エス技研

WordPress、CakePHP、PHP、baserCMSなどの Web系システムを中心に情報を提供します!


MySQL、CakePHP 2.3で「tinyint(1)」の Boolean型の動作を再確認

      2018/03/21

MySQL、CakePHPで「tinyint(1)」のフィールドは Boolean型として認識

 

MySQLでの「tinyint(1)」のフィールドは Boolean型と認識するが...

 
MySQLの「tinyint(1)」の悲劇 Boolean型になるとは...
この記事に「結論が間違っています」コメントをいただきました。
 
そのために検証を行った結果、「tinyint(1)」のフィールドが「Boolean型」として処理されるのは MySQLの機能ではなく、CakePHPの機能によって起こっていることを確認しました。
 
※厳密な表現では、MySQLでは「tinyint(1)」で設定されたフィールドは Boolean型として処理する仕様となっているため、その定義に従って、CakePHPでは「0」「1」しか持てないように処理している、ということになるでしょう。
 
 MySQLの定義については以下参照
 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/numeric-type-overview.html
 
 
また、コメントでご指摘をいただいた通り、「tinyint(1)」を設定していても MySQLのテーブル上は -128~127まで保存されることを確認しました。
 
そして、「0」の場合は「False」、「0」以外の場合は「True」として扱うものと定義してあるようです。
 
 

Cakephpでの「tinyint(1)」のフィールドの扱い方

 
しかし、それを CakePHPで処理をするとちょっと違う結果になることを改めて確認しました。
 
 
具体的には、下記の様にテーブルを作成し、このテーブルをもとに CakePHPの bakeコマンドにて、Model、Controller、Viewを作成し、データの登録、一覧表示を行ってみました。
——————————————–

——————————————–
 
この状態でデータを登録すると、当たり前ですがデータは問題なく「-128」~「127」まで問題なく登録できました。
 
その次に、phpMyAdminなどで、test1の項目を「tinyint(1)」に変えてみたところ、大きな変化が現れました。
 
まず、一覧画面。
 
変更前
20140114_wp_1
 
変更後
20140114_wp_2
 
それまで -128、127などが編集されていた項目が「1」になり、0が編集されていた項目は nullに変わってしまいました。
 
また、入力画面では、通常のテキスト入力項目だったものが、チェックボックスの項目に変わってしまうという自動処理が行われていました。
 
変更前
20140114_wp_3
 
変更後
20140114_wp_4
 
 


 

Cakephpで入力形式を変えてみた場合

 
これをもとのテキスト形式の入力に戻す場合は、「/app/View/Testints/add.ctp」の 6行目に下記の様に「, array ( ‘type’ => ‘text’ )」を追加することでテキスト形式の入力に戻すことは可能です。
 
———————–

———————–
 
ですが、テキスト形式で入力できるようにしたとして 0以外の数値が入力されてもデータベースには 1として保存されますので、実質 Boolean型としてしか使えませんので注意が必要です。
 
これが、前回の記事「MySQLの「tinyint(1)」の悲劇 Boolean型になるとは...」で陥っていたトラブルの原因でした。
 
そして、これは MySQLの Boolean型としての定義を、CakePHPの機能によって Boolean型としての処理として実装しているということが今回の実験で判明しました。
 
 

「tinyint(1)」以外の項目をチェック

 
さらに実験をしてみたところ、「tinyint(1)」以外の「「tinyint(2)」「tinyint(3)」では「tinyint(1)」のような変化はなく、「smallint(1)」「int(1)」も「tinyint(1)」のような変化はありませんでした。
 
ただ、「bigint」はさらなる衝撃な動作をしました。
なんと、「bigint(1)」のように設定すると、設定した数値の桁数分だけしか入力できなくなるのです。
 
例えば、
「bigint(1)」ならば、1桁しか入力できませんので「0~9」まで。
「bigint(2)」ならば、2桁しか入力できませんので「-9~99」まで。
といった感じ。
 
