エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


GMOペイメントゲートウェイのjava.io.IOExceptionのエラー

      2016/04/02

GMOペイメントゲートウェイでjava.io.IOExceptionのエラー

 

java.io.IOExceptionのエラーとは?

 
ECCUBEを利用して ECサイトを構築しています。
決済モジュールとして GMOペイメントゲートウェイを導入することにしました。
 
マニュアルに従って導入しましたが、結果通知プログラムから送信されてくるメールが「Error report」となっていました。
 
タイトル「Error report」
以下、本文。
——————————————————-
「PGマルチペイメントサービス」の結果通知にて、エラーが発生しました。
Shop ID = [tshop01010101]
Day Time = [2015-01-01 01:01:01.01]
Error = [送信に失敗しました。 発生例外[java.io.IOException]]
——————————————————-
 
 

java.io.IOExceptionの原因と解決方法

 
java.io.IOExceptionのエラーの原因と解決方法について、マニュアルには下記の様に記載されています。しっかり書かれています。
——————————————————-
・結果通知プログラムファイル:
  pg_mulpay_recv.php に実行権限(パーミッション)が付与されているか 。
・結果通知プログラムファイル:
  pg_mulpay_recv.php が 外部からアクセス可能な状態となっているか。
  IPアドレスや、基本認証によるアクセス制限をされている場合は、
  結果通知を受信いただくことができません。
 
※ 結果通知通知プログラムの保存場所
  EC-CUBEインストールディレクトリ/html/user_data/pg_mulpay_recv.php
——————————————————-
 
原因と解決方法を要約すると
 
【原因】
決済モジュールからメールを送信するため「pg_mulpay_recv.php」を実行しようとしましたが、正常に実行することができませんでした。
 
【解決方法】

  • パーミッションを変更する
  • アクセス制限を解除する

 
【対象ファイル】
 {ECCUBEルート}/html/user_data/pg_mulpay_recv.php
 
 
開発中の場合は、開発中なので Basic認証を設定して開発を行っている場合も多々あると思いますが、Basic認証を設定していると外部からアクセスできないのでエラーになりますよ、という内容です。
IPでの制限をしている場合も同じです。
 
もう一つの可能性としては、「ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに」で紹介しましたが、決済モジュールを追加すると新規でプログラムファイルが設置されますので、「pg_mulpay_recv.php」のパーミッションが正しい設定になっていない場合もあります。
 
 
今回私が遭遇した不具合はこの両方だったワケなのですが、「ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに」が発生していた同じ案件でしたので、パーミッションにばかり気を取られてしまい、Basic認証を設定していたことをすっかり忘れてしまっていた、ということが原因でした。
 
 
ネットで調べると、「サポートに問い合わせてみると良さそうです」と言う回答がありましたので、サポートにメールで問い合わせをすると、わざわざ不具合の原因も調べてくれました。
レスポンスも早かったですね。
そして、お恥ずかしいばかりの原因でした...
 
 

java.io.IOExceptionの原因と解決方法

 
今回の不具合はさておき、クレジットカード決済の動作確認を行うにはクレジットカード番号が必要です。
 
ですが、GMOペイメントゲートウェイではテスト用のカード番号の提供などはありませんが、適当な番号を入力してもカード番号の妥当性チェックではじかれてしまいます。
とは言え、自分のクレジットカード番号を利用するなんてことは考えられないワケで、どうしようかと悩んでいた時に下記のサイトを発見しました。
 
 https://webpay.jp/docs/mock_cards
 
テスト環境で使用できるテスト用のカード番号の情報を提供してくれています。
これを使って決済モジュールの設定が正しいかどうかの確認が行えます。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

サーバ移転、PHPバージョンアップでPHPのソースコードが表示される・ショートタグのPHPが動かない

PHPでショートタグを使うのは危険。サーバ移転やバージョンアップで動かなくなる!ソースが丸見え、設定情報流出のリスクが!php.iniのshort_open_tagの設定を再確認。

ECCUBEの商品一覧ページのSEO対策!rel=”next” rel=”prev”を設定

Googleは関連あるページはその旨明示するよう求めています。ECCUBEの商品一覧ページでその求めに応じるための「rel=”next”」「rel=”prev”」について解説します。

ECCUBEでアップロードできない。upload_max_filesizeを設定する場所

テンプレートをアップロードする際に発生するエラー「テンプレートファイルがアップロードされていません」の対処方法。これはファイル容量の制限に引っかかっています。

SEO対策用タイトル、ディスクリプションの文字数カウントツール

SEO対策に使える文字数カウントツールで文字数の条件の説明も行っています。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める(n文字目で…にする)関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

PHP range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算

PHPの range関数を使って階乗と重複組み合わせを計算し、それを元に乱数発生器を作成しました。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説

ECCUBEを本番から開発環境をコピーする際の手順を解説。PGMメンテに必要な開発環境を構築する手順を解説。ECCUBEの仕組みは簡単なので作業は5分ほど。

QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開
QRコード(二次元バーコード)作成サービスを公開

QRコード(二次元バーコード)を生成するサービス。QRコードにする文字列を入力するだけで QRコードが簡単に作れる。オプションとして、画像サイズ、余白サイズ、エラー訂正レベルがある。

連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説
連想配列のキーも値もまとめてhtmlspecialchars()でサニタイズする関数の作成解説

PHPの配列・連想配列のキーと値をまとめてhtmlspecialchars()関数でサニタイズ(無害化、無毒化)を行う関数を作成。連想配列のキーはarray_map()関数でのサニタイズは無理。