エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


PHPでスクレイピング。phpQueryとphp-simple-html-dom-parserの比較と設置方法

      2020/02/08

PHPのスクレイピングのライブラリは「PHP Simple HTML DOM Parser」がオススメ

 

PHPのスクレイピングのライブラリは「PHP Simple HTML DOM Parser」

 
PHPでスクレイピングをするならば「PHP Simple HTML DOM Parser」がオススメです。
 
PHP Simple HTML DOM Parser
https://simplehtmldom.sourceforge.io/
 
ライブラリのダウンロードは下記の「Source Forge」から。
https://sourceforge.net/projects/simplehtmldom/files/
 
 
多くのサイトでは「phpQuery」が紹介されていますが、「PHP Simple HTML DOM Parser」を使うほうがいい理由も含めて「PHP Simple HTML DOM Parser」を紹介いたします。
 
 

「phpQuery」より「PHP Simple HTML DOM Parser」をオススメする理由

 

「phpQuery」に問題があると考える理由

 
まず、PHPでスクレイピングするために「PHP スクレイピング」と検索してみると、検索結果に表示される上位のページは「phpQuery」に関連する記事で埋め尽くされています。(2020年01月現在。)
 
そのため、PHPでスクレイピングをするなら「phpQuery」を使うことが一般的なんだな、と思うだろうと思います。
私もそう思いました。
 
 
phpQueryのダウンロードページ
https://code.google.com/archive/p/phpquery/downloads
 
ですが、いざ「phpQuery」を使うためにダウンロード先として提示してある上記のページに遷移してみると、気になることが出てきました。
「Uploaded」の日付が、最新の日付でも「2009年 5月」なのです。
 
10年以上前に開発されたライブラリが未だに使われているということは、10年前の時点ですでに完成されたライブラリだった、という考え方も可能だろうと思います。
しかし、ここ 10年間で発見されたセキュリティホールに対しては一切対応されていない状況でもあるわけです。
 
 
さて、10年以上も前に開発が止まったライブラリを使っても問題ないでしょうか??
 
 

「PHP Simple HTML DOM Parser」は継続的に開発が行われている

 
というわけで、PHPのスクレイピング関連ではほとんどが「phpQuery」の記事であるわけですが、その中で違うライブラリとして登場してくるのが「php-simple-html-dom-parser」なのです。
 
https://sourceforge.net/projects/simplehtmldom/files/simplehtmldom/
 
ライブラリ「php-simple-html-dom-parser」を配布している上記 URLを見てみると、現在(2020年01月)でも開発が行われているであろうことを感じることが出来ます。
 
 
https://github.com/Kub-AT/php-simple-html-dom-parser
 
また、上記の Githubで配布されている 2020年01月時点での最新安定版である「Version 1.9.1」では、「PHP 7.3 compatible」と書かれています。
 
これから新しくスクレイピングのライブラリをインストールするなら、「PHP Simple HTML DOM Parser」を選択すべきではないでしょうか??
 
 
また、「phpQuery」と「php-simple-html-dom-parser」を両方使ってみると分かりますが、基本的な使い方は大きな違いはありません。
 
さらに、「PHP Simple HTML DOM Parser」の方がより便利な使い方ができる関数も用意されているわけですので、「PHP Simple HTML DOM Parser」を選択しない理由がありません。
 
 
今回、こんな記事を書いていますが、実は、3年前に「PHP Simple HTML DOM Parser」に関する記事を書いていました。
CakePHP3でcomposerを利用してライブラリ・プラグインをインストールする方法
 
「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方については触れていませんが、3年くらい前にスクレイピングをするツールを作った記憶がありますので、そのときに使い、記事を書いたのだと思います。
 
 

「PHP Simple HTML DOM Parser」の設置方法、使用方法

 
「PHP Simple HTML DOM Parser」の基本的な設置方法、および、使用方法を紹介します。
 
 

1.PHP Simple HTML DOM Parserをダウンロード

 
PHP Simple HTML DOM Parser
https://sourceforge.net/projects/simplehtmldom/files/
 
上記の URLにあるソースファイル一式をダウンロードします。
ダウンロードした zipファイルを展開し、「simple_html_dom.php」ファイルを取り出し、ライブラリを読み込むプログラムと同じ階層に配置します。
 
 

2.「simple_html_dom.php」ファイルを読み込み

 
「simple_html_dom.php」ファイルを PHPに読み込みます。
 

 
 

3.HTMLファイルをスクレイピング

 
HTMLのソースコードを取得し、スクレイピングする処理を記述します。
 

 
このサンプルでは、「body」タグを取得し、タグに含まれるテキストを表示する処理にしています。
 
「find(“body”,0)」の「find()」の 1つめのパラメーターが取得するタグの指定で、2つめのパラメータが 1つめのパラメーターで指定したタグの何番目のノード(項目)を取得するかを指定しています。(「0」は「1個目」を指定していることになります。)
 
 
2つめのパラメータが抜けている場合は、下記のエラーメッセージが表示されます。
 

 
 