つまり、設定した数値の値に従って、入力エリアに自動的に「maxlength」が設定されるようです。(HTMLのソース上に maxlengthが設定してあるのを確認しました。)
 
ですが、これはあくまでも入力画面における処理であり、「tinyint(1)」の処理とは違うようで、下記の様に入力タイプを「text」と明示して設定すると、「maxlength」の制限はなくなり、通常通り「bigint(20)」と変わらない動きになりました。
また、入力画面上のみの処理のため、あらかじめ入力されていたデータは「tinyint(1)」の様に加工されることなくそのまま表示されていました。(入力画面でも入力されている値がそのまま表示されていました。)
———————–

———————–
 
 

「tinyint(1)」の MySQL、CakePHPでの動作のまとめ

 
今回は、tinyint、smallint、int、bigintの 4つの型での検証ですが、その他の項目でも同じような動きをする項目があるかもしれません。
もし、そんなことをご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供をしていただけますと幸いです。
 
 
ちなみに、当然ですが「tinyint(0)」は設定することができません。
 
 
tinyint()を始め、MySQLの数値型についての詳細は、下記に解説記事を書いていますので、あわせて参照してください。
MySQLの数値型(int、tinyint、bigint、decimal、number、float)の解説

 - CakePHP 2.x 3.x, MySQL

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も
CakePHP3のInsert On Duplicate Key Update(upsert)構文を解説・バルク処理も

CakePHP3で Insert … On Duplicate Key Update構文(upsert)を実行する方法を解説。バルク処理の方法も用意されているため大量処理の場合も対応可能。

CakePHP 2.3 Search Pluginで検索処理 その2表示件数を動的に変える方法

CakePHPの検索プラグイン Search Pluginの検索処理の中で動的に表示件数を変える方法です。

CakePHP3のアソシエーション機能を使い関連レコードをまとめて削除

CakePHP3でレコードを削除する際に関連するレコードをまとめて削除する機能の解説。フレームワークのメリットを存分に発揮し、コマンドを1行追加するだけで実装可能。

CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。
CakePHP3で Ajaxを使う方法の解説。3.6以降対応。Successとthenの両方を解説。

CakePHP3でajaxを利用する処理の実装方法を解説。プルダウンを変更するとデータベースの値を取得し検索結果の内容を変更するというような処理を想定。CakePHP3.6以降の CSRF対策対応済。

CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う
CakePHP3のキャッシュをクリアする方法「bin/cake cache clear_all」を使う

CakePHP3では処理を高速化する手法の一つとしてキャッシュを利用している。しかし、その情報は元の情報を更新しても反映されない場合がある。そんなときはキャッシュを削除する必要がある。

CakePHP 2.3 コマンドラインからPHPのシェル実行の方法解説

CakePHP 2.3でコマンドラインから CakePHPで記述した処理を実行する方法を解説します。

CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説
CakePHP3でデータを保存する save()で発生するエラーを確認する方法を解説

CakePHP3でデータ保存処理のログを取得する方法。save()では true、falseの戻り値しか取得できないが、saveOrFail()と try…catch文を使いエラーログ、エンティティを取得し、不具合の解析を行う。

MySQLの設定ファイル my.cnfがある場所と読み込み順序

MySQLの設定はmy.cnfファイルに記述されています。my.cnfを設置する場所は複数あり予め決められた順番で読み込み、その順番通りに設定内容が反映されます。

CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説
CakePHP3で値を入力直後にバリデーションする方法解説

CakePHP3でバリデーションの実行を保存する時から入力情報を受け取るときに変更する処理の解説。CakePHP3ではnewEntity()の処理でバリデートするため1行追加で対応可能。

CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい
CakePHP3でアソシエーション先のカラムでデータをソートして取得したい

アソシエーション先のテーブルのカラムをキーにソートをしたデータを取得したい!ときの記述方法を解説。「orderAsc()」ではなく「contain()」の中にSort条件を記述する。