エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Search RegexでWordPress投稿の文字列を検索・置換する使い方解説

      2017/03/12

Search Regexで投稿テキストを検索・置換する

 

Search Regexとは?

 
投稿ページや固定ページの投稿内容のテキストを検索、置換を行うプラグインです。
 
利用シーンとしては、あちこちの記事に貼っているアフィリエイトの URLが変更になった、画像を入れるフォルダを変更した、日記のタイトルを変更した、という場合に、これまでの投稿した記事を検索し、それらを必要に応じて置換するという場合に利用するプラグインです。
 
また、WordPressを CMSとして Webサイトの構築に利用している場合は、商品名が変わった、価格が変わった、住所が変わった、などなど一括でテキストを置換したい、と思う場面もあるかもしれません。
 
一つ一つの記事を開いて、修正して、保存して...地道に修正する方法もありますが、そんな場合にもこの「Search Regex」は便利に利用できます。
 
検索機能もありますので、投稿している記事の中から対象テキストがどれくらいあるのかを調べることも簡単ですし、エディタへのリンクもありますので、検索結果からエディタに移動して更新するのも非常に楽なのです。
 
もちろん、まとめて置換してしまって問題ない場合は、一括置換してしまう機能もありますので、置換する記事が多い場合も一瞬で対応してくれます。
 
また、この「Search Regex」は、正規表現も使えますので、ページによって URLが変更になるような場合の検索も対応できてしまいます。
 
 

Search Regexのインストール方法

 
WordPressのプラグインのインストールの解説は「WordPressプラグインの3つのインストール方法解説」に記事を書いていますので参考にしてください。
 
 

Search Regexの使い方

 
「ツール」-「Search Regex」から下記の画面に移動します。
 
20140612_wp_1
 
 
使い方は簡単です。
 
詳細は、下記に書きますが「Search pattern」に置換したいテキストを入力し、「Replace pattern」に置換後のテキストを入力して「Replace」ボタンを押すだけです。
 
 
以下、各項目の説明です。
 
Source
検索、置換を行う対象の項目を指定します。
 Comment author:コメントの投稿者です。
 Comment author email:コメント投稿者のメールアドレスです。
 Comment author URL:コメント投稿者の URLです。
 Comment content:コメントの本文です。
 Post content:投稿記事の本文です。
 Post excerpt:投稿記事の抜粋です。
 Post meta value:カスタムフィールドです。
 Post title:投稿記事のタイトルです。
 Post URL:投稿記事の URLです。
 
Limit to
検索、置換を行う件数の上限を設定できます。
最初に試しに数件置換してみて、問題なければまとめて、なんて思うときは最初は「10」を設定するのもいいかもしれませんね。
「Nolimit」は無制限です。
 
Order By
検索結果の表示順で、「Ascending」は「昇順」で、「Descending」は「降順」です。
昇順は、1、2、3…と並ぶ感じで、降順は、3、2、1…と並ぶ感じです。
 
Regex
検索、置換に正規表現を使う場合にチェックを入れます。
 
Search pattern
検索、置換の対象となるテキストを入力します。
 
Replace pattern
置き換えるテキストを入力します。
 
Search
検索を行い、結果を表示します。結果は下記の画面のイメージです。
 
20140612_wp_2
 
Replace
置換を行うリストを表示します。結果は下記のイメージです。
※このボタンをクリックしても実際の置換は行いません。
 
20140612_wp_3
 
Replace & Save
置換を行い、その結果を保存します。
上記の「Replace」ボタンは、置換と書いてはあるものの、その処理は保存されていませんので、公開側には反映されません。
実際に処理を実行したい場合は、こちらのボタンをクリックします。
 
20140612_wp_4
 
 


 

Search Regexの使い方・「Replace」を押した後

 
上記にも掲載していますが、「Replace」をクリックした後の画面は、下記の様になっています。
 
20140612_wp_5
 
「Search」「Replace」のボタンを押した結果リストの右上にあるリンクの説明をします。
 
view
該当記事のページが表示されます。
 
replace
表示されている部分だけの置換処理が実施されます。
同じテキストでも置換したいところ値置換したくないところがある場合に便利です。
 
edit
該当記事のエディタが表示されます。
個別に対応する場合にはこれをクリックします。
 
 

Search Regexを使うにあたって合わせて使いたい便利なプラグイン

 

直接一括置換ではなく csvで対応したい場合

 
また、一括置換ではなく、csvとしてエクスポートして、表現なども含めて細かく修正して、csvをインポートしたい、というような場合は、下記に記事を書いていますので、そちらも参照してください。
 WordPress csvインポート、エクスポートのプラグイン
 Export to Textで WordPressを csv出力
 CSV Importerで WordPressにcsvを取込む
 
