エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説

      2023/12/28

CakeDC/Usersの Usersテーブルへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説

 
CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説」の記事で、CakePHP4で CakeDC/Usersを使ってログイン認証機能を実装する手順を解説しました。
また、「CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説」の記事で、HTMLのテンプレートを変更する解説をしました。
 
今回の記事では、その時に解説できなかった、入力画面でのバリデーションのカスタマイズ方法について解説します。
 
 
また、CakeDC/Usersをインストールすると、CakeDC/Usersで使用する Usersテーブルの Modelは「/vendor/cakedc/users/src/Model/Table/UsersTable.php」に作成されます。
 
ですが、このままではアソシエーション(モデルの結合)ができません。
 
例えば、ユーザの詳細情報を「user_details」というテーブルに生成し、「users」テーブルと結合しようと思っても「Table class for alias Users could not be found.」と言うエラーが発生します。
 
このエラーを解消し、アソシエーション(モデルの結合)をする方法を解説します。
 
 

CakeDC/Usersのバリデーションが記載されているファイル

 
CakeDC/Usersのバリデーションが記載されているファイルは、以下のファイルになります。
 /vendor/cakedc/users/src/Model/Table/UsersTable.php
 
このファイルに記述されているバリデーションの内容を変更することで、バリデーションのカスタマイズを行うことは可能です。
 
ですが、一般的にはこのファイルはプラグイン「CakeDC/Users」のコアファイルになりますので、このファイルを直接更新することはせず、オーバーライドする処理を構築します。
 
 

CakeDC/Usersのバリデーションをオーバーライドでカスタマイズする

 

1./src/Application.phpの編集

 
下記のファイルに編集を行います。
 /src/Application.php
 
下記の、configファイルとして「/config/users.php」を利用する処理を記述します。

 
すでに Usersプラグインのロード処理を記述(2行目)している場合は、5行目のみ追記します。
 
これは、「CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説」の記事で、リダイレクトの処理の設定をする際にも記述しますので、リダイレクトなどほかの設定ですでに記述している場合もあるかと思います。
 
 

2.users.phpの編集

 
下記のファイルに編集を行います。該当のファイルがない場合は、新規作成をします。
/config/users.php
 
下記の値を編集します。

 
 
標準設定は、「/vendor/cakedc/users/config/users.php」に下記の様に記載されています。

 
「/config/users.php」は、「CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ」で解説をした reCAPTCHAでも利用しますので、すでに設定がある場合もあるでしょう。
 
 

3.Model/Entity/User.phpの編集

 
下記のファイルに編集を行います。該当のファイルがない場合は、新規作成をします。
/src/Model/Entity/User.php
 
下記の処理を編集します。

 
この内容は、プラグインの Entity「/vendor/cakedc/users/src/Model/Entity/User.php」の内容を流用しています。
 
 

4.Model/Table/UsersTable.phpの編集

 
下記のファイルに編集を行います。該当のファイルがない場合は、新規作成をします。
/src/Model/Table/UsersTable.php
 
そして、ようやく、バリデーションの処理を記載します。

 
17行目以降の「validationDefault()」の内容は、下記のプラグインの標準設定の内容をコピペしてからカスタマイズしています。
 /vendor/cakedc/users/src/Model/Table/UsersTable.php
 
上記の例では、32行目の処理で、「first_name」を必須項目にする、という処理に変更してみています。
 
 
これで、プラグインのファイルを触らずに、バリデーションをカスタマイズすることができるようになります。
 
 

既存のバリデーションの英語のメッセージを日本語化する

 
/vendor/cakedc/users/src/Model/Table/UsersTable.php
の「public function buildRules(RulesChecker $rules): RulesChecker」には
「パスワード」と「パスワード確認用」の入力値が同じかどうかチェック
「ユーザ名」「メールアドレス」がすでに使用されていないかどうかチェック
のバリデーションも含まれています。
 
これもバリデーションとして使われていますが、エラーのときのメッセージが英語で表示されます。
 
 
この英語のメッセージを変更する方法の一つとして、
/src/Model/Table/UsersTable.php
に、下記の関数部分のソースコードをコピペして、エラーメッセージ部分の「Username already exists」を日本語に変えることで対応することができます。
 

