エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPress投稿にPHPを記述するショートコードの使い方add_shortcode

      2015/06/14

WordPressの投稿ページで PHPの処理をさせるショートコード

 

WordPressのショートコードとは?

 
WordPressをブログとして日記などを書いている場合は、投稿の中に PHPの処理を記述したいと思う場面はほとんどないと思いますが、CMSとして利用している場合は、PHPの処理を記述したい、と思う場面もあるでしょう。
 
そんな方にとっての記事です。
 
 
WordPressを CMSとして、企業のサイトやサービスサイトを構築している場合は、投稿ページや固定ページとして編集しているページの中には何かしらの処理を実行した情報を表示させたい、という場面に出くわすこともあるでしょう。
 
そんな時に真っ先に思いつくのは、記事を記述する部分に直接 PHPのソースコードを書いて、それが実行されればいいな、という考えです。
 
もちろんそのためのプラグインも用意されています。
投稿記事の中に PHPのスクリプトを埋め込めるようにするプラグインには
 runPHP
 Exec-PHP
 Executable PHP widget
といったものがあります。
 
これを使えば投稿記事の中にも PHPのスクリプトを埋め込むことができ、自由度が格段にアップします。
しかし、自由度がアップするということは、その分セキュリティが甘くなることにもつながりますので、違う方法を考えた方がよさそうなのです。
 
下記のサイトでは面白おかしく書いてありますが、「なぜ PHPを記述するのにプラグインを使うの?」というところに真理があるのではないでしょうか。
 http://wp-d.org/2013/07/10/4931/
 
PHPのコードを記述できる技術がある方であれば、WordPressが本来的に提供している機能を利用するべきでしょう。
 
 
そして、その違う方法が WordPressにはあらかじめ用意されています。
それは、「ショートコード」と言われる仕組みで、add_shortcode関数を記述して利用します。
 
この add_shortcode関数を使ったショートコードの仕組みを使うことで、PHPの処理を呼び出し、結果を表示させることができるようになりますので、投稿ページに直接 PHPのスクリプトを書かなくても PHPの処理を実行させることができる仕組みです。
もちろん、記述できる言語は PHPに限りません。
 
 

ショートコードの使い方

 
ショートコードとは、「functions.php」に関数を作成し、それを add_shortcodeによって呼び出して表示させる仕組みのことです。
 
 
サンプルのコードを作ってみましょう。
 
ショートコードの関数を記述するファイルは「functions.php」になります。
functions.phpが置いてある場所は、下記のファイルになります。

 
functions.phpが置いてある場所については、「WordPressの functions.phpがある場所」に詳しく書いています。
 
 
このファイルに、下記の様に関数を追記します。
ファイル内であればどこに書いても問題ありませんが、一番下あたりに追記しておけば分かりやすいでしょう。
———————————–

———————————–
 
「add_shortcode();」で関数を呼び出し、ショートコードとして処理をする仕様になっていて、下記の様に記述します。
———————————–

———————————–
 
これで、ショートコードを書いたページが表示されると、関数が実行され、その結果をページに表示させることができる、という仕組みです。
 
そして、表示させたい WordPressの投稿ページに下記の様に「add_shortcode」の第 1引数で指定した変数名(shortcode1)を「[ ]」で囲んだものを記述します。

 
これで、「shortcode1Func」の関数で処理された内容が編集されます。
 
 
「[shortcode1]」の記述方法は、例えば「Contact Form 7」などのプラグインを使う場合に、指定されたショートコードをページに編集することでお問い合わせフォームを表示させることができるようになりますので、受け入れやすい仕様だと思います。
 
「Contact Form 7」は、WordPressのメールフォームとして有名なプラグインです。
Contact Form 7使い方詳細解説・WordPressメールフォーム」に記事を書いていますのでこちらも参考にしてください。
 
 


 

