エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


パーミッション(属性)一括変更ツール・WordPress最適化済

      2017/03/12

ファイル、フォルダのパーミッション一括変換ツール

 

「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」リリース!

 
WordPressのファイル、フォルダのパーミッション(属性)をまとめて変更するツール(PHPのプログラム)を作りました。
 
 パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)ダウンロードページ
 
 
パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)の機能
・WordPressのフォルダ内のファイル、フォルダのパーミッションの一覧を表示します。
・表示されたファイルを選択し、パーミッションを変更します。
 
 
パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)の目的
WordPressのファイル、フォルダのパーミッションを変更し、セキュリティの向上を目的としています。
 
 
ちなみに、「WordPress最適化済」と書いてはいますが、WordPressでなくても何のサイトでも全く問題なく使えます。WordPressに限定するような処理は一切いれていません。というか、何をすれば WordPress限定にできるのか分かりません(笑)!
 
ただ、「WordPress最適化済」と対象を明確にしておく方が WordPressを使う方にとっては優しいかな、と。
「あ、これ、WordPressのパーミッションの変更用のツールなんだ!」と思ってもらえる方が WordPressユーザには使ってもらいやすいかな、と思ったというお話です。
 
 

「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」の使い方

 
ファイルをダウンロードして、zipファイルを解凍して「chmod_wp.php」を取り出します。
取り出したファイルを WordPressがインストールされているフォルダに FTPでアップロードします。
 
http://{WordPressのURL}/chmod_wp.php にアクセスします。
 
20140924_wp_01
 
ファイルリストを作成する条件を設定し、「ファイルリスト表示」をクリックすると条件に合致するファイルの一覧が表示されます。
 
 
20140924_wp_02
 
表示されたファイルの一覧の中からパーミッション(属性)を変更したいファイルにチェックを入れ、「パーミッション」を設定し、「パーミッション変更実行」をクリックすることでパーミッション変更が実行されます。
確認画面はありませんのでご注意ください。
 
 
20140924_wp_03
 
実行修了すると、パーミッションの変更が処理されたファイルのパーミッションは赤字表示され、「設定されたパーミッション」も表示されますので、パーミッションが変更されたことを確認してください。
 
 
なお、万一の事故防止のため、指定するファイルのチェックと、パーミッションの値は毎回入力していただくようになっています。
 
 


 

「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」初期設定について

 
「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」は、WordPressがインストールしてあるフォルダに入れて、そのまま使えるようになっています。
WordPress最適化済なので!
 
ですが、違う設定で対応したい方には初期設定で変更できるポイントが 2カ所用意していますので、解説しておきます。
 
 

 
初期値の 1行目。
デフォルトのフォルダを「”.”」と設定していますので、WordPressがインストールしてあるルートフォルダにこのプログラム本体を置いて使うことを想定しています。
PHPの設定方法が分かる方はパスを適当に変更して使ってください。
 
初期値の 2行目。
このプログラムファイル本体である「chmod_wp.php」はプログラムの一覧には表示されない仕様にしています。
もし、プログラムのファイル名を「chmod_wp.php」から変更して使う場合はここを見直してください。
 
 

「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」を使う上での注意事項

 
自己責任において使ってください
デバッグは行っていますが、不具合等により問題が発生したとしても当方は一切責任を負えませんので、自己責任において使用してください。
 
 
サーバによって使えないサーバもあります
このサイトのサーバであるロリポップサーバでは動作を確認しましたが、その他のサーバでも動作する保証はありません。
サーバによっては、FTPユーザと Apacheのユーザが違うなど PHPのプログラムからパーミッションの変更が行えない場合があります。その場合はあきらめるしかありません。(このサーバでは動きました、このサーバでは動きませんでした、の情報をいただけると嬉しいですっ!!)
 
ただ、その場合でもファイルのパーミッション一覧ツールとしては使えますので、FTPツールによるパーミッションの変更をしたのち、全てのファイルのパーミッションが正しく変更されているかの確認には利用できます。
 
 
PHP 5.3以上でしか動きません
プログラムに無名関数の処理を使っていますので、PHPのバージョン 5.3以上でないと動かないと思います。
環境がないために 5.2以下でどのようになるかは確認していませんが。
 
 
利用に際しては一度実験をしてください
実験セットファイル一式もおいておきますので、いきなり WordPressで動作確認をするのではなく、まず最初に実験セットで試してみることをおススメします。
 
 
設定変更が終わったらサーバから削除してください
chmod_wp.phpのプログラムは、パーミッションを変更するツールですので、使い終わったらサーバから削除しておきましょう。
そのままサーバに残しておいて、万一外部のユーザが勝手に使ってしまったは大変なことになってしまいますので。
 
 
万一の事態に備えてバックアップをしてください
プログラムを実行した際に、万一動かなくなる自体を想定し、バックアップを取っておくことをオススメします。
バックアップは BackWPupという便利なプラグインがあります。「BackWPupでWordPressのDBもファイルもバックアップ」に記事を書いていますので、参考にしてください。
 
 