 
 
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
また、上記の記事では、CakePHP4全体のメッセージを日本語化する方法について記載をしています。
あわせて参考にしてください。
 
 

Usersテーブルへの接続方法

 
今回のこの記事の「2.users.phpの編集」から「4.Model/Table/UsersTable.phpの編集」の対応を行うことで、
 /src/Model/Entity/User.php
 /src/Model/Table/UsersTable.php
のファイルを使う設定、および、それぞれのファイルの作成を行いました。
 
これによって、Usersテーブルをアソシエーション(モデルの結合)して使うことができる様になります。
 
 
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説のエラー画面
 
この設定がないと、上記の画面のようにエラーとなります。
Table class for alias Users could not be found.
Cake\ORM\Exception\MissingTableClassException
 
このエラーが発生したときは、「/src/Model/Entity/User.php」「/src/Model/Table/UsersTable.php」を使える様にするために、「2番」から「4番」の対応を行ってください。
 
 

CakePHP4のCakeDC/Usersの関連記事

 
CakePHP4の CakeDC/Usersを使うために、基本となるインストールの方法から入力画面のテンプレートのカスタマイズや、リダイレクトの設定など、CakeDC/Usersに関する記事を下記に書いています。
あわせて参考にしてみてください。
 
CakePHP4のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersのログイン時のリダイレクトとユーザ権限管理の設定解説
 
 

CakePHP4の関連記事

CakePHPのFlashエラーは出るが入力項目ごとのメッセージが出ないエラーの原因
CakePHP4のフラッシュメッセージの表示場所、デザインを変更する方法を解説
CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法
国際化と地域化の翻訳機能「__()」を使って定数に変数を埋め込む方法
CakePHP4で現在処理しているコントローラー名、アクション名を取得する方法
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のCakeDC/Usersの Usersへの接続、バリデーションのカスタマイズ方法解説
CakePHP4のメッセージ日本語化の設定(国際化と地域化の機能の使い方の解説)
CakePHP4で公開側と管理側のデザインテンプレートを分ける方法・setLayout()
CakePHP4でcontrollerで実行したバリデーションエラーをmodelのにマージする方法
 
その他の「CakePHP4」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 3.x 4.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.x系 Viewでのコメントの記述方法など

CakePHPにおいて View、ctpファイルでコメントを記述する方法を解説。

CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法
CakePHPで同一テーブル内の値を比較する条件でレコードを取得する方法

CakePHPの同一テーブルにある項目の値を比較し条件に合致するレコードを取得する方法を解説。[”項目名”=>”値”]ではなく[”項目名 = 項目名”]と書くところがポイント。

MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

MySQL+CakePHPの環境で「tinyint(1)」を利用する際の動作を検証。「tinyint(1)」の Boolean型について CakePHPでは自動処理が実施されていることを確認しました。

CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法
CakePHP3のCakeDC/Usersでログインユーザの所有レコードのみ更新、削除する権限管理の設定方法

CakePHP3のユーザ管理、ログイン認証プラグイン「CakeDC/Users」の権限管理を行う方法やアクセスできるコントローラー、アクションを設定、所有権を持つレコードのみ更新できる設定方法を解説。

CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい

アソシエーション先のテーブルのカラムをキーにソートをしたデータを取得したい!ときの記述方法を解説。「orderAsc()」ではなく「contain()」の中にSort条件を記述する。

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP3のユーザ管理・認証プラグイン CakeDC/Usersの導入・機能解説・3.1.5対応
CakePHP3のユーザ管理・ログイン認証プラグインCakeDC/Usersのインストール解説・3.6以降対応

CakePHP3のユーザ管理プラグイン Usersは、ユーザ登録、メール認証、ログイン認証、ユーザ管理、権限管理、reCAPTCHAなど会員制のサイトを簡単に実現可能。その導入方法、カスタマイズ方法を解説。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法

CakePHP3のブックマークチュートリアルには記載ミスもあり、そのまま動かない個所もある。CakePHP3では namespaceを使うようになったので、classを呼び出すときに¥を追加する必要が!

CakePHP 2.3 テーブルの項目を演算した結果を条件として抽出する方法

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で演算をする場合の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。分かってしまえば簡単です。