エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


PHP range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算

      2018/01/07

「乱数発生器」

 http://s-giken.info/random/random.php
 
乱数発生器という Webアプリを作りました。
 
「乱数発生器」は見た目は非常にシンプルで、というか、実際中身の処理も非常に簡単なものなのですが(処理そのものは数行ですから)、処理を実行する前に細かく入力チェックを行っています。
 
 
その中で、任意の文字列から重複せずに生成できる文字列の件数と、生成の要求の件数を比較する、というチェックがあります。
 
具体的には、「ab」の 2文字から重複せずに生成できる文字列は「aa」「ab」「ba」「bb」の 4種類しかありません。
ですが、「ab」の文字列から 6件のランダム文字列が欲しいという条件入力があった場合は生成できませんので、それは入力エラーとして処理する必要があるわけです。
 
その際、指定の文字列から重複組み合わせの計算を行い、何件まで生成が可能なのか、を計算する必要があるわけですが、久しぶりに重複組み合わせの考え方を思い出す必要があり、ちょっと大変でした。
 
また、重複組み合わせを計算するには、階乗を計算する必要があり、これをプログラムで記述する必要が出てきます。
 
階乗については、下記のサイトに練習問題として提示されており、回答として for文でぐるぐる回す方法が提示されています。
 http://torasukenote.blog120.fc2.com/blog-entry-49.html
 
 

range関数で乱数を生成する

 
私は、こちらのやり方を参考にしつつ rangeという関数を使って処理を作ってみました。
for文が複数出てくると、プログラムを組んでいるときはよくても、後から読むときが大変なのでそれを軽減することを目的にこのような処理を作ってみました。
 
また、rangeという関数は、非常に便利な関数で、for分を使わずにもいろいろな処理を簡潔に書けるのではないか、と思いました。
 
 
上記の URLの練習問題と同じことを下記の処理で再現できます。

 
 
また、実際のプログラムに組み込んでいる重複組み合わせの数を取得する関数は下記のようになります。
 

 
 
ちなみに、ここでは関数にしていますが、実際のプログラムでは関数にはしていません!
 
なぜなら、これまで十数年プログラムを組んできましたが、重複組み合わせが必要になったのはこれが初めてだからですね。
ここで関数を作っても、もう今後も使う機会はないでしょう。という判断ですね。
 
 

乱数発生器(パスワード生成サービス) Ver.2 登場!

 
乱数発生器(パスワード生成サービス)ですが、2017年06月17日に、処理内容を見直し、高速化してバージョン 2としてリニューアル新登場!
 
乱数生成の処理と、重複チェックの処理を見直して、数十万件の乱数生成が数秒でできてしまいます!
 
新しいバージョンも是非とも試して見てください。
 
乱数発生器(パスワード生成サービス) Ver.2
https://s-giken.info/random/random.php
 
また、解説記事を下記に書いていますので、あわせて参考にしてください。
乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!
 
 
また、JavaScriptを利用して、入力エリアの横に「パスワードを生成する」ボタンを追加する機能について下記に記事を書いています。あわせてご覧ください。
JavaScriptで「パスワードの生成」ボタンを追加する処理サンプル

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

ECCUBEの管理画面のSSL設定をインストール後に変更する方法

ECCUBEをインストールした後から管理画面のSSL設定を変更する方法を解説します。config.phpファイルのHTTPS_URLとADMIN_FORCE_SSLの値を変更すればOK。

XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()
XML形式の値を配列形式に変換・PHPでは simplexml_load_string()

XMLとは「Extensible Markup Language」の略でテキストベースのデータフォーマット。XMLをPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「simplexml_load_string()」関数についての解説。

Basic認証の.htaccess、.htpasswd生成ツールと解説

Basic認証を設定する際に必要となる.htaccess、.htpasswdファイルを生成するツール。ID、PASS、.htpasswdへのパスを入力することで編集する情報を生成します。

フォルダを指定してファイルのパーミッションを変更するプログラム

フォームからフォルダ、パーミッションを指定しパーミッションを変更するサンプルプログラムの解説です。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

路線・駅検索をPHPで実装する方法解説。GoogleMapsの緯度経度から計算し検索
路線・駅検索をPHPで実装する方法解説。GoogleMapsの緯度経度から計算し検索

路線・駅検索の仕組みの構築は大変。登録する側も最寄り駅が多い場合は大変。なので簡易に実装するため緯度経度に基づき直線距離を計算する処理を考案して実装して、その処理を解説。

CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説
CentOS6、7のPHPを5.3から5.6、7.0、7.1にバージョンアップする手順の解説

CentOS6系、7系のPHPバージョンを5.3から5.6、7.0、7.1にアップする作業手順と解説。yum updateコマンドを使い作業時間は約10分。コマンドの解説や引数の意味なども解説しているので役に立つはず。

複数銘柄を指定して株価チャートを一覧するツール公開

入力銘柄の5日間、3か月間、6か月間、1年間、2年間の株価チャートを一覧表示しますのでチャートで売買判断をするのに最適です。

PHP画面が真っ白 header(“Location: $url”);

PHPの開発で header(“Location: $url”);を使うと画面が真っ白になる不具合が出る場合もあります。