「パーミッション一括変更ツール(WordPress最適化済)」開発の経緯

 
WordPressに限りませんが、Webサイトを運営するうえでファイルのパーミッションの設定はセキュリティを高める上で基本的なことでありながら重要な項目です。
 
FC2からWordPressに引越。インストールなど必要な全てを解説(セキュリティ対応のためのパーミッションの設定を再確認)」などセットアップやセキュリティの記事でもファイルのパーミッションの設定について言及しています。
 
 
ロリポップのサイト「http://lolipop.jp/security/#p-permission」にはロリポップサーバではどのようにパーミッションを設定するといいのかが書いてありますので、セキュリティ向上のためには正しくパーミッションを設定する必要があります。
ロリポップ以外のサーバではそれぞれのサーバの指定に合わせて設定すべきですが、ロリポップの設定は参考になるでしょう。
 
ちなみに、ロリポップが詳しく説明している理由は「ロリポップで非常に大きなハッキング騒動がありました。」の騒動があったことに要因があるのでしょう。
 
 
とはいえ、インストールした直後でも WordPressのファイルは 1200弱、フォルダは 130ほどあり、階層も深いものもあるなど、チェックするだけでも大変です。
 
運営をしているサイトが一つだけならば、一回限りの作業と腹をくくって力技でも問題ありませんが、業務などで定期的に WordPressサイトを構築している方なら何とかならないものか、と思ってもいて不思議ではありません。
 
SSHが使えるサーバならばコマンドで一括変更する方法もあるわけですが、ロリポップなどのレンタルサーバでは SSHが使えないものの方が多いため、FTPで一つずつ対応していく必要が出てきてしまうため、途中で面倒になって中途半端な設定のままにしている方も多いのではないでしょうか。
 
 
というわけで、自分自身で使いたくて、必要だったからこそ作ったアプリケーションです。
 
「必要だったから作ってみたシリーズ第4弾」です。
 
引き続き、必要なツールが出てきたら作っていきますのでよろしくお願いいたします。
「こんな感じのツールはないですか?」と要望があれば作るかもしれません。私自身が使いたいと思えば...
 
 

プログラムに関する解説

 
プログラムの中に出てくる、パーミッションを変更する chmod関数、10進数を 8進数に変換する octdec関数についての解説を「PHPパーミッション変更のchmod関数・モードを変数で指定する方法」で行っていますので、興味がある方はご覧ください。

 - PHP・Smarty・ECCUBE

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

ファイル変更だけ!ECCUBEの本番から開発環境をコピーする手順を解説

ECCUBEを本番から開発環境をコピーする際の手順を解説。PGMメンテに必要な開発環境を構築する手順を解説。ECCUBEの仕組みは簡単なので作業は5分ほど。

ECCUBEの新規追加ページがInternal Server Error・Not Foundに

ECCUBEで新規追加したページがInternal Server Errorに!原因はファイルのパーミッションの場合が多くその対処方法とプログラムの修正ポイントを解説。Not Foundも解説。

ECCUBE2.13.3で商品規格の在庫数が無制限から変更できないバグがある

2.13.3固有のバグである商品規格の在庫数の入力エリアがアクティブにならない不具合を解消する解説です。product_class.tplの2行を修正するだけの簡単対応です。

ECCUBEの管理画面のSSL設定をインストール後に変更する方法

ECCUBEをインストールした後から管理画面のSSL設定を変更する方法を解説します。config.phpファイルのHTTPS_URLとADMIN_FORCE_SSLの値を変更すればOK。

PHPで特定の日間の日付を for、strtotimeで表示する

ある特定の間の日付の情報を for文、strtotimeを使って作成し、その解説をしています。

JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()
JSON形式の値を配列形式に変換・PHPでは json_decode()、json_encode()

JSONとは「JavaScript Object Notation」の略でテキストベースのデータフォーマット。JSONの値をPHPで配列に変換するWebツールの紹介とその処理「json_encode()」「json_decode()」関数の解説。

指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い
指定した数で文字列を丸める関数substr、mb_substr、mb_strimwidthの違い

文字列を指定された数で抜き出すPHPの関数、substr、mb_substr、mb_strimwidthについての解説。似た関数だが引数の指定方法が違ったり、文字数がバイト数か文字数かも違ったり、注意が必要だ。

ECCUBEの問い合わせフォームに任意の値を引数として渡す方法

ECCUBEのお問い合わせフォームに値を固有の情報を送りそれに基づいて処理をする方法を解説。ボタンの設置、受け取り側のテンプレート、プログラムのサンプルソースを提供。

ECCUBEを開発環境から本番ドメインに変更でエラーが・パス変更について

レンタルサーバでサーバ会社から割り当てられたURLで開発し、本番公開時にドメインを当てたらエラーが!そんな場合の対処方法の解説。対処方法は簡単ですが管理画面からは対応不可。

Smartyの修飾子regex_replaceで正規表現の後方参照・PHPではpreg_replace

ECCUBEで使われているSmartyで文字列を正規表現で置換し後方参照で値を利用する装飾子regex_replaceの解説です。細かな条件がありますので注意が必要です。