エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


数値がMySQLのint(11)に保存できない!PHPの変数が本当にint型か確認!

   

数値なのにMySQLのint(11)に保存できない!「The provided value is invalid」のエラーが出る理由とその対処方法の解説

 

PHPで数値を int(11)に保存しているのにエラーとなった経緯

 
LAMP環境(Linux、Apache、MySQL、PHPの環境。いわゆる Web環境)で、商品を販売し、その販売手数料をデータベースに保存する、という仕組みを作りました。
 
具体的には...
「商品の価格($price):100,000円」の商品を
「販売手数料率($rate):20%」として手数料を計算し
その手数料を「fee int(11)」というカラムに保存する
というものです。
 
 
これを処理するため、下記の処理を作成しました(言語は PHPです)。
 

 
この処理の結果の「$fee」をテーブルの「fee int(11)」カラムに保存する処理を作成しました。
 
しかし、テーブルに保存する処理で MySQLが「The provided value is invalid」のエラーを出力するのです。
「$fee」に入っている値は「20000」という数値なのにも関わらず!です。
 
それはそれはもう悩みましたよ。
 
 

検証ソースコード・その1

 
この問題を確認するために下記のソースコードを作成しました。
 

 
さて問題です!
この場合「INTです」「INTではありません」のどちらになるでしょうか?
 
問題にするくらいなので、「INTではありません」と出てくると考える方もあるかもしれませんが、理由はお分かりになりますか?
 
 

検証ソースコード・その2

 
では、下記のように記述した場合はどうでしょうか?
 

 
その1と2の違いは、あらかじめ手数料率を計算して変数「$rate_percent」に入れているか、いないかの違いです。
 
 
「$fee」「$fee2」のいずれも「echo」で出力される値は「20000」なのですが、
前者は「INTではありません」となります。
後者は「INTです」となります。
 
理由は、
後者は、変数はすべて「int」であり、計算結果も「int」であるため、最終的な変数である「$fee2」も「int」になります。
 
対して、前者は変数「$rate_percent」に代入される値「0.2」が「int」ではない値(double)となります。
そのため、「int」に「intではない値(double)」をかける計算をする事になり、計算結果の見た目が「int」であったとしても「$fee」は「intではない(double)」となるのです。
 
 

PHPで integerと doubleの計算をする際の対策

 
今回のような integerと doubleの計算をする際の対策としては、キャスト演算子を使って型を指定する必要があります。
 
今回の場合は、下記のような表記にすることで「int」に変換することができます。
 

 
 

PHPの変数の型を調べるには「gettype()」関数を使う

 
PHPでは変数を型を気にすることがほぼないため、そもそもの変数の確認の仕方を忘れておりまして、「in_int()」関数を使って検証を行いましたが、「gettype()」関数を使うと変数の型を簡単に確認することができます。
 

 
「gettype()」関数を使えばここまで悩まずに済んだかもしれません...
 
 

PHPで integerと doubleの計算をしてみて...のまとめ

 
PHPで integerと doubleの計算をしてみて驚きがありました!
こんな仕様、知りませんでした...
 
四則演算でも「+」「-」「×」は気にしなくて良さそうですが、「÷」を使うときは途中で変数を使う場合は、その変数にどのような値が入るのか、それを確認しておく必要がありますね。
 
ちなみに「$rate = 200」を入れると「$rate_percent」も「int」となるため、前者の計算式でも「INTです」となります。
 
 
代入される値によって結果が異なりますので、十分なデバッグが必要になりますね。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。

ECCUBEでカード決済NGの受注情報をマイページ購入履歴に表示しない方法解説

ECCUBEでカード決済に失敗しても購入履歴一覧に注文情報(受注情報)が表示される問題への対処方法を解説。受注情報レコードの作成の流れとステイタスについても解説。

PHPパーミッション変更のchmod関数・モードを変数で指定する方法

パーミッション変更関数であるchmod関数の第二引数、ファイルモードの指定に変数を使う場合は8進数に変換するoctdec関数を使って変換します。

PHPのcURLでAPIやWebサイトへのアクセス方法。file_get_contentsとの比較
PHPのcURLでAPIやWebサイトへのアクセス方法。file_get_contentsとの比較

PHPからWebサイトにアクセスしてHTMLを取得、APIにアクセスして情報を取得する場合は、cURLがオススメ。file_get_contentsでも可能だがエラー制御に難がありトラブルのもとになる。

PHPで特定の日間の日付を for、strtotimeで表示する

ある特定の間の日付の情報を for文、strtotimeを使って作成し、その解説をしています。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める(n文字目で…にする)関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

複数銘柄を指定して株価チャートを一覧するツール公開

入力銘柄の5日間、3か月間、6か月間、1年間、2年間の株価チャートを一覧表示しますのでチャートで売買判断をするのに最適です。

ECCUBEを開発環境から本番ドメインに変更でエラーが・パス変更について

レンタルサーバでサーバ会社から割り当てられたURLで開発し、本番公開時にドメインを当てたらエラーが!そんな場合の対処方法の解説。対処方法は簡単ですが管理画面からは対応不可。

Smartyの Syntax Errorの原因はスペースかも

Smartyのなかなか原因がつかめない Syntax Errorの原因はスペースかもしれません。

PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方
PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方

PHPのスクレイピングライブラリ「PHP Simple HTML DOM Parser」の使い方を解説。要素を取得する方法、そこから属性を取得する方法を解説。また、マニュアルにはない注意点なども解説。