エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説

   

CakePHPで入力値によってバリデーションを切り替える

 

CakePHP 2でバリデーションを条件によって切り替える方法

 
入力フォームから入力された項目によって、バリデーション(入力チェック)の内容を変えたい、という場面があると思いますが、その方法を CakePHPで実装する方法を解説します。
 
対象バージョン:CakePHP2系(CakePHP 2.2以上)
 
参考サイト
https://book.cakephp.org/2.0/ja/models/data-validation.html#id11
 
 

条件によってバリデーションの内容を変える具体的な例

 
想定している具体的なイメージは下記のような感じです。
 
「連絡手段を選択し、選択した連絡手段の連絡先の情報を入力してください。」
 
01_CakePHPのバリデーションを入力値・項目の条件によって変える方法を解説
 
上記の入力フォームで、「連絡手段」の選んだ選択肢によって、「連絡先情報」の入力内容が変わるため、それに合わせて「連絡先情報」のバリデーションの内容を変更する必要があります。
 
 「連絡手段:電話」 の場合は、電話番号チェック
 「連絡手段:メール」の場合は、メールアドレスチェック
 「連絡手段:郵送」 の場合は、郵便番号チェック
 「連絡手段:その他」の場合は、必須チェックのみ
 
 

CakePHPで unsetを利用して入力値を条件としてバリデーションを切り替える具体的なソースコードと解説

 

バリデーションを切り替える処理の実装手順

 
実装の手順としては以下の通りです。
 
1.Modelに、必要なバリデーションを記述します。
2.Controllerに、条件よって使わないバリデーションを削除する処理を記述します。
 
 

1.Modelに、必要なバリデーションを記述

 
では、具体的なソースコードを確認していきます。
 
まず、Modelに記述するバリデーションの内容です。
コメントを書いていますが、必須チェックのほか、電話番号、メールアドレス、郵便番号の入力チェックを行うバリデーションを記述しています。
 

 
上記の「rule」では、
/^\d{10,11}$/」(10桁~11桁の数値)
/^\d{3}-\d{4}$/」(3桁の数値 + 「-」 + 4桁の数値)
のように、正規表現を使って入力条件を指定しています。
 
 

2.Controllerに、条件よって使わないバリデーションを削除する処理を記述

 
続いて、1で設定したバリデーションを、条件によって使わない処理を記述していきます。
 
入力された「連絡手段」を「$this->request->data['Contact']['method']」で取得し、電話の場合、メールの場合、電話の場合と振り分け、必要ないバリデーションを「unset」コマンドで削除していきます。
 
その結果、必要なバリデーションだけが残り、その処理が実行される、という仕組みになっています。
 

 
 
ちなみに、この「unset」は CakePHP 2.2で追加されたため、CakePHP 2系でも 2.2より前のものではこの方法は使えません。
 
 

CakePHPで条件によってバリデーションを振り分ける処理のまとめ

 
入力条件によってバリデーションを振り分ける処理として、今回は「unset」関数を使ってすでにあるバリデーションを削除していく、という処理で条件に合致するバリデーションを指定する方法を紹介しました。
 
これ以外にも方法はあるようですが、この方法は理解しやすく、実装しやすい方法だと感じます。

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP 2.3 bakeの超初心者向けフォロー講座

CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその3で記事を更新する際のファイルの取り回しなどについてを解説。

CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法
CakePHP3のアソシエーションでJOINのタイプのLEFT、INNERを切り替えながら使う方法

CakePHP3でテーブルのアソシエーションしたデータの取得をコントローラー側でINNERかLEFTを指定する方法を解説。TableファイルにINNERで指定していてもController側で変更ができる。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説

CakePHP3でパンくずの指定方法の解説。2つのヘルパーがあるが簡単なHTMLヘルパーを使った方法を、実際の状況に合わせて3つのパターン(エレメント化、ブロック化)にして解説。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHP 2.3 ID以外のカラムでアソシエーション(連携)をさせる場合の詳細ページの注意点

ID以外のカラムでアソシエーション(連携)させて詳細ページを表示させる際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて解説しています。

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP 2.3でOn Duplicate Key構文を実装

CakePHPで On Duplicate Key構文を Queryを利用して実装する方法をサンプルソース付きで解説します。

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。