エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBE mtb_constants initパラメータ設定の項目を追加する方法

      2014/06/26

ECCUBE システム設定 > パラメータ設定 の項目を追加する場合

 

更新対応をする必要があるファイル、テーブルは 3箇所

 
システム設定のパラメータ設定については、
 
  /data/mtb_constants_init.php
 
  /data/cache/mtb_constants.php
 
  Databaseの mtb_constants
 
3か所で情報が管理されています。
 
 
管理画面の「システム設定」-「パラメータ設定」の画面に遷移した際に表示される情報は、DBの「mtb_constants」の項目と値です。
 
保存すると、もちろん DBの「mtb_constants」に値が保存されますが、加えて、「/data/cache/mtb_constants.php」にも情報が保存されます。
 
そして、実際の ECCUBEが動作する際に利用されているのは、「/data/cache/mtb_constants.php」のファイルです。
 
情報の管理更新にはデータベースを使っていますが、実際にサイトのページ表示などにはファイルに保存された情報を使っています。
これは、画面表示の度にデータベースにアクセスしていたのでは、データベースに負荷がかかりすぎて表示スピードが犠牲になるため、その対応策として実装されている仕組みです。
 
また、「/data/mtb_constants_init.php」は、これらの更新の作業において全く利用されていません。
ですが、このファイルは、データベースや「/data/cache/mtb_constants.php」のファイルが壊れた際にバックアップ用途として利用されるファイルになっていますので、定期的にメンテナンスをしておく必要があります。
 
 

「mtb_constants」に項目を追加する場合の具体的な手順

 
「mtb_constants」に項目を追加する場合の説明を行います。
 
値を修正するだけであれば、管理画面から値を修正すれば問題ありませんが、項目を増やしたい場合は、管理画面からの操作では対応できませんので、アナログ的な対応が必要になります。
 
例えば、
 項目名「SAMPLE_ADDRESS_A」
 値「市区町村名 (例:千代田区神田神保町)A」
の項目を、一番上の項目として設定する場合の対応手順を見ていきましょう。
 
まず、テーブル「mtb_constants」に値を追加します。
 

 
 
これで管理画面の「パラメータ設定」画面に、新規追加した項目と値が表示されるようになります。
 
「rank」の値は、表示の順番になっていますので、並べたい順番の番号を指定します。
すでにある数値を指定した場合は、すでに指定してある項目の次に編集されます。
 
この状態で、管理画面の情報を更新すると、「/data/cache/mtb_constants.php」ファイルが更新され、システム全体に反映されるようになります。
 
また、その更新した情報で問題がない場合は、「/data/cache/mtb_constants.php」の中身を「/data/mtb_constants_init.php」にコピペします。
その際、元の「/data/mtb_constants_init.php」はバックアップを取っておく方がいいでしょう。
 
これで、設定が終了します。
 
 
ちなみに、ECCUBEのファイル構造については、下記のサイトが参考になるのではないか、と思います。
 http://www.eccube-school.jp/files.html

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. eccube.org より:

    ありがとうございました!無事に解決いたしました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

ECCUBEでテンプレートファイルのファイルサイズは10MB以下のものを使用してくださいのエラーが出た場合

テンプレートをアップロードする際にファイルサイズが大きすぎてエラーが表示される際の対処方法解説。パラメータ設定で設定する制限について解説を行っています。

ECCUBEの管理画面のSSL設定をインストール後に変更する方法

ECCUBEをインストールした後から管理画面のSSL設定を変更する方法を解説します。config.phpファイルのHTTPS_URLとADMIN_FORCE_SSLの値を変更すればOK。

PHPで正規表現の検証には preg_match_allが便利

PHPで正規表現の検証には preg_match_allが便利です。その便利さの使い方の解説です。

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。

PHP画面が真っ白 header(“Location: $url”);

PHPの開発で header(“Location: $url”);を使うと画面が真っ白になる不具合が出る場合もあります。

Basic認証の.htaccess、.htpasswd生成ツールと解説

Basic認証を設定する際に必要となる.htaccess、.htpasswdファイルを生成するツール。ID、PASS、.htpasswdへのパスを入力することで編集する情報を生成します。

路線・駅検索のために緯度経度からPHPで簡易的に距離を計算する処理解説
路線・駅検索のために緯度経度からPHPで2点間の距離を計算する処理解説

路線・駅検索の仕組みの構築は大変。それを簡易に実装するために緯度経度を元に距離計算をする仕組みを考案。まずは2点間の距離を計算する仕組みを解説し、距離計算にまつわる関連技術も紹介。

PHPで配列の値をダブルクオーテーションで囲んでimplodeでカンマ区切りにする方法
PHPで配列の値をダブルクオーテーションで囲んでimplodeでカンマ区切りにする方法

PHPで配列の値を、preg_replace関数でクォーテーションで囲み、implode関数で「,(カンマ)」で区切ってテキスト化する方法。この方法であれば配列が空でも分岐の処理は必要なし!

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!