エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索

      2017/03/12

Search Pluginで検索処理 設置方法 その5

 

Search Pluginで検索処理 AND検索、OR検索のサンプルコード

 
今回の検索は、入力項目に複数のキーワードを入力した際に、AND検索したり、OR検索したりする検索方法です。
今回の処理は、「CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法」をベースにしていますので、そちらもご覧ください。
 
 
CakePHPの Search Pluginでは、AND検索、OR検索の方法も簡単に実装できるように用意されています。
今回は、下記のように Modelの「nickname」に「’connectorAnd’ => ‘ ‘, ‘connectorOr’ => ‘,’」を追加することで、それぞれ AND検索、OR検索を実装しています。
AND検索の場合は「ー ン」の様に、OR検索の場合は「太郎,多恵子」の様に入力することでそれぞれ検索を行えます。
 
Googleの検索が半角スペースで区切ることで AND検索になりますので、「’connectorAnd’ => ‘ ‘」としていますが、「’ ‘(半角スペース)」と記述していある部分を好きな記号に変更することでオリジナルの区切り文字を設定することができます。
 
ただ、OR検索は、Googleの場合は「or」と入力することで OR検索になりますが、CakePHPのこの Search Pluginの場合は、区切り文字を 2文字以上のものを設定することができませんので、「’connectorOr’ => ‘,’」の方は「’,’(カンマ)」を設定しています。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
 

Search Pluginで検索処理 AND検索、OR検索の注意点

 
上記の方法は、検索対象が部分一致検索(’type’ => ‘like’)の場合のみ有効です。
 
完全一致検索(’type’ => ‘value’)の場合は、下記の様に「connectorAnd」「connectorOr」を設定してもエラーにはなりませんが、正しい検索結果は戻ってきません。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
私は、このことが分からず、かなーりハマりました。エラーが起こらないために何が悪いのかが分かりにくいんですよね。
 
 


 

Search Pluginで検索処理 AND検索、OR検索の処理のポイント

 
ではどうするか。
下記の様に「’type’ => ‘subquery’」を設定し、「searchIn」の関数を設定し、queryに編集する文字列を生成します。
subqueryを設定し、入力値を戻すだけで IN句を生成してくれるようです。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
ただ、この場合、「1,2,3」の様に「,(カンマ)」で区切らないとエラーになります。
そのため、もし、入力値が数字のみと分かっている場合は、「searchIn」の関数の中身を下記の様にしてみるのもいいでしょう。
1行目で数字以外を「,」に変換し、2行目でカンマが連続している場合はカンマ一つに変換する処理を入れて、3行目、4行目で先頭と最後尾のカンマを削除しています。
これであれば、数値以外が入力されても問題はないでしょう。
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
 

Search Pluginで検索処理 AND検索、OR検索の応用編

 
その他、これを応用して、例えば、必ず表示させる情報がある場合の対応も可能です。
 
具体的なイメージとしては、会員サイトで会員ごとにお知らせを配信しているとします。
通常は、会員ごとに配信するので会員 IDを付与してお知らせを配信しますが、全会員に向けて一斉配信したいお知らせがあった場合に、特定の IDを付与したお知らせはすべての会員に配信したい、そんな状況を想定します。
 
処理の方法は、「$data[‘id’] .= ‘,20’;」の行を追加するだけです。
今回は、サンプルとして「20」の IDは必ず表示させるようにしていますが、IDを 0にするといった方法でもいいと思います。(もっとスマートな書き方もありますが...)
 
————–(/app/Model/User.php)

————–
 
 
 
【CakePHP 2.3 Search Plugin検索処理 目次】
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その1設置方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その3入力エリア一つで複数の項目を同時に検索する方法
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その4前方一致検索、後方一致検索、不等号による検索、between句による範囲検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その5入力項目に複数項目入力した場合の AND検索、OR検索
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その6ORDER、sortソートの機能
CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その7queryを使って 日付の範囲検索

 - CakePHP 2.x 3.x

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP 2.3 連携先のテーブルの項目で条件抽出する場合

アソシエーション(連携)している先のテーブルの項目で条件抽出する際の考え方と注意点をサンプルソースを用いて説明しています。

CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定
CakePHP3のCakeDC/Users、Authでログインなしでもアクセスを許可する設定

CakePHP3の Authコンポーネントや CakeDC/Usersプラグインなどを利用したユーザ管理・認証システムにおいて、ログインしていなくても見ることができるページの設定方法を解説。

CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説
CakePHP3にデイトピッカー jQuery UI DatePickerを実装する手順の解説

CakePHP3にjQuery UIのDatePickerを実装する手順を説明。併せて、デイトピッカーを設置に関連するCakePHP3の解説と、テーマを変更したり、表記を変更するカスタマイズする方法なども紹介。

CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ
CakePHP3のCakeDC/UsersのUserHelperでログアウトやreCAPTCHAをカスタマイズ

CakeDC謹製Usersプラグインの紹介。UserHelperを利用し、ログアウトのリンクや権限があるときのみ表示されるリンク、プロフィールページへのリンク、reCAPTCHAの設置方法などを解説。

CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法
CakePHP3のビューで受取ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換する方法

コントローラーからビューに送ったテーブルのオブジェクトを連想配列に変換し、ビューの中で自由に使えるようにするメソッド「toArray()」の解説。連想配列に変換できれば利用度アップ!

CakePHP3でassociatedを使って関連データをまとめて保存する方法(hasOne、hasMany、belongsTo)

CakePHP3で関連データをまとめて保存する方法。hasOne、hasMany、belongsTo等の関連データはassociatedを追加することでまとめて保存することができます。

CakePHP 2.3 Model、Controllerの見たい変数の中身をログ出力

CakePHPの Modelや Controllerの変数の中身をログとして出力して見る方法を提供します。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で動的に表示件数を変える方法です。

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る
CakePHP3で他のテーブルのマスタテーブルからセレクトボックス(プルダウンリスト)を作る

他のテーブルのマスタのレコードからプルダウンリストを作成し、選択できるようにするサンプルプログラムと解説。ORMの設定によりデータベースの値を取得し、配列を作成し optionsに与える。