エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

      2017/04/29

CakePHPのプログラムをコマンドラインから実行する方法

 

CakePHPのプログラムをコマンドラインから実行する方法

 
CakePHPで Webシステムを作っている中で、cronなどで定期的に自動処理を実行したいと思う場面も出てくるでしょう。
 
CakePHPには、そんな時も CakePHPの処理を使ってコマンドラインから実行する方法が用意されています。
ここでは、その説明を行います。
 
 

CakePHPの 1.*系と 2.*系のシェルの作り方は全く違う

 
CakePHPの処理をコマンドラインから実行する際は、シェルという処理を使って作成をしますが、その作成の方法が CakePHPの 1.*系と、2.*系とで違っています。
 
ここでは CakePHP 2.*系の説明しかしませんが、1.*系の作成方法について知りたい方は、下記のサイトなどが参考になると思います。ファイルを置く場所も変っていますね。
 
 CakePHP 1.*系のシェルについて
 http://ucwd.jp/blog/570
 
 

コマンドラインから PHPを実行できるかの確認

 
CakePHP 2.*系のシェルの作成をする前に、1点確認です。
 
ここでコマンドラインから実行するコマンドは PHPのパスが通っていることを想定して書いています。
コマンドラインから PHPが実行できるかどうかを試すには下記のコマンドを実行してみるといいでしょう。
 

 
このコマンドは、PHPのバージョンを表示させる際に実行するものですが、下記の様に PHPのバージョンが表示されれば PHPのパスは通っていることが確認できます。
 

 
 
PHPのパスが通っていない場合は、PHPのパスを通す設定を検索していただいて、設定してください。 
 

CakePHPの 2.*系のシェルの基本的な作り方、使い方

 
ここから CakePHP 2.*においてシェルの作り方を説明していきます。
 
まず、標準出力するだけのサンプルを作ってみましょう。
 
/cake1/app/Console/Command/TestShell.php
——————–

——————–
 
ソース内にもコメントとして書いていますが「$this->out()」を利用して標準出力を行います。(コマンドを入力したコンソールに出力を返す処理です。)
 
そして、上記のサンプルで作成した CakePHPの shellをコマンドラインから実行する方法は、以下の通りとなります。
この実験は、Windowsの XAMPP環境で実行していますが、Linuxでも記述方法は同じです。
 

 
cake.phpファイルがあるディレクトリ(/{CakePHPがインストールされているパス}/app/console/)に移動した場合は、下記のコマンドでも実行できます。
 

 
一つ上位の親ディレクトリに移動した場合は、下記の様に相対パスの指定でも実行できます。(カレントディレクトリが /{CakePHPがインストールされているパス}/app/ にある場合)
 

 
このパスの指定のイメージは、bakeを行う場合と同じです。
例えば、カレントディレクトリが「/{CakePHPがインストールされているパス}/app/console/」の場合は、下記の指定で bakeを起動できることと同じです。

 
 
また、ここで cake.phpの引数として設定している「test」は、「/app/Console/Command/」フォルダの中にある「TestShell.php」を呼び出して実行することを指定していることになります。
 
ファイル名が「SampleShell.php」の場合は、「php cake.php sample」になります。
 
また、サンプルソースの中には、「function main ()」と「function test2 ()」とありますが、引数に何も指定しない場合は、「function main ()」の方がデフォルトとして実行されます。
ブラウザでアクセスして画面を表示させる際に引数がない場合は「function index ()」が呼び出されるのと同じイメージで、コマンドから実行する場合はデフォルトで「function main ()」が呼び出されると覚えておきましょう。
 
では、「function test2 ()」の方を実行する場合は、というと下記の様に「test」に続けて関数名(test2)を指定します。
 

 
 


 

CakePHPの 2.*系のシェルの作り方、使い方 その2

 
複数の単語を組み合わせたファイル名を付けた場合はどのようになるのか、の実験もしてみました。 
 
/cake1/app/Console/Command/TestFileShell.php
——————–

——————–
 
上記のプログラムを実行する場合、下記のいずれも OKでした。

 
また、関数を指定する場合は、下記の場合は、正しく関数「test_test」が呼び出されました。

 
ですが、下記のような記述方法では正しく関数「test_test」は呼び出されず「main」が呼び出されました。

 
当たり前と言えば当たり前ですが、関数名を「TestTest」とした場合は、「testtest」「TestTest」を引数にすると呼び出すことができ「test_test」とした場合は呼び出すことはできません。
CakePHPの命名規則上は、「test_test」が正しいのだと思いますが...
 
また、引数として指定した関数が存在しない場合は「main」が呼び出されるようです。
 
 

CakePHPの 2.*系のシェルに引数を渡す方法

 
CakePHPのシェルに引数(パラメータ、オプション)を渡す方法も 2.*系なって変更になっています。
 
こちらに関しては、また改めて実験をしてから記事にしたいと思いますが、下記の記事などが参考になるのではないでしょうか。
 http://karasunouta.com/blog/2012/10/07/cakephp2-shell-params/
 http://lab.adn-mobasia.net/?p=1014

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。

CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数
CakePHP3でDocumentRootやtmp、webroot、logsなどのフォルダへのパスの定数

CakePHP3で特定フォルダのパスの定数を解説。root、DocumentRoot、app、config、webroot、tests、tmp、cache、vendor、コア、コアの srcが設定済み。realpath()関数を使うと柔軟なパス指定が可能。

CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法
CakePHP3のデバッグキット(DebugKit)を強制的に有効、無効に変更する方法

CakePHP3に付属しているデバッグのためのツール、デバッグキットを強制的に有効化、無効化する方法を解説。初期設定では開発環境としてありそうなドメインの場合のみ有効になるように設定されている。

CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応
CakePHP3でCookieを保存、呼び出し、削除の操作・CakePHP3.7対応

CakePHP3.7でCookieを保存、取り出し、削除する方法を解説。CakePHP3でのCookieの取り扱いはバージョンごとに変更されるため、環境に合わせた方法を探す必要がある。

CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説

CakePHP3でCSVファイルをアップロードしレコードを追加、更新する処理の作成方法の解説。モデルとは直接関連しないフォームからCSVファイルをアップロードするため汎用的に使用可能。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの設置方法と基本的な検索処理の解説です。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法

CakePHP3のブックマークチュートリアルには記載ミスもあり、そのまま動かない個所もある。CakePHP3では namespaceを使うようになったので、classを呼び出すときに¥を追加する必要が!

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。