エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに

      2017/03/12

ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Errorに

 

ECCUBEのページがInternal Server Errorはパーミッションが原因

 
ECCUBEには、オリジナルのページを追加する機能が用意されてします。
 
「デザイン」-「PC」-「ページ詳細設定」で遷移する画面から新しいページを追加することができます。
 
ECCUBEで新規追加したページがInternal Server Errorに!原因はファイルのパーミッションの場合が多くその対処方法とプログラムの修正ポイントを解説。Not Foundも解説。
 
 
ここから追加した新しいページにアクセスしてみたところ、「『Internal Server Error』が出て動かない!」ということがありました。
 
原因を調べて見るとファイルのパーミッション(ファイルの属性)が適切でないことが原因でした。
 
 


 

Internal Server Errorにはパーミッションを変更

 
下記の中に生成される PHPファイルのパーミッションを確認しましょう。
 {ECCUBEのルート}/user_data/******.php
 
PHPのファイルのパーミッションが「644」であれば「666」に、「666」であれば「644」などに変更して見ましょう。「604」「606」などの可能性もあります。
 
ここの設定はサーバによって正しい設定が違いますので、一概に「“666”にしましょう!」と言えないのが心苦しいところですが、正しく表示されているページのパーミッションにあわせるとエラーが解消されて正しく表示されることでしょう。
 
 
私が遭遇した場合の「Internal Server Error」は、上記のとおり管理画面からのファイルの作成の際に発生したものでしたが、FTPでファイルをアップロードした場合も「Internal Server Error」が出る場合は、ファイルのパーミッションを変更して見ましょう。
 
 

パーミッションを変更する処理を追加

 
前項の通りパーミッションを変更することで正しく表示されるようになった場合は、今後作成されるファイルのパーミッションが正しいものになるようにプログラムの修正も行っておく方がいいでしょう。
 
対応するファイルは下記になります。
 {ECCUBEのルート}/data/class/helper/SC_Helper_FileManager.php
  ※「data」フォルダはドキュメントルートより上位にある場合もあります。
 
322行目辺りからのソースコードです。
14行目~16行目が追加された部分です。
 

 
作成するファイルの拡張子が「php」の場合は、ファイルのパーミッションを「644」に設定します。
という処理を追加しています。
 
これで今後新しく作成されるページも「Internal Server Error」にならずに生成されるようになります。
 
ファイルに設定するパーミッションは、サーバに合わせて変更してください。
 
 
  ※ECCUBE 2.13.3、2.13.4で検証をしています。
 
 

ECCUBEの新規追加ページが Not Foundに

 
新規作成したページが「Internal Server Error」になる場合はファイルが作成されるものの、ファイルのパーミッションが違う場合に起こる現象でした。
 
ですが、新規作成したページが「Not Found」のエラーになる場合もあります。
これは、ファイルが生成されるフォルダのパーミッションが正しくなく、ファイルが生成されない場合に起こる不具合の一つです。
 
 

新規追加ページが Not Foundの場合はフォルダのパーミッション

 
管理画面からページを新規追加した場合は、下記のフォルダにファイルが生成されます。
 
 {ECCUBEのルート}/user_data/
 
 {ECCUBEのルート}/data/Smarty/templates/{テーマ}/user_data/
  ※「data」フォルダはドキュメントルートより上位にある場合もあります。
 
これらのフォルダに書き込み権限が付与されていない場合は、ファイルを生成することができないため、「Not Found」の原因になります。
 
上記のフォルダのパーミッションを「777」「755」などに変えてみて、ファイルが生成され、エラーが解消されるかを確認してみてください。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Smartyの Syntax Errorの原因はスペースかも

Smartyのなかなか原因がつかめない Syntax Errorの原因はスペースかもしれません。

ob_start、ob_get_contents関数でPHPの標準出力をバッファリング・変数に代入

標準出力をバッファリングし変数に代入することができるob_start()関数の解説。include()の処理をバッファリングすることで自由な場所に処理を記述することが可能。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説

ECCUBEを本番から開発環境をコピーする際の手順を解説。PGMメンテに必要な開発環境を構築する手順を解説。ECCUBEの仕組みは簡単なので作業は5分ほど。

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

Phpmailerでスパム回避!Gmail等のSMTPを経由するPHPのメールフォーム解説

お問い合わせ等のメールフォームから送ったメールがスパム扱いされる!その対策としてライブラリ「Phpmailer」を使う方法を解説。関数化していますのでコピペでOK。

ECCUBEのポイント設定、ポイント付与率を一括で変更する方法解説

ECCUBEの商品個別に設定してあるポイントを一括で変更する方法を解説。ECCUBEには商品個別のポイントを一括して変更する機能がありません。SQLを作成して一括置換!

PHPのソースで見慣れない記号が出てきた・アロー演算子(->)、ダブルアロー演算子(=>)

PHPのプログラムソースには見慣れない記号が出てきます。その意味や調べ方です。

乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!
乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!

乱数やパスワードを生成する乱数発生器を高速化!重複しない10桁、20桁の文字列を10万件、20万件と生成することも可能!イベントのキャンペーンのシリアルコードなどにも利用可能!