID、単価、数量)を取得し、完了画面に渡す必要があります。
 
そのためにプログラムの変更が必要になります。
 
 

プログラムの改修・LC_Page_Shopping_Complete_Ex.php

 
変更するプログラムの対象は、下記になります。
 /data/class_extends/page_extends/shopping/LC_Page_Shopping_Complete_Ex.php
 
下記の内容をコピペして追加します。
追加する場所は、一番最後で問題ありません。

 
 

テンプレートファイルの改修・complete.tpl

 
完了画面のテンプレートファイルを変更します。
変更する対象となる完了画面のファイルは下記になります。
 /data/Smarty/templates/default/shopping/complete.tpl
 
下記の内容を適当な場所に追加します。
一番最後で問題ありません。

 
 
プログラム側ですでに編集する値を処理していますので、テンプレート側では単純に受け取った値を編集するだけになっています。
 
クリテオでは、商品情報を 1商品 1行で編集する必要がありますので、改行コードも併せて編集しています。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

PHP range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算

PHPの range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算し、それを元に乱数発生器を作成しました。

複数銘柄を指定して株価チャートを一覧するツール公開

入力銘柄の5日間、3か月間、6か月間、1年間、2年間の株価チャートを一覧表示しますのでチャートで売買判断をするのに最適です。

PHPパーミッション変更のchmod関数・モードを変数で指定する方法

パーミッション変更関数であるchmod関数の第二引数、ファイルモードの指定に変数を使う場合は8進数に変換するoctdec関数を使って変換します。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

ECCUBEでカード決済NGの受注情報をマイページ購入履歴に表示しない方法解説

ECCUBEでカード決済に失敗しても購入履歴一覧に注文情報(受注情報)が表示される問題への対処方法を解説。受注情報レコードの作成の流れとステイタスについても解説。

PHPで特定の日間の日付を for、strtotimeで表示する

ある特定の間の日付の情報を for文、strtotimeを使って作成し、その解説をしています。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

Smartyのテンプレート内の処理で計算、加工をする方法

Smartyのテンプレート上で変数を計算する、加工する方法を解説します。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。