エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBEを開発環境から本番ドメインに変更でエラーが・パス変更について

      2015/06/12

ECCUBE・公開しようとドメインを当てたらエラーが発生!

 

ECCUBEのエラーが出る状況と原因の概要解説

 
レンタルサーバを使って ECCUBEを構築し、本番公開する際にドメインを当てると下記のようなエラーが出て動かなくなってしまった、という場合の対処方法です。
 
20141201_php_01
 
 
上記の画像の値などは一部適当に加工してありますが、
「▼▼▼ デバッグ情報ここから ▼▼▼」
「▲▲▲ デバッグ情報ここまで ▲▲▲」
「システムエラーが発生しました。
大変お手数ですが、サイト管理者までご連絡ください。」
といった感じでエラーが表示されます。
 
 
原因は、共有サーバで設定していた場合のパスと、ドメインを当てた場合のパスの見え方が違ってくるためです。
 
 
より具体的な話としては、
 
開発中:レンタルサーバの割り当てドメインでの URL
  http://s-giken.sakura.ne.jp/s-giken/html/
 
公開時:ドメインでの URL
  http://s-giken.ne.jp/
 
開発中は、「開発中」の URLで開発をしていて、公開をしようとしてドメインをあてて「公開時」の URLにしたらエラーが出るようになった、というような状況です。
ドメインを設定する前に、「hosts」で設定した場合も同じ状況になります。
 
 
上記の URLを見てもらっても分かる通り、「開発中」の URLには「s-giken/html/」の部分が余計についています。
これがエラーの原因です。
 
 

ECCUBEのエラーの解消方法

 
ファイルが置いてあるパスが変更になりますので、ECCUBE内でこのパスが設定してある個所を変更する必要があります。
 
ですが、パスを変更すると ECCUBE自体が動かなくなることもありまして、管理画面から変更することはできません。
 
修正作業は FTPを使ってファイルの変更をすることになります。
 
 
【変更対象ファイル】
/data/config/config.php
 
 
【変更対応箇所】

 
 
変更点は、上記を見てもらうと分かると思いますが、下記の様に修正を行います。
 

 
 

ECCUBEのエラーを解消させた後

 
パスの設定を変更すると、もともとアクセスしていた URLではアクセスできなくなります。
 
——————-
Not Found
The requested URL /s-giken/html/ was not found on this server.
——————-
 
アクセスすると上記のような 404エラーのページが表示されるでしょう。
これは、パスが変わるためにいずれかを選択する必要があるわけですので、致し方がないことかと思います。
 
 

ECCUBEの環境をコピーする方法

 
今回の記事では、ドメインを当てて本番公開をする方法の解説でしたが、公開後、プログラムをメンテナンスする際などに必要になる開発環境の構築方法、ECCUBEの環境をコピーする方法については「ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説」に記事を書きましたので、あわせて確認してください。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

PHPで正規表現の検証には preg_match_allが便利

PHPで正規表現の検証には preg_match_allが便利です。その便利さの使い方の解説です。

XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()
XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()

XMLとは「Extensible Markup Language」の略でテキストベースのデータフォーマット。XMLをPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「simplexml_load_string()」関数についての解説。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

フォルダを指定してファイルのパーミッションを変更するプログラム

フォームからフォルダ、パーミッションを指定しパーミッションを変更するサンプルプログラムの解説です。

PHP画面が真っ白 header(“Location: $url”);

PHPの開発で header(“Location: $url”);を使うと画面が真っ白になる不具合が出る場合もあります。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

include、requireのパス指定をdirname(__FILE__)、__DIR__と書く理由

include、requireのパスの指定を dirname(__FILE__)、__DIR__で記述する理由に付いて解説。相対パス、絶対パスを直書き、パスを書かない場合は何が問題かを説明。

リダイレクトループが原因で「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」「このページを表示できません」が出たときの対策12事例+α

リダイレクトループ、自動転送設定ループの原因の解説とその対応方法を含め事例 12例を挙げて説明。

AdminerはphpMyAdmin代替のデータベース管理ツール

AdminerはphpMyAdminとほぼ同機能のデータベース管理ツール。PHP 1ファイルのため設置が非常に簡単で軽快に動作し、phpMyAdminの置き換えで使うのも問題なし。

ECCUBEでテンプレートファイルのファイルサイズは10MB以下のものを使用してくださいのエラーが出た場合

テンプレートをアップロードする際にファイルサイズが大きすぎてエラーが表示される際の対処方法解説。パラメータ設定で設定する制限について解説を行っています。