エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBEでアップロードできない。upload_max_filesizeを設定する場所

      2017/03/10

ECCUBEでテンプレートファイルがアップロードできない場合の対処方法

 

ECCUBEで「テンプレートファイルがアップロードされていません」のエラーが出た

 
この記事は、ECCUBEでテンプレートファイルをアップロードしようとして、うまくアップロードできない不具合の対処方法の解説記事です。
 
より具体的には、ECCUBEでテンプレートファイルをアップロードしようとしたところ、ファイルの容量が原因でエラーが出た、という場合の対処方法です。
 
20141127_php_01
 
ECCUBEでテンプレートファイルをアップロードしようとしたところ、「※ テンプレートファイルがアップロードされていません。」と表示されます。
ファイルを選択しても表示されます。
 
「※ テンプレートファイルがアップロードされていません。」と表示されますが、これはファイルの容量が大きくてアップロードできないことで起こるエラーです。
 
 
これは ECCUBEのプログラムの中でファイルの容量制限に引っかかっているわけではなく、PHPの設定側でファイルの容量制限に引っかかっているため、そのエラーの処理をうまく ECCUBE側で受け取れていないため、アップロードされたファイルの情報を受け取ることができず、「テンプレートファイルがアップロードされていません。」というエラーとなっているエラーメッセージなのです。
 
 


 

ECCUBEのファイルアップロード容量を拡張させる

 
エラーの原因は、ファイルのアップロード容量制限より大きなファイルをアップロードしようとしていることです。
 
そのため、対応としては、ファイルのアップロードファイルサイズの制限を拡張させる設定を行います。
 
1.ECCUBEの設定を変更する
2.php.iniの設定を変更する
 
 

ECCUBEの設定を変更する(.htaccess)

 
ECCUBEをインストールすると、.htaccessがせってされ、それによってファイルのアップロードできるファイルのサイズ制限が設定されます。
 
「システム設定」-「システム情報」で表示される phpinfo()の情報を見ると、下記の様になっています。
 
20141127_php_02
 
右側の「Master Value(php.ini)」の設定は 64MBであるものの、左側の「Local Value(ECCUBE)」の設定は 5MBになっていることが分かります。
 
これを「Master Value(php.ini)」と同じ 64MBに合わせることで解決します。
ここでは、php.iniの設定が 64MBですのでそれに合わせていますが、いくつに設定しても問題ありません。.htaccessで設定した値は、php.iniで設定した値より優先して反映されますので、php.iniの値にこだわる必要は全くなく、それ以上の数値でも全く問題ありません。
 
 
具体的に設定する値は、ECCUBE内の 「/html/.htaccess」にあります。
 
下記のような記述になっていますので「5M」の部分を「64MB」などに修正するといいでしょう。
 

 
修正して保存すればOKです。先ほどの「システム設定」-「システム情報」で表示される phpinfo()の情報ページをリロードすると設定情報が反映されていることが分かると思います。
 
 
続けて、「※ テンプレートファイルのファイルサイズは10MB以下のものを使用してください。」のエラーが出る場合は、「ECCUBEでテンプレートファイルのファイルサイズは10MB以下のものを使用してくださいのエラーが出た場合」に続きの記事を書きましたので参考にしてください。
 
 

php.iniの設定を行う

 
一般的にファイルのアップロードファイルサイズの制限を拡張させる場合は、php.iniの設定を行います。
 
ECCUBEでは、上記で説明したように .htaccessで設定を行います。
.htaccessで設定した情報は、php.iniで設定した情報より優先して反映されますので、ここで説明する php.iniの設定をしても反映されませんが、一般的にはこういう設定を行います、という説明をしておきます。
 

 
サーバにおいてある php.iniファイルを探して、上記の「memory_limit」「post_max_size」「upload_max_filesize」の場所を検索して設定を確認します。
 
それぞれの項目は下記のような意味になります。
 
memory_limit
PHPで利用できるメモリ使用量の上限を設定します。
 
post_max_size
一度に POSTできる最大のサイズを設定します。
ここでは複数のファイルを送信する場合などは全部まとめて 1回での POSTの最大値を設定します。
 
upload_max_filesize
1ファイル当たりの最大ファイルサイズを設定します。
 
また、php.iniのおいてある場所はサーバの設定によって違いますので、分からない場合はサーバ会社などにご確認ください。
また、レンタルサーバの場合は、管理画面(コントロールパネル)から更新できるようになっているサーバもあります。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。

PHPで配列の値をダブルクオーテーションで囲んでimplodeでカンマ区切りにする方法
PHPで配列の値をダブルクオーテーションで囲んでimplodeでカンマ区切りにする方法

PHPで配列の値を、preg_replace関数でクォーテーションで囲み、implode関数で「,(カンマ)」で区切ってテキスト化する方法。この方法であれば配列が空でも分岐の処理は必要なし!

ECCUBE2.13.3で商品規格の在庫数が無制限から変更できないバグがある

2.13.3固有のバグである商品規格の在庫数の入力エリアがアクティブにならない不具合を解消する解説です。product_class.tplの2行を修正するだけの簡単対応です。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

ECCUBE mtb_constants initパラメータ設定の項目を追加する方法

ECCUBEのパラメータ設定で設定できる項目を追加する方法を説明します。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開
QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開

QRコード(二次元バーコード)を生成するサービス。QRコードにする文字列を入力するだけで QRコードが簡単に作れる。オプションとして、画像サイズ、余白サイズ、エラー訂正レベルがある。

CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説
CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説

CentOS6系、7系のPHPバージョンを5.3から5.6、7.0、7.1にアップする作業手順と解説。yum updateコマンドを使い作業時間は約10分。コマンドの解説や引数の意味なども解説しているので役に立つはず。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。