エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


WordPressで WPtouchを入れてモバイルテーマを「OFF」にしたら元に戻れなくなった

      2017/03/11

WordPressの WPtouch Mobile Pluginを設置

 

WordPressの WPtouch Mobile Pluginによる不具合

 
WordPressでスマホ対応を行うため、WPtouch Mobile Pluginを設置しました。
そして、モバイルページには確認のために公開ページを表示したところ、ページの一番下には「モバイルテーマ」の「ON/OFF」を切り替えるボタンがありました。
 
ボタンがあれば押してみるのが心情だと思うのですが、私も何も考えずにその「OFF」のボタンを押してみたのです。
そうすると、モバイルページから PC用のページに切り替わり、そして....「モバイルテーマ」の切り替えスイッチが表示されなくなり、元に戻ることができなくなったのでありました。
 
テンプレートを非表示にしてみても、再度ナビゲーションを消してみても、フッターを消してみても表示されないのです。
 
最初は、Chromeの Developer Toolsで疑似的にスマホ環境を作っていましたので、ほかの環境ではどうなのか、とFireFoxの FireMobileSimulatorで表示させてみると最初はボタンは表示されるが、やはり一度「OFF」を押すと次から表示されなくなる。
実機でやってみても同じ。
そして、Mobilizerをインストールして....と徐々に表示できる環境が減っていくという恐怖...動作検証ができなくなると開発に支障が出てくる...
と思いさすがに根本的な解決策を探さないわけにはいかず、調べてみることにしました。
 
そうすると意外にあっさりと解決策が見つかりました。
下記サイトが参考になります。
 
http://9ensan.com/blog/wordpress/wptouch-pc-iphone-button/
 
それくらい同じような問題を抱えているか方が多いということですね。
 
 
——————————-

——————————-
 
この表記をフッターの下に編集すれば OKです。
 
テンプレートファイルで「get_footer();」を記述している下に編集する方法でも OKですが、この方法ではすべてのテンプレートに編集していく必要がありますので、私は「footer.php」の一番下、「</html>」タグの下に編集することで対応をしました。
 
上記サイトにも書かれていますが、「wp_footer」が存在しないと表示処理自体が実行されないので、ページの上部などに表示させるということは難しいようです。
 
 


 

スマホ環境を再現するシミュレーター

 
ちなみに、スマホの確認環境を構築するためのシミュレーター情報を載せておきます。
 

FireMobileSimulator

 http://firemobilesimulator.org/
 
もともとは、FireFox用のプラグインだったために Fire…という名称ですが、現在は Chrome版もあります。
非常に便利なのですが、機能を ONにすると、すべてのウインドウ、タブが共通して同様の設定した環境に代わってしまうため、これを使う場合には、確認は FireFoxを使うが、開発用のブラウザは chromeを使う、といった複数のブラウザを利用して開発を行うようなことになるでしょう。
 
 

Google Developer Tools

 http://www.submit.ne.jp/1199
 http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/04/23/chrome-responsive-debug/
 
Google Chromeに標準搭載されているツールを使うという方法です。
Chromeを使っている場合は、特に新たにツールをインストールせずに使えるため、日頃開発に使っていないパソコンなどでも使える可能性が高いため、使い方を覚えておいて損はないでしょう。
また、FireMobileSimulatorと違い、タブごとに設定されますので、複数のタブごとに環境を切り替えて見比べる、といった使い方もできますので、こちらの方が重宝する場面もあるでしょう。
ただ、上記の 2つ目のサイトにもありますが、完全にエミュレートできるわけではないことには注意が必要でしょう。
 
 

Mobilizer

 http://www.springbox.com/mobilizer/
 
これは、ブラウザにプラグインを入れて使うタイプのものではなく、独立したアプリケーションのシミュレーターです。
インストールの方法も使い方も簡単ですが、インストールに際しては、「.air」拡張子の AIRのアプリケーションであるため、下記のサイトを参考にしながら AIRをインストールしてから使う必要があります。
 http://naruhiko1111.com/1635.html

 - WordPress

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

WordPressの管理画面と公開画面を別のドメインに分離して運用する方法

管理画面と公開画面のURLを違うドメインで設定・運用する方法を解説。管理画面と公開画面の場所を分離することでセキュリティ面でのメリットが大きくなります。

Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編

Advanced Custom Fieldsは現時点でカスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。それで入力した情報を取り出す方法を全て網羅して解説しました。

Advanced Custom Fields管理画面の全項目完全解説・カスタムフィールド決定版!

カスタムフィールドを設定する最高のプラグイン。設定できる項目を全て網羅して解説。投稿の項目だけではなく、カテゴリやユーザ情報の項目を増やすことにも使えます。

Never Let Me Goで会員制サイトの退会機能を実装

会員制サイトで退会する機能を提供するプラグインの設定方法の解説。Theme My Loginなどの会員登録のプラグインと組み合わせて利用します。

WordPressの高速化でSEO対策!広告費も削減!高速化の施策のまとめ

WordPressを高速化するためのまとめ記事。これまで多様な高速化の対応を行ってきましたが、それを具体的に何をすればいいかが一目でわかるようまとめ記事にしました。

WordPress 任意のファイルを読み込むショートコードの処理

投稿ページにショートコードを利用して任意のファイルを読み込む処理の解説です。

get_categories、get_termsでカテゴリとタクソノミーのターム一覧の編集方法

get_categories()関数やget_terms()関数を使ってタクソノミーのタームを取得し検索処理の部品を作るプログラム作りその解説をしています。

WordPress管理画面のメニューに項目を追加する方法解説

WordPressの管理画面のメニューに項目を追加する方法をサンプルソースを交えて解説します。

ショートコードで簡単解決!WordPress固定ページにカテゴリ一覧を編集する方法

ショートコードを使って固定ページや投稿に特定のカテゴリ一覧を編集する処理を作りました。プラグインなしで30行くらいのソースコピペで実現できます!

PoeditでWordPressの日本語対応方法。英語プラグインの日本語翻訳ファイル作成

プラグインの日本語化の手順のまとめ。.pot、.po、.moファイルの解説や便利ツールの Poeditの紹介を行いつつ、手順、ファイル設置場所、注意ポイントなども紹介。