エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

      2017/10/28

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存

 

関連データの想定イメージ

 
 EntryDatas ─┬─ JobDatas1
        ├─ JobDatas2
        └─ JobDatas3
 
求人情報サイトで、1回のエントリー(EntryDatas)で複数の求人(JobDatas)に応募するようなことを想定していまして、1つのエントリーに関連付けて、複数の求人情報もまとめて保存する方法を解説します。
 
 

想定のテーブルイメージ

 
テーブル名は「entry_datas」「job_datas」で、それぞれ以下のような構造を想定しています。
 

 
このテーブルを基にして、「bake all」で各種ファイルを生成したものをベースにします。
 
 

モデルのテーブルファイルの変更

 
まず、モデルのテーブルファイルを修正します。
対象ファイルは「EntryDatasTable.php」です。
 

 
bakeをしただけでは、「EntryDatasTable.php」ファイルには、テーブルの連携(アソシエーション)の情報が記載されませんので、上記の通り、「hasMany」の記述を追加します。
この際、連携先の「JobDatas」のテーブル名の指定は、「JobDatas」でも「job_datas」のどちらでも動きます。
が、規約に則った記述方法は「JobDatas」であろうと思います。
 
 


 

テンプレートファイルの生成

 
続いて、入力のフォームを生成します。
対象ファイルは、「EntryDatas」側の「add.ctp」です。
 

 
「EntryDatas」側の入力フォームは変更しません。
「JobDatas」側の入力フォームを追加します。その際、「job_datas」のテーブル名を指定して記載します。
また、入力エリアを複数設ける場合は「0」「1」...と連番を振っていきます。
 
この際、テーブル名を追記するのは、「JobDatas」側だけです。
 
テーブル名を明記するため、「EntryDatas」側にも書いた方がいいような気もするのですが、「entry_datas.title」のように記述してしまうと、正しく保存されなくなります。
(記述してしまうと、save()関数を実行しても、エラーログは出力されず、falseの処理となるため、原因がよく分からず悩むことになります。)
 
 

コントローラーの変更

 
コントローラーの更新を行います。
対象ファイルは「EntryDatasController.php」です。
 

 
変更箇所は、3行目の一番後ろに「, ['associated' => ['JobDatas']]」を追加するところです。
 
この記述の「JobDatas」の部分は、テーブルファイルに追記した「hasMany」で記述したテーブル名を指定します。
「JobDatas」なのか「job_datas」なのか、テーブルファイルと同じものを指定します。同じではない場合はエラーとなります。
 
 

CakePHP2の情報で CakePHP3でもそうなのか未確認の情報

 
下記の CakePHP2のマニュアルには、いくつか興味深い内容が記述されています。
 

CakePHP は1度に複数のモデルの バリデーションとデータ保存をしてくれる saveAssociated() という 便利なメソッドを提供しています。 また、 saveAssociated() はデータベースの整合性を確保するために トランザクションの機能もサポートしています。 (つまり、あるモデルがデータ保存に失敗した場合は、他のモデルのデータも保存されません)

https://book.cakephp.org/2.0/ja/models/saving-your-data.html#hasone-hasmany-belongsto より抜粋
 
つまりは、この「saveAssociated()」の処理を利用して保存することで、保存時に不具合が発生しても、一部のレコードだけが保存されて整合性が無くなるということはない、ということです。
 
おそらく、CakePHP3にもこの機能があるのだと思いますが、CakePHP3のマニュアルにはそのような明記がなく、具体的な検証は行っていません。
どなたかわかりますでしょうか?
 
また、このようなトランザクション処理を正常に処理するため、MySQLの場合は、データベースのエンジンは「InnoDB」の必要があるようです。
「MyISAM」はトランザクション処理をサポートしていないためです。
 
もし、データの保存がうまくいかない場合は、データベースのエンジンが「MyISAM」でないかを確認することも必要かもしれません。
 
 

CakePHP3の関連記事

CakePHP3でレコードを保存(追加、更新、Insert、Update)する複数の方法を紹介
CakePHP3でモデルなしフォームからCSVをアップロードしレコードを更新する方法解説
CakePHP3でPHP Simple HTML DOM Parserを使ってスクレイピングする方法
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3の1対多での連携を中間テーブルを使った多対多の連携に変更するときの手順
CakePHP3でデフォルトのソート条件を設定してユーザの選択肢たソート条件を有効にする方法
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3でパンくずの指定は HTMLヘルパーを使って指定する方法を解説
CakePHP3にOGPをfetch、asignを利用してテンプレートごとに指定する方法を解説
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
 
その他の「CakePHP3」に関する記事一覧
 
 

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1
CakePHP3でファイルのアップロード処理を自作・解説付き・その1

CakePHP3でファイルをアップロードする処理を、php.netにある「エラーを起こさない」と説明がある処理を参考に作成。サンプルソースとその解説付きで、コピペでも動くし、カスタマイズも簡単!

CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法
CakePHP3でComposerでインストールできないプラグイン、外部ライブラリを vendorに入れて手動で読み込む方法

CakePHP3にComposerからインストールできないプラグインやライブラリなどを利用する方法、vendorにファイルを設置し、composer.jsonを更新し、それを呼び出す方法を詳細に解説。

CakePHP3のインストールでURL rewriting......のエラーが!その解決方法解説
CakePHP3のインストールでURL rewriting……のエラーが!その解決方法解説

CakePHP3をインストールしたら URL rewriting is not properly configured.のエラーが。原因は.htaccessが有効になっていないこと。httpd.confに設定を追加すればOK。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説
CakePHP3で静的ページの作成は webrootか pagesを使う。トップページを参考に解説

CakePHP3で静的なページを設置する場合の方法(webrootとpagesとを活用する方法)を解説。pagesの解説はデフォルトのトップページがどう表示されているかを参考に解説。ルーティングの機能も。

CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」
CakePHP3でQRコードを作成、表示するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」

CakePHPでQRコードを生成するライブラリ「cakePHP-QR-Code-Helper」の紹介。GDライブラリのインストールも必要ないHelperとして提供されているため、ファイルを設置すればすぐに使用可能。

CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法
CakePHP3で保存前にバリデーション結果を取得する2つの方法

CakePHP3でデータベースに値を保存する前にバリデーションを行い、その結果によって処理を振り分ける方法について解説。「$topic->errors()」と「$topic->hasErrors()」の2つの方法がある。

CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定
CakePHP3のOGPはHTMLヘルパーの$this->Html->meta()を使って設定

CakePHP3でOGPを設定する方法を解説。metaタグを編集するHTMLヘルパーを利用してOGPのタグを編集する。また、エレメントとして分割することでメンテナンス性も向上させる。

CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説
CakePHP3のCakeDC/Usersの画面、メール本文テンプレートのカスタマイズ方法解説

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。ユーザ新規登録の流れを紹介しつつテンプレートファイルがどこにあるか、設定情報ファイルがどこにあるか、を説明しつつカスタマイズの方法を解説します。

CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説
CakePHP3でユーザ定義の定数、変数を設定し、読み込む方法解説

CakePHP3で定数や共通で使う変数をまとめて設定し、プログラム内で読み込む方法を、bootstrap.phpに直接記述する方法と定数ファイルを分ける方法の3つの方法で解説。