エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

      2017/10/28

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存

 

関連データの想定イメージ

 
 EntryDatas ─┬─ JobDatas1
        ├─ JobDatas2
        └─ JobDatas3
 
求人情報サイトで、1回のエントリー(EntryDatas)で複数の求人(JobDatas)に応募するようなことを想定していまして、1つのエントリーに関連付けて、複数の求人情報もまとめて保存する方法を解説します。
 
 

想定のテーブルイメージ

 
テーブル名は「entry_datas」「job_datas」で、それぞれ以下のような構造を想定しています。
 

 
このテーブルを基にして、「bake all」で各種ファイルを生成したものをベースにします。
 
 

モデルのテーブルファイルの変更

 
まず、モデルのテーブルファイルを修正します。
対象ファイルは「EntryDatasTable.php」です。
 

 
bakeをしただけでは、「EntryDatasTable.php」ファイルには、テーブルの連携(アソシエーション)の情報が記載されませんので、上記の通り、「hasMany」の記述を追加します。
この際、連携先の「JobDatas」のテーブル名の指定は、「JobDatas」でも「job_datas」のどちらでも動きます。
が、規約に則った記述方法は「JobDatas」であろうと思います。
 
 


 

テンプレートファイルの生成

 
続いて、入力のフォームを生成します。
対象ファイルは、「EntryDatas」側の「add.ctp」です。
 

 
「EntryDatas」側の入力フォームは変更しません。
「JobDatas」側の入力フォームを追加します。その際、「job_datas」のテーブル名を指定して記載します。
また、入力エリアを複数設ける場合は「0」「1」...と連番を振っていきます。
 
この際、テーブル名を追記するのは、「JobDatas」側だけです。
 
テーブル名を明記するため、「EntryDatas」側にも書いた方がいいような気もするのですが、「entry_datas.title」のように記述してしまうと、正しく保存されなくなります。
(記述してしまうと、save()関数を実行しても、エラーログは出力されず、falseの処理となるため、原因がよく分からず悩むことになります。)
 
 

コントローラーの変更

 
コントローラーの更新を行います。
対象ファイルは「EntryDatasController.php」です。
 

 
変更箇所は、3行目の一番後ろに「, ['associated' => ['JobDatas']]」を追加するところです。
 
この記述の「JobDatas」の部分は、テーブルファイルに追記した「hasMany」で記述したテーブル名を指定します。
「JobDatas」なのか「job_datas」なのか、テーブルファイルと同じものを指定します。同じではない場合はエラーとなります。
 
 

CakePHP2の情報で CakePHP3でもそうなのか未確認の情報

 
下記の CakePHP2のマニュアルには、いくつか興味深い内容が記述されています。
 

CakePHP は1度に複数のモデルの バリデーションとデータ保存をしてくれる saveAssociated() という 便利なメソッドを提供しています。 また、 saveAssociated() はデータベースの整合性を確保するために トランザクションの機能もサポートしています。 (つまり、あるモデルがデータ保存に失敗した場合は、他のモデルのデータも保存されません)

https://book.cakephp.org/2.0/ja/models/saving-your-data.html#hasone-hasmany-belongsto より抜粋
 
つまりは、この「saveAssociated()」の処理を利用して保存することで、保存時に不具合が発生しても、一部のレコードだけが保存されて整合性が無くなるということはない、ということです。
 
おそらく、CakePHP3にもこの機能があるのだと思いますが、CakePHP3のマニュアルにはそのような明記がなく、具体的な検証は行っていません。
どなたかわかりますでしょうか?
 
また、このようなトランザクション処理を正常に処理するため、MySQLの場合は、データベースのエンジンは「InnoDB」の必要があるようです。
「MyISAM」はトランザクション処理をサポートしていないためです。
 
もし、データの保存がうまくいかない場合は、データベースのエンジンが「MyISAM」でないかを確認することも必要かもしれません。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3にWYSIWYGエディタのCKEditor4を設置、カスタマイズ方法を解説
CakePHP3でページごとに読み込むJavaScript、CSSを変える処理の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3の更新画面でUpload Plugin 3.0を使う方法、viewで使う方法解説・その3
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3の画像、ファイルアップロードプラグインUpload Plugin 3.0の設置解説・その1
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3のバージョンを指定してインストールする詳細な手順を解説
CakePHP3のタイムゾーンを協定世界時UTCから日本標準時間JSTにずれを変更する方法
CakePHP3チュートリアルで日付と時刻のDateTimeでエラーが出たときの対処方法
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの設置方法と基本的な検索処理の解説です。

CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説
CakePHP3のCakeDC/Usersのログイン後のリダイレクトを設定解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ログイン認証後にリダイレクトする先の設定方法についての解説と実運用するために必要なコツを解説。便利な仕組みも仕様の理解があって初めてうまく使いこなせる。

CakePHP 2.x系 Viewでのコメントの記述方法など

CakePHPにおいて View、ctpファイルでコメントを記述する方法を解説。

CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2
CakePHP3のUpload Plugin 3.0をバリデーションなど実運用向けのカスタマイズ方法解説・その2

CakePHP3でファイル、画像をアップロードするプラグイン、upload plugin 3を導入する手順を解説した記事。3部作のその2でバリデーションなどの実用的なカスタマイズ方法を解説。

CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得
CakePHP3でDocumentRootやwebroot、imgフォルダのURLやドメイン、パスを取得

URLやドメイン、フォルダへのパスの取得は、ビューではUrlHelperを使い、コントローラーではRouterクラスを使います。第2引数の指定でURLを取得することも可能。

CakePHP 2.3 ログイン、操作履歴、アクセスログ出力

CakePHPでログインや操作履歴などのアクセスログ出力処理を作成します。

CakePHP 2.3 主キー(ID)以外のキーで更新方法 updateAll

主キー(ID)以外のカラムをキーとして更新する方法、updateAllの使い方をサンプルを用いて解説します。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。UserHelperを利用し、ログアウトのリンクや権限があるときのみ表示されるリンク、プロフィールページへのリンク、reCAPTCHAの設置方法などを解説。