エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合の詳細ページの注意点

      2014/06/26

ID以外のカラムでアソシエーション

 

アソシエーションさせる際の注意点

 
CakePHPにおいて、Modelで「$primaryKey」を指定すると、個別の詳細ページを表示させる際のキーになるカラムが「$primaryKey」で指定したになりますので注意が必要、という記事になります。
 
 
また、下記の ID以外のカラムでテーブルのアソシエーション(テーブルの連携)をさせる場合の説明を下記のページで行いましたが、今回の記事は、下記の記事の続きとして書いています。
CakePHPの場合
 CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合
baserCMSの場合
 baserCMS ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合
 
※baserCMSは、CakePHP上で動いている CMSですので、基本的には CakePHPの仕様に則って動いているのですが、テーブルの連携の部分は若干処理が違うようでした。そのため、別々に記事を書いていますが、今回の処理はどちらでも同じ結果でしたので、記事を分けていません。
また、ソース自体は、CakePHPのものとして書いています。
 
 

アソシエーションさせるためのサンプルコード

 
通常、一覧ページには詳細ページへのリンクがあり、詳細ページへのリンクは「ID」を設定します。
 
具体的なリンクの記述は以下のようになります。
———————-

———————-
 
そして、受ける側の処理は、下記の様になります。
 
———————-

———————-
 
ですが、Modelで「$primaryKey = ‘sec_code’」を指定しているため、引数として IDの情報を渡しても何も表示されません。
(この場合だと「id」と「sec_code」が同じレコードは表示されますが。)
 
なぜなら、Modelで「$primaryKey = ‘sec_code’」と指定しているため、すべての処理の PrimaryKeyが「sec_code」になってしまっているからです。
 
そのため、リンクの設定の部分で下記の様に「id」の部分を「sec_code」に変えることで正しくリンクがされるようになります。
———————-

———————-
 
 
 
私はこのことには比較的早く気付いたものの、これまで使っていた処理をそのまま使って、エラーが表示されるでもなく、値が取得できないというのは結構焦りますね。
悩む原因の一つになるでしょう。
 
同じように悩む方の悩みが早く解消されることを祈りつつ...
 
 
 
【Cakephp 2.3・baserCMS テーブルの連携(アソシエーション)関連記事】
baserCMSでオリジナルのデータベースから情報を取得する場合
CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合
CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合の詳細ページの注意点
CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合
CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法
baserCMS ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 デバッグキット(DebugKit)超初心者向けフォロー講座

CakePHP初心者に向けてデバッグキット(DebugKit)のインストール方法、はまりポイントを解説。

CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説

CakePHP3でJavaScriptやCSSを編集する基本形から、それらやテンプレート(エレメント)を特定のテンプレートを読み込んだときのみ編集、実行するための方法、ブロック化について解説。

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。

CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い
CakePHP3でシェルを作成しコマンドラインから実行・CakePHP2との違い

CakePHP3のシェルスクリプトを作成し、コマンドラインから実行する方法を解説。複数単語をつなげる場合の対応方法がCakePHP2より制限が厳しくなったのでCakePHP3の命名規則の確認が必要だ。

CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法
CakePHP3でWarning Error: SplFileInfo::openFile()エラーが発生した場合の対処方法

CakePHP3のキャッシュファイルのパーミッションエラー Error: SplFileInfo::openFile()が発生した場合の対応方法解説。app.phpにキャッシュファイルのパーミッション設定を行い、既存のファイルは削除。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP 2.3でファイルのアップロード処理を作る

CakePHPでプラグインを使わないファイルアップロード処理を解説します。簡単です。DBにファイルを格納する方法も。

CakePHP 2.3で saveの便利な使い方・サンプルソース付き

CakePHPのレコードを保存、更新する際に使う Saveを詳細解説します。

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開
URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」公開

URL短縮サービス「TTTオンライン(https://ttt.onl)」を公開。メールやSNSでは使いにくい長いURLを短いURLに変換するサービス。QRコードも。Google URL Shortenerが2019年3月にサービス終了。

CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定
CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定

CakePHP3の Authコンポーネントや CakeDC/Usersプラグインなどを利用したユーザ管理・認証システムにおいて、ログインしていなくても見ることができるページの設定方法を解説。