 

WP-DBMANAGERを使って前もってバックアップを

 
この Search Regexですが、便利なツールなのですが、データベースのデータを直接置換していきますので、利用する際には注意が必要です。
あらかじめ、データベースのバックアップを取っておいた方がいいかもしれません。
 
バックアップに関しては、下記の記事を書いていますので、併せて参考にしてみてください。
 WordPress データベースを管理するための強い味方のプラグイン WP-DBMANAGER
 
 

Better Delete Revisionを使って不要なデータを削除

 
WordPressにはリビジョンという投稿途中の記事を自動保存したり、過去に保存した投稿の履歴を保存しておく機能があります。
 
この Search Regexでは、それらのリビジョン機能で保存されたレコードも検索対象として検索結果に表示します。
そのため、それらの置換が不要だという場合は、Search Regexを使う前に、それらのリビジョンのデータを削除しておくといいでしょう。
 
そんなリビジョン削除にお役立ちのプラグインとして Better Delete Revisionというものがあります。下記にそれの使い方についての記事を書いていますので、参考にしてください。
 「Better Delete Revisionを使って WordPressのリビジョンを削除する方法
 
 

Search Regexを使ってみての感想

 
この Search Regexですが、実際に使ってみると非常に考えられたプラグインだと実感しました。
そして、今後ブログを運用していく上では欠かせないプラグインだとも感じましたね。
 
私の場合によくあるのは、投稿記事のタイトルを変更することなのですが、この時、同時にブログ内でリンクを貼っている記事のテキストの修正も必要になるのですが、これまでは過去に投稿した記事の一覧を眺めながら記憶に頼って対応してました。
 
ですが、このツールを使えば、どこにそのタイトルのリンクがあるのか一発で見つけることができますし、置換をするのも簡単です。
 
 
最初は、一括置換するのは怖いなぁ、大丈夫だろうか?と思っていたわけですが、検索結果を見ながら個別に置換ができたり、エディタへのリンクもあったりして、事前にチェックしたり、一つずつ確認することもできたりと、シンプルながらも考えられた機能となっていて、非常に安心して使えるツールとなっていました。
 
過去の記事も更新する必要がある方は一度試してみてください!

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

自サイト内のリンクをショートコードで指定する・アンカーリンク対応版

自サイト内の記事にショートコードで自動リンクを設定する関数のソースコードを提供。Post ID、slugで指定でき、アンカーリンクを設定する場合も対応。

WordPressのログイン画面 URLを変更する 管理画面に Basic認証を設定する

ログインURLは誰でも知っています。そのまま使うとリスクが高まりますのでログインURLを変更し Basic認証で二重チェックをする方法を解説。

WordPressのフォームプラグイン「MW WP FORM」でメールが送信できない不具合の対応方法
WordPressのフォームプラグイン「MW WP FORM」でメールが送信できない不具合の対応方法

WordPressでメールフォームと言えば MW WP Form!そのMW WP Formでフォームを作成したものの、エラーでメールが送信できない!その原因と対処方法を解説。エラーが発生する意外な盲点もある。

SI CAPTCHA Anti-Spamを使って WordPressのコメントスパム対策をする

コメントスパム対策として入力させない対策の一つとしてCAPTCHAという方法がありそれを簡単に実装できるプラグインSI CAPTCHA Anti-Spamの解説です。

WordPressのおすすめの確認画面付きお問い合わせフォームプラグイン・MW WP Form

MW WP Formは確認画面が付いているオススメのフォームプラグインです。企業サイトを CMSとして構築する際にも利用できる実力派です。

Theme My Loginの旧バージョン(V6.4.17)のダウンロード場所の紹介
Theme My Loginの旧バージョン(V6.4.17)のダウンロード場所の紹介

Theme My Loginのバージョンアップ(V6.4系→V7.0系)で不具合が発生!問題を解消するには元バージョンにダウングレードだ!そんな時に必要となるV6.4系をダウンロードできるURLを紹介!

Basic認証をファイル単位・URL単位で設定する方法の解説

Basic認証はフォルダ単位だけでなくファイル単位での設定もできるためログイン画面だけにBasic認証を設定することもできます。その解説です。

WordPressの不正ログインを Force email loginで回避

WordPressのセキュリティ強化に Force email loginを使う理由と設定方法の解説をしています。

Never Let Me Goで会員制サイトの退会機能を実装

会員制サイトで退会する機能を提供するプラグインの設定方法の解説。Theme My Loginなどの会員登録のプラグインと組み合わせて利用します。

seesaaからWordPressに引越。インストールなど必要な全てを解説

seesaaブログからWordPressへの引越し解説。他のブログにはないseesaaブログからcanonicalとリダイレクトの設定方法を実装!