エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


Theme My Loginの日本語翻訳ファイル Ver.6.4.5対応

      2017/03/12

Theme My Loginの日本語翻訳ファイル

 

Theme My Loginの日本語翻訳ファイル ダウンロード

 
下記に「Theme My Login」の日本語翻訳ファイルを置いていますので、ダウンロードしてご利用ください。
 
theme-my-login-ja_6-4-5 ※2016.07.02 文字修正
 
 

Theme My Loginの日本語ファイルの利用方法

 
WordPressのプラグインの日本語化の手順は、どのプラグインでも基本的には同じですが、下記の手順で行います。
 

  1. 翻訳ファイルをダウンロードする
  2. zipファイルを展開する(解凍する)
  3. FTPでファイルを設置する
  4. 動作確認を行う

 
 

「3.FTPでファイルを設置する」の解説

 
このうち、説明が必要なのは「3.FTPでファイルを設置する」の部分だと思いますので解説します。
 
ダウンロードしてきたファイルを展開すると、下記の 3つのファイルが入っています。
 
  theme-my-login.pot
  theme-my-login-ja.mo
  theme-my-login-ja.po
 
このうち、.poファイル、.moファイルを下記の場所に設置します。
  /wp-content/languages/plugins/
 
 
WordPressの翻訳ファイルの構成に関連する詳細解説は下記を参照してください。
 PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成
 
 

.poファイル、.moファイルの設置場所の注意

 
プラグインの翻訳ファイルは、下記の場所にも置いてあります。
  /{wordpress}/wp-content/plugins/{プラグイン}/language/
 
ですが、この場所は、プラグインがオフィシャルに提供する翻訳ファイルが置かれる場所で、プラグインをアップデートするたびに削除されます。
そのため、この場所に置いておくと、アップデートの度に置き直す作業が必要になります。
 
ですので、独自に作成した翻訳ファイルは先に説明した「/wp-content/languages/plugins/」の中に設置します。
 
 

翻訳ファイルの構成

 
WordPressの翻訳に関連するファイルは 3種類あります。Theme My Loginの場合は、下記の 3ファイルになります。
 
  theme-my-login.pot
  theme-my-login-ja.mo
  theme-my-login-ja.po
 
「theme-my-login.pot」がテンプレートファイルです。
これをコピーして「theme-my-login-ja.po」を作成し、翻訳をしていきます。
これをコンパイルした実行ファイルが「theme-my-login-ja.mo」となります。
 
そのため、「theme-my-login-ja.mo」だけあれば翻訳機能は利用できます。
ですが、一般的には、「theme-my-login-ja.mo」のソースファイルである「theme-my-login-ja.po」も一緒にサーバにアップしていますので、この記事でもそのように解説しています。
 
 
改めて、翻訳ファイルの仕組みについては下記の記事を参照してください。
 PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成
 
 


 

Theme My Loginとは?

 
Theme My Loginとは、会員制サイトを作成するためのプラグインです。
Theme My Loginは、Web上から会員登録を行うための機能と、会員のマイページ機能、パスワード忘れた場合の対応の機能などの会員制サイトを運営するための会員管理機能を提供するプラグインとなっています。
 
メールアドレス認証や管理者による認証を経ないと会員登録が完了しない機能などを提供していますので、会員制サイトを作る際には非常に役に立ちます。
 
Theme My Loginについての詳しい解説は下記の記事を参照してください。
 Theme My Loginでメール認証、管理者承認付の会員管理・基本編
 
 
ちなみに、ここで紹介した Theme My Loginの日本語翻訳ファイルですが、「月極駐車場検索エース」で利用しています。

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Comment

  1. わし より:

    こんにちは。
    「theme-my-login-ja.po」に変換ミスと思う箇所を発見しましたのでお知らせまで。
    サイド→再度
    「If you do not activate your username within two days, you will have to sign up again.」
    「2日以内にあなたのユーザ名を有効化しない場合、サイドサインアップする必要があります。」

    • エス技研 より:

      わしさん、ご連絡ありがとうございます!
      変換ミスの指摘は非常に助かります!早速文字修正の対応をしまして、ファイルを更新させていただきました。
      ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

Throws SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

コメントスパム対策の決定版ともいうべきプラグイン。簡単な設定で自動的にスパムコメントを削除してくれるので煩わしい作業はゼロに。細かな設定も可能。

FC2からWordPressに引越でcanonicalとmeta refreshで転送設定

FC2からWordPressに引越する際の転送設定はcanonicalとmeta refreshの設定でユーザへもGoogle検索エンジンにも引越し情報を伝えられます。

WordPressで使うおススメ FTP、テキストエディタ、圧縮解凍ソフト

WordPressサイトを構築、運用するために必要となるFTPソフト、テキストエディタ、圧縮解凍ソフトのオススメソフトを紹介。

WordPressのスラッグとは?

WordPressのスラッグって何?それを解説している記事です。なんとなく分かっている気になっているものを改めてしっかり確認をしてみませんか?

WordPressのバージョンアップをしたら「the_content」でコンテンツが表示されなくなった

「the_content」でコンテンツが表示されないのは仕様が変更されたためでプログラムの修正が必要です。

WordPressのプラグイン WP-DBMANAGERを使って PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップ

WP-DBMANAGERを使って WordPress以外の PHP、CakePHP、baserCMSなどで作った Webサービスのデータベースも自動バックアップする方法を解説。

WordPress 任意のファイルを読み込むショートコードの処理

投稿ページにショートコードを利用して任意のファイルを読み込む処理の解説です。

カスタムフィールドの検索処理をget_posts()関数のmeta_queryで作成しそれを解説

カスタムフィールドを条件検索・抽出する機能開発の解説。サンプルソースをコピペすればOK。詳細解説もあるのでカスタマイズもできる!

Advanced custom Fieldsの条件判定活用方法・フィールドグループ複製より便利

Advanced custom Fieldsの条件判定を使ってカテゴリごとに入力項目を変化させる方法を実例を用いて解説します。投稿フォーム構築が格段にレベルアップします。

WordPressの管理画面と公開画面を別のドメインに分離して運用する方法

管理画面と公開画面のURLを違うドメインで設定・運用する方法を解説。管理画面と公開画面の場所を分離することでセキュリティ面でのメリットが大きくなります。