エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


PHPのcURLでAPIやWebサイトへのアクセス方法。file_get_contentsとの比較

      2020/02/08

PHPの cURLで APIや Webサイトにアクセスする方法

 

file_get_contentsもあるけど cURLの方が細かな制御が可能

 
PHPのプログラムの処理の一つとして
・APIにアクセスをする
・Webスクレイピングをする
という場合には、PHPのプログラムから Webサイトにアクセスをする必要があります。
 
そんなときに「cURL(カール)」を使って Webサイトにアクセスする方法を解説します。
 
 
PHPから Webサイトにアクセスする場合は「file_get_contents()」を使うと簡単にページの情報を取得できますので便利です。
 
ですが、下記のサイトにあるように、「file_get_contents()」では厳密な制御が難しいという難点があります。
https://qiita.com/shinkuFencer/items/d7546c8cbf3bbe86dab8
 
個人的なツールを作成するときには file_get_contents()でも問題なくても、Webサービスを作成する場合にはトラブルにつながる可能性があるわけです。
 
そんなわけで、PHPから Webサイトにアクセスするときは、cURLを利用することをおすすめします。
 
 

cURLで Webサイトから情報を取得する関数の一例

 
cURLを利用して Webサイトにアクセスして、そのレスポンスを取得する関数としては下記のように記述できます。
先に紹介したサイトのサンプルソースをほぼそのままですが。
 

 
アクセスする URLをパラメータとして付与して関数を呼び出します。
JSON形式で結果を返してくれる APIにアクセスしたと想定すると、結果を配列で取り出すことができる、という仕組みのものです。
 
 

SSLでアクセス、UserAgentが必要なページへの対応を行った cURLの関数

 
ですが、このサンプルソースでは、2つの条件では正常に情報を取得することが出来ません。
 
・SSLでアクセスする必要があるページ
・UserAgentを必要とするページ
 
 
最近は、多くのサイトが SSLに対応してきまして、SSLでのみアクセス可能なサイトも増えてきました。
そのため、SSLでのアクセス対応は必須といえます。
 
また、自動プログラムによるアクセスやスクレイピングされることの対策として、UserAgentが設定されていない状態でのアクセスを拒否するサイトも存在しています。
 
というわけで、この 2つを対策してみましょう。
 
 
また、先のソースは APIにアクセスして JSONをレスポンスとして取得する想定でしたが、単純に HTMLを取得する場合もあるでしょうから、それを分岐した処理も加えてみます。(さらに、header情報のみを取得する処理も加えてみます。)
 
 

 
 
上記の「CURLOPT_USERAGENT」のパラメータとして指定している「USER_AGENT_TEXT」は、下記のような感じで定数として指定している想定です。
 

 
 

SSLでのアクセスが必要なサイトにアクセスしたときのエラー

 
SSLでのアクセスが必要なサイトにアクセスしたときに表示されるエラーの一例は、以下のようになります。
 

 
SSLでサイトにアクセスする際は、サーバ証明書のチェックを行いますが、上記のエラーは「サーバ証明書がありません」というものです。
そのため、先の設定では、SSLでアクセスする際もサーバ証明書のチェックを行わない、とするものです。
 
 
ですが、サーバ証明書を設置することで本来の SSLアクセスであるサーバ証明書をチェックしながら正常にアクセスをする方法もあります。
 
詳しくは下記の記事などが参考になるかと思います。
https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/4026
 
 

UserAgentがない状態でサイトにアクセスしたときのエラー

 
UserAgentがない状態でサイトにアクセスしたときのエラーは、サイトによってさまざまです。
そのため、こんなエラーが出ますという表現は意味を持ちませんが、この記事を書くきっかけとなったサイトでは下記のようなエラーがでていました。
 
PHPのcURLでAPIやWebサイトへのアクセス方法。file_get_contentsとの比較
 
上記のエラーは、「サポート外のブラウザです」ということですので、正しく見ることができるブラウザの UserAgentを指定してみるといいのではないか、と思います。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

PHP range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算

PHPの range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算し、それを元に乱数発生器を作成しました。

QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」をPHPで使うカスタマイズ
QRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」をPHPで使うカスタマイズ

CakePHP2用のQRコード作成ライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」をプレーンのPHPでも使うためのカスタマイズ方法を解説。1ファイルを設置するだけでQRコードが作れるため使い勝手がいい。

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

Smartyのテンプレート内の処理で計算、加工をする方法

Smartyのテンプレート上で変数を計算する、加工する方法を解説します。

ECCUBEの注文完了画面注文番号と商品情報を編集するCRITEO(クリテオ)タグを編集

ECCUBEの注文完了画面にクリテオのタグを編集する方法を紹介。標準機能では完了画面に注文IDや購入商品の情報を渡さないため改修が必要です。

配列の値をテキスト表示する際に「、」でつなげるときの処理方法の一例
配列の値をテキスト表示する際に「、」でつなげるときの処理方法の一例

配列の値を「、」でつないで出力する際、単純にforeachで繰り返し処理をすると「イヌ、サル、キジ、」となるが文字列最後の「、」を出力しない方法を3つ解説している。

QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開
QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開

QRコード(二次元バーコード)を生成するサービス。QRコードにする文字列を入力するだけで QRコードが簡単に作れる。オプションとして、画像サイズ、余白サイズ、エラー訂正レベルがある。

XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()
XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()

XMLとは「Extensible Markup Language」の略でテキストベースのデータフォーマット。XMLをPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「simplexml_load_string()」関数についての解説。

ECCUBE2.13.3で商品規格の在庫数が無制限から変更できないバグがある

2.13.3固有のバグである商品規格の在庫数の入力エリアがアクティブにならない不具合を解消する解説です。product_class.tplの2行を修正するだけの簡単対応です。

リダイレクトループが原因で「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」「このページを表示できません」が出たときの対策12事例+α

リダイレクトループ、自動転送設定ループの原因の解説とその対応方法を含め事例 12例を挙げて説明。