エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


フォルダを指定してファイルのパーミッションを変更するプログラム

      2014/09/12

フォルダを指定しパーミッションを変更するプログラムを作ってみた

 

プログラムを作った経緯とプログラムソース

 
とあるサーバで、ファイルのパーミッションをまとめて変更したい、という必要性があり、プログラムを作成してみました。
 
大したものではないですが、せっかく作りましたので、もし他の人も何か参考になるのならばと思ってここにアップしてみることにしました。
 
——————

——————
 
 

サンプルソースの使い方

 
上記のソースプログラムを適当なファイル名のファイルにコピペして、サーバにアップして、そのファイルにアクセスすると下記のような画面が表示されます。
 
20140911_php_01
 
「フォルダ名」にフォルダ名を入力します。
相対パスで指定し、フォルダ名の最後に「/」は不要です。
 
「パーミッション」には指定したいパーミッションを入力します。
パーミッションの設定は「0755」「0666」など最初に「0」を付ける必要がありますが、その部分は自動付与しますので、入力は必要ありません。
 
「Chmod実行」ボタンをクリックすると、「フォルダ名」で指定したフォルダの中のファイルのパーミッションを「パーミッション」で指定したものに変更します。
 
フォルダのパーミッションは変更しません。
 
 

プログラムの解説

 
プログラムの解説、というほどたいそうな処理を書いているわけではありませんが、解説をしていきます。
 
35行目の「poendir」でフォルダを開いて、36行目の「readdir」で 1つずつのファイルを取得し、37行目で「.」「..」を排除し、39行目の「is_file」でファイルであることを確認(フォルダを排除)します。
42行目の「chmod」でパーミッションを変更します。
 
また、見ていただいて分かる通り、入力チェックは最低限しか行っていませんので、正しくない値を入れた場合は、想定外の不具合につながる可能性もあります。
 
さらに、サニタイジングも行っていませんので、使い終わったら速やかにプログラムファイルを削除しておく方がいいでしょう。
 
 

サンプルソースの注意点

 
このプログラムは想定通りの結果が得られない場合が多々あります。
下記のような場合は、サーバの設定によって実行できないものになりますので、あきらめるしかありません。
 
・chmod関数が使えない
chmod関数は、使い方を間違えるとサーバ全体に大きな影響を与えかねない関数であることから、これらの関数を利用できないようにしているサーバもあります。
 
・ファイルの権限が違う
サーバで動いているプログラムにはそれぞれ権限があり、FTPでアップロードしたファイルと、PHPのプログラムで生成されたファイルと、それぞれ違うユーザが割り当てられているサーバもあります。
その場合は、作成したユーザが違うためにプログラム上からパーミッションの変更ができない場合があります。
 
 
また、このプログラムは、パーミッションを変えるだけですが、設定に失敗するとシステム全体に大きな影響を与えてしまう可能性もありますので、まずは、テスト用のファイルで実験をしてみてください。
 
例えば、下記の様にフォルダとファイルを生成し、「test1」フォルダを指定して実験してみるとかテストファイルで試してみてください。
/test
/test/chmod_php.php
/test/test1/
/test/test1/01.txt
/test/test1/02.txt
/test/test1/03.txt
/test/test1/04.txt
/test/test1/05.txt
 
※「chmod_php.php」が上記サンプルのプログラムとします。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Smartyの Syntax Errorの原因はスペースかも

Smartyのなかなか原因がつかめない Syntax Errorの原因はスペースかもしれません。

PHPのソースで見慣れない記号が出てきた・アロー演算子(->)、ダブルアロー演算子(=>)

PHPのプログラムソースには見慣れない記号が出てきます。その意味や調べ方です。

ob_start、ob_get_contents関数でPHPの標準出力をバッファリング・変数に代入

標準出力をバッファリングし変数に代入することができるob_start()関数の解説。include()の処理をバッファリングすることで自由な場所に処理を記述することが可能。

ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説

ECCUBEを本番から開発環境をコピーする際の手順を解説。PGMメンテに必要な開発環境を構築する手順を解説。ECCUBEの仕組みは簡単なので作業は5分ほど。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

PHPでスクレイピング。phpQueryとphp-simple-html-dom-parserの比較と設置方法
PHPでスクレイピング。phpQueryとphp-simple-html-dom-parserの比較と設置方法

「PHP スクレイピング」で検索すると「phpQuery」ばかりヒットするが、10年以上も放置されている。なので今も開発が続いている「PHP Simple HTML DOM Parser」をオススメする。

リダイレクトループが原因で「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」「このページを表示できません」が出たときの対策12事例+α

リダイレクトループ、自動転送設定ループの原因の解説とその対応方法を含め事例 12例を挙げて説明。

ECCUBEでカード決済NGの受注情報をマイページ購入履歴に表示しない方法解説

ECCUBEでカード決済に失敗しても購入履歴一覧に注文情報(受注情報)が表示される問題への対処方法を解説。受注情報レコードの作成の流れとステイタスについても解説。