4.全体のソースコード

 
1~3までのソースコードまとめると全体で下記のソースコードになります。
わずか 3行でスクレイピングが出来てしまっているわけです。
 

 
 

URLを指定してスクレイピングをする方法

 
先の例では、関数「str_get_html()」を使用し、パラメータとして HTMLのソースコードを指定しました。
 
ですが、「PHP Simple HTML DOM Parser」には、URLを指定して直接 HTMLのオブジェクトを生成する関数「file_get_html()」も用意されています。
この関数を使うと直接 URLを指定してオブジェクトを生成することが出来ます。
 

 
今回は、サンプルとして「東京都」の URLを指定しています。
 
 

「PHP Simple HTML DOM Parser」の「file_get_html()」を使う際のつまづきポイント

 
実は、「PHP Simple HTML DOM Parser」の「file_get_html()」を使う際には一つのつまづきポイントがあります。
 
サンプルとして「東京都」の URLを指定していますので、特にエラーが発生することなく正しい情報が取得できているのではないか、と思います。
 
ですが、「東京都」のサイトから変えて SSL化されている URLを指定すると下記のエラーが表示される場合があります。
ここでは、例として「https://www.yahoo.co.jp/」を指定しています。
 

 
1行目にエラーの原因が書かれていますが、SSL証明書が設定されていないためエラーとなっています。
 
SSL証明書がしっかり登録されているサーバであれば問題ありませんが、私のように XAMPPを使って実験しているような場合は対応が非常に難しくあります。
 
こうなる理由は、「simple_html_dom.php」の中を見てもらえば分かりますが、「file_get_contents()」でサイトにアクセスしているためです。
 
 

cURLで Webサイトにアクセスをして PHP Simple HTML DOM Parserを利用する方法

 
というわけで、関数「file_get_html()」に URLを指定してスクレイピングをするためのオブジェクトを生成する方法は、SSLに対応したサイトでは利用できませんので、何らかの対応を行う必要がありますが、そんなときに利用する方法として cURLがあります。
 
cURLを利用して HTMLを取得し、取得した HTMLを「str_get_html()」で処理をする、という方法です。
 

 
 
なぜ cURLを使う方がいいのか、また、上記の cURLの関数の解説などの cURLについて「PHPのcURLでAPIやWebサイトへのアクセス方法。file_get_contentsとの比較」の記事を書いていますので、合わせて確認をしてください。
 
 
また、「PHP Simple HTML DOM Parser」の詳しい使い方や、サイトによっては気をつける必要がある場面の解説などについて下記に記事を書きました。併せて確認をしてください。
PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方
 
また、「PHP Simple HTML DOM Parser」を CakePHP3で使うときの設置方法については下記に記事を書きました。
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
 
 

スクレイピングとスキャルピング

 
プログラムとは関係ありませんが、いつも「スクレイピング」と「スキャルピング」とがごちゃごちゃになります。
どっちがどっちか、どうやって覚えたらいいでしょうか??
 
 
「スキャルピング」とは、FX(Foreign Exchange。外国為替証拠金取引。)や株式取引において、薄利の取引を短時間で数多く繰り返すトレーディング手法のことです。
「スキャルピング(scalping)」のもとの意味は「皮むき」で、りんごなどの皮をむくように薄い利益を取っていく手法であるためにこの名前が付いています。
 
また、スクレイピングは「scrape(スクレイプ、削る)」の「ing形」です。
「scrap(スクラップ、切れ端、小片、解体する)」とは関係がないようです。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。

数値文字参照コード変換ツール(HTML特殊文字コード変換ツール)

テキストを数値文字参照コード(特殊文字コード)に変換するツール。テキストを数値文字参照コードに簡単変換。数値文字参照、文字実体参照、特殊文字などの違いも解説。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

ECCUBEの注文完了画面にクリテオのタグを編集する方法を紹介。標準機能では完了画面に注文IDや購入商品の情報を渡さないため改修が必要です。

ECCUBEでカード決済NGの受注情報をマイページ購入履歴に表示しない方法解説

ECCUBEでカード決済に失敗しても購入履歴一覧に注文情報(受注情報)が表示される問題への対処方法を解説。受注情報レコードの作成の流れとステイタスについても解説。

ECCUBEを開発環境から本番ドメインに変更でエラーが・パス変更について

レンタルサーバでサーバ会社から割り当てられたURLで開発し、本番公開時にドメインを当てたらエラーが!そんな場合の対処方法の解説。対処方法は簡単ですが管理画面からは対応不可。

CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説
CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説

CentOS6系、7系のPHPバージョンを5.3から5.6、7.0、7.1にアップする作業手順と解説。yum updateコマンドを使い作業時間は約10分。コマンドの解説や引数の意味なども解説しているので役に立つはず。

Smartyのテンプレート内の処理で計算、加工をする方法

Smartyのテンプレート上で変数を計算する、加工する方法を解説します。

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!
乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!

乱数やパスワードを生成する乱数発生器を高速化!重複しない10桁、20桁の文字列を10万件、20万件と生成することも可能!イベントのキャンペーンのシリアルコードなどにも利用可能!