ショートコードをもう少し使ってみましょう

 
ショートコードで利用する関数の中でも WordPressの関数も実行できます。
 
例えば、下記の様にブログタイトルにテキストをを追加したものを返すこともできます。
———————————–

———————————–
 
呼び出し方は先ほどの「[shortcode1]」と同じです。
 
 
引数を渡して、引数に応じて処理をさせることもできます。
 
———————————–

———————————–
 
これに対して、下記の様にショートコードを記述することで引数を与えて処理をさせることができます。

 
ショートコードで引数をセットして、そこでセットした変数名を指定して関数の中で変数を受け取る処理となります。
 
「’text1′ => ‘X’,」の「=> ‘X’」の部分は、引数がなかった場合のデフォルト値を設定している部分になります。
デフォルト値を設定していない変数に値が入らなかった場合は、nullで処理され、特にエラーは発生しません。
 
また、下記の様に「=」の前後にスペースを入れたり、変数の順番を変えても問題はありません。
 

 
 

ショートコードをテンプレートで呼び出す方法

 
ショートコードは、そもそも PHPを実行できない投稿ページや固定ページで処理をさせるための仕組みですが、同じ仕組みを使ってテンプレートで実行することも可能です。
 
下記の様にテンプレートファイルに記述することで実行が可能です。
 

 
 

ショートコードをウィジェットに呼び出す方法

 
投稿ページや固定ページに add_shortcodeを使ったショートコードを記述して、PHPの処理が実行できるようになりましたので、そのショートコードを同じようにウィジェットに編集すればウィジェットでも実行できるのだと思っていました。
でも、そのままでは実行できないんですよね。
 
ウィジェットでショートコードを実行する方法は「WordPressのウィジェットでショートコードを使う方法add_filter」に書きましたので、併せてご覧ください。
 
 

ショートコードを使った処理

 
ショートコードは、PHPの関数を実行する処理ですので、どんな処理でも作成することができます。
 
そんなわけで、投稿ページや固定ページに共通して表示したい HTMLをパーツ化して任意のページに表示させる、というショートコードを作ってみました。
 
詳しくは、「WordPress 任意のファイルを読み込むショートコードの処理」を参照ください。
 
 

PHPのソースを宣言するのはショートタグ

 
この記事では WordPressのショートコードの話を書いていますが、PHPのソースコードであることを宣言する「<?php …… ?>」タグを「<? …… ?>」として省略形で記述する方法を「ショートタグ」と言います。
 
ただ似てるっていうだけの話ですが、ショートタグについては「サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない」に記事を書いていますので、良ければ参考にしてみてください。
(2015.02.26追記)

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressのログイン画面 URLを変更する 管理画面に Basic認証を設定する

ログインURLは誰でも知っています。そのまま使うとリスクが高まりますのでログインURLを変更し Basic認証で二重チェックをする方法を解説。

Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編

Advanced Custom Fieldsは現時点でカスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。それで入力した情報を取り出す方法を全て網羅して解説しました。

Theme My Loginの日本語翻訳ファイル Ver.6.4.5対応

Theme My Loginの日本語翻訳ファイルのダウンロードページ。WordPressの翻訳ファイルの設置方法、注意点、翻訳ファイルの作成方法なども解説。

DuplicatorでWordPressを簡単引越し!インストーラー付のバックアップにも

WordPressの引越しや開発環境から本番環境への移行など他の環境に移す作業を簡単にしてくれるプラグインの紹介。インストーラー付のバックアップツールとしても使る。

PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成

プラグインの日本語化の手順のまとめ。.pot、.po、.moファイルの解説や便利ツールの Poeditの紹介を行いつつ、手順、ファイル設置場所、注意ポイントなども紹介。

WordPressで使うおススメ FTP、テキストエディタ、圧縮解凍ソフト

WordPressサイトを構築、運用するために必要となるFTPソフト、テキストエディタ、圧縮解凍ソフトのオススメソフトを紹介。

BackWPupでバックアップ・Jobの設定・保存する情報の設定

BackWPupその2。Jobのバックアップの基本部分と対象の設定についての解説。

WP jQuery LightBoxでWordPressの画像を簡単に見やすくする方法解説

画像のリンクに対して LightBox効果を簡単に追加するプラグイン。インストールして数項目にチェックを入れるだけで設定完了。属性を追加することで機能も追加できる。

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

Advanced Custom Fields(ACF)のアドオン・ギャラリーの使い方解説

Advanced Custom Fieldsのアドオン・ギャラリーの解説記事。複数の画像を入力できる優れもので、画像のサイズ、容量などでの制限ができ、より厳密な管理